Logic Pro X: サイクル範囲を使う

サイクル範囲を使う

サイクル範囲を使用すると、プロジェクトの特定部分を繰り返し再生できます。サイクル範囲は、作曲、録音前のパート練習、複数テイクの録音などの目的のために使用できます。

図。バールーラ。左右のロケータの間にサイクル範囲があります。

サイクルモードがオンの場合、サイクル範囲はルーラの上段に黄色の細長い領域として表示されます(セカンダリルーラが表示されている場合は中央に表示されます)。

左右のロケータは、サイクルの範囲の開始位置と終了位置です。サイクルモードをオフにすると、サイクルの範囲(およびロケータ)は表示されなくなります。

また、スキップサイクルを作成して、再生中に一部をスキップすることもできます。たとえば、リージョンを移動することなく、プロジェクトセクション間のさまざまなトランジションを試すことができます。スキップサイクルは編集時にも便利で、編集の影響を与えたくないプロジェクト部分を編集から除外することができます。

コントロールバーには、設定、移動、左右のロケータ位置からの再生開始のボタンや、ロケータの入れ替えボタン(スキップサイクルの場合)を追加することができます。詳しくは、コントロールバーをカスタマイズするを参照してください。

サイクルモードのオン/オフを切り替える

以下のいずれかの操作を行います:

  • コントロールバーで「サイクル」ボタンをクリックします(または C キーを押します)。

    図。「サイクル」ボタンをクリックしています。
  • ルーラの上部をクリックします。

ルーラでサイクル範囲を設定する

  • ルーラの上部で左右にドラッグします。

サイクル範囲はルーラに黄色の細長い領域として表示され、サイクルモードは自動的にオンになります。

LCD でロケータ位置を設定する

  1. LCD の右端にある三角形をクリックし、ポップアップメニューから「カスタム」を選択します。

    LCD では、左右のロケータ位置はビートとタイムの両方の形式で表示されます。

    図。LCD の左右のロケータ位置。
  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 左または右ロケータ位置の個々の単位をクリックしたまま、上下にドラッグします。

    • 左または右ロケータ位置をダブルクリックし、新しい位置を入力します。

ロケータ位置を自動的に設定する

ロケータ位置(およびサイクル範囲)を、マーキー選択、現在選択されているリージョン、または MIDI リージョン内の選択したノートに自動的に「従う」ように設定できます。

  • Control キーを押したままコントロールバーの「サイクル」ボタン をクリックしてから、「ロケータを自動設定」をクリックします。

  • ショートカットメニューから、以下のいずれかを選択します:

    • マーキーの選択範囲で:ロケータ(およびサイクル範囲)は、マーキーストライプ内のマーキー選択の境界に設定されます。

    • 選択したリージョンで:ロケータ(およびサイクル範囲)は、現在選択されているリージョンの境界に設定されます。

    • 選択したノートで:ロケータ(およびサイクル範囲)は、選択した MIDI ノートがある小節に設定されます。ノートが複数の小節にわたる場合、ロケータはノートのあるすべての小節を囲みます。

「ロケータを自動設定」を選択すると、「サイクル」ボタンは、サイクル範囲が自動的に設定されることを示すように変わります。

キーコマンドを使ってロケータ位置を設定する

  • 以下のいずれかのキーコマンドを使います:

    • ロケータをリージョン/イベント/マーキーで設定:選択したリージョンまたはイベントの開始位置および終了位置にロケータを設定します。

    • ロケータを設定して再生:選択したリージョンまたはイベントの開始位置および終了位置にロケータを設定し、再生を開始します。

    • リージョン/イベントによりおおよそのロケータを設定:選択したリージョンまたはイベントの開始位置および終了位置に最も近い小節線にロケータ位置を設定します。

    • おおよその位置にロケータを設定して再生/おおよその位置にロケータを設定して録音:選択したリージョンまたはイベントの開始位置および終了位置に最も近い小節線にロケータ位置を設定し、再生または録音を開始します。

    • おおよその位置にロケータを設定してサイクル再生/おおよその位置にロケータを設定してサイクル録音:選択したリージョンまたはイベントの開始位置および終了位置に最も近い小節線にロケータの位置を設定し、サイクル再生またはサイクル録音モードに切り替えます。

サイクル範囲を移動する

  • 黄色のサイクル範囲を中ほどでつかんで(ポインタが手に変わります)、左右にドラッグします。

サイクル範囲のサイズを変更する

以下のいずれかの操作を行います:

  • サイクル範囲の左端または右端をつかんで、開始位置または終了位置を移動します。

  • ルーラで Shift キーを押したまま位置をクリックします。

    この操作は、領域が表示範囲外にある場合や、サイクルモードがオフの場合でも実行できます。

スキップサイクルを作成する

以下のいずれかの操作を行います:

  • Option キーを押したままルーラでサイクル範囲を選択します。

  • サイクル範囲をプロジェクトのスキップしたい部分に設定してから、コントロールバーの「左ロケータと右ロケータを入れ替える」ボタンをクリックします(または、「左ロケータと右ロケータを入れ替える」キーコマンドを使います)。

    サイクル範囲の色が、スキップサイクルになったことを示す色に変わります。

    図。ルーラのスキップサイクル。

「左ロケータと右ロケータを入れ替える」ボタンは、コントロールバーをカスタマイズすることで追加できます。詳しくは、コントロールバーをカスタマイズするを参照してください。

公開日: 2017/08/18
役に立ちましたか?