Logic Pro X: トランスポートキーコマンドを使う

トランスポートキーコマンドを使う

一部のトランスポート機能はキーコマンドとして使用できます。これらのトランスポートキーコマンドのほとんどにはデフォルト割り当てがないため、手動で割り当てる必要があります。キーボードショートカットを割り当てるを参照してください。

サポートされるUSB MIDIコントローラでは、デバイスのボタンコントロールがトランスポートのキーコマンドに自動的にアサインされることがあります。詳しくは、USB MIDIコントローラの自動割り当てを参照してください。

  • 再生または停止: 再生を開始または停止します。スペースバーを押します。

    ヒント:オーディオ・ファイル・エディタ、プロジェクト・オーディオ・ブラウザ、またはループブラウザにキーフォーカスがある場合は、これらのウインドウでスペースバーを使ってオーディオファイルやリージョンの再生を開始または停止できます。

  • 前の小節から再生: 前の小節の開始位置から再生を開始します。

  • 停止または最後の位置から再生: コマンド使用時の再生または停止状況に応じて、現在の再生ヘッド位置で再生を停止するか、最後の再生ヘッド位置から再生を開始します。

  • 停止して左ロケータに移動: 再生を停止して、再生ヘッドを左ロケータ位置に移動します。

    注記:このコマンドは、Controlキーを押しながら「停止」ボタンをクリックしてショートカットメニューから設定を選択することで、「停止」ボタンに直接割り当てることができます。

  • 最後に指定した位置に移動: 再生ヘッドを、位置設定コマンドで最後に到達した位置、またはマウスやルーラを使って直接設定した再生ヘッド位置に移動します。

  • 停止して最後に指定した位置に移動: 上のコマンドと同じですが、再生を停止します。

    注記:このコマンドは、Controlキーを押しながら「停止」ボタンをクリックしてショートカットメニューから設定を選択することで、「停止」ボタンに直接割り当てることができます。

  • 再生または停止して最後に指定した位置に移動: コマンド使用時の再生または停止状況に応じて、現在の再生ヘッド位置で再生を開始するか、再生を停止して再生ヘッドを最後に指定した位置に移動します。

  • 停止して先頭に移動: 再生を停止して、再生ヘッドをプロジェクト開始位置に移動します。

  • シャトル早戻し/シャトル早送り: キーを押すたびに、早戻し/早送り速度が加速します。反対側のシャトルキーを繰り返し押すと、シャトル速度が遅くなり、最後は早戻し/早送り方向が逆転します。シャトルにすると、サイクルモードが無効になります。シャトルは停止コマンドで停止します。

  • 選択部分の末尾に移動: アクティブウインドウで選択した最初のリージョンまたはイベントの末尾に再生ヘッドを移動します。

注記:マーカーで移動するための「移動」キーコマンドもあります。詳しくは、マーカーを使って移動するを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?