Logic Pro X: プロジェクトを保存する

プロジェクトを保存する

「Logic Pro」でプロジェクトを保存すると、録音データとすべての変更内容がプロジェクトと一緒に保存されます。

「Logic Pro」では作業が自動保存されるので、Appが突然終了した場合でも大切な変更内容が失われることはありません。そのとき開いていたプロジェクトを再度開くと、自動保存されたバージョンを使用するかどうかを尋ねるダイアログが表示されます。使用しないことを選択すると、最後に手動で保存したプロジェクトが開きます。

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、プロジェクトをパッケージとして保存するか、プロジェクトファイルとプロジェクトで使用される素材(オーディオファイル、インパルスレスポンス、サンプルの音源、Ultrabeatサンプルなど)用のサブフォルダを含むプロジェクトフォルダとして保存するかを選択できます。

  • プロジェクトパッケージ: プロジェクト素材は、「保存」ダイアログで選択した素材タイプに応じて、プロジェクトパッケージにコピーされるか別の場所から参照されます。デフォルトでは、変換されたプロジェクトは既存のプロジェクトフォルダ(存在する場合)に保存されます。

  • プロジェクトフォルダ: プロジェクト素材は、「保存」ダイアログで選択した素材タイプに応じて、プロジェクトパッケージの適切なサブフォルダにコピーされるか別の場所から参照されます。デフォルトでは、既存のプロジェクトフォルダとサブフォルダ(存在する場合)が使用され、プロジェクト素材用に追加サブフォルダが必要な場合は作成されます。

プロジェクトパッケージとプロジェクトフォルダのどちらの場合でも、オーディオファイルやその他の素材をプロジェクトにコピーするか、別の場所から参照するかを選択できます。プロジェクトに素材を保存しておくと、別の場所にプロジェクトを移動またはコピーしても素材を使用できます。後で素材の保存方法を変更するときは、「ファイル」>「プロジェクト設定」>「素材」と選択します。詳しくは、プロジェクトの素材を管理するを参照してください。

プロジェクトをテンプレートとして保存して、プロジェクトの新規作成時にそのテンプレートを使用することもできます。テンプレートを使用すると、よく使う音源とミキサー構成をセットアップしたプロジェクトや、ビデオプロジェクト、サラウンドプロジェクトなどをすばやく作成できます。スクリーンセットをテンプレートごとにカスタマイズしたり、各種の「設定を読み込む」コマンドを使ってテンプレート間でコピーしたりすることもできます。詳しくは、ほかのプロジェクトのデータと設定を読み込むを参照してください。

現在のプロジェクトを保存する

  • 「ファイル」>「保存」と選択します。

新規プロジェクトをはじめて保存するときには、「保存」ダイアログが表示されます。「保存」ダイアログで、名前を入力したり、プロジェクトの保存先を選択したりできます。

プロジェクトを別名または別の場所に保存する

  1. 「ファイル」>「別名で保存」と選択します。

  2. 「別名で保存」ダイアログで、新しいプロジェクト名を入力します。

  3. 以下のいずれかの操作を行います:

    • プロジェクト素材を含むファイル(パッケージ)としてプロジェクトを保存するには: 「プロジェクトの保存形式」で「パッケージ」ボタンを選択します。

    • プロジェクト素材用のサブフォルダを含むフォルダとしてプロジェクトを保存するには: 「プロジェクトの保存形式」で「フォルダ」ボタンを選択します。

  4. プロジェクトにコピーする素材タイプを選択して、「保存」をクリックします。

    図。「別名で保存」ダイアログの下部のチェックボックス、プロジェクトに保存する素材を選択。

プロジェクトの素材の管理について詳しくは、プロジェクトの素材を管理するを参照してください。

プロジェクト素材を含む、プロジェクトのコピーを保存する

  1. 「ファイル」>「コピーを別名で保存」と選択します。

  2. 「別名で保存」ダイアログで、新しいプロジェクト名を入力します。

  3. プロジェクトにコピーする素材タイプを選択して、「保存」をクリックします。

プロジェクトの素材の管理について詳しくは、プロジェクトの素材を管理するを参照してください。

「コピーを別名で保存」を選択すると、すべての録音のコピーがプロジェクトコピーに保存されます。データをアーカイブしたり移動したりする場合は、「コピーを別名で保存」オプションを選択できます。

プロジェクトをテンプレートとして保存する

  • 「ファイル」>「テンプレートとして保存」と選択し(または、対応するキーコマンドを使い)、名称を入力します。

自分が作成したテンプレートを表示および使用するときは、プロジェクト選択ウインドウで「マイテンプレート」をクリックします。

「テンプレートとして保存」ダイアログの「新規フォルダ」ボタンを使って、テンプレートをフォルダに整理できます。すべてのユーザテンプレートをサブフォルダに置くと、サブフォルダ名がデフォルトのコレクションの下に表示されます。

ヒント:説明テキストをテンプレートに追加するには、Finderでプロジェクトにコメントを追加します。テンプレートダイアログボックスには、テンプレートファイルに割り当てたアイコンが表示されます。このアイコンは必要に応じて簡単に変更できます。ファイルへのコメントの追加方法やファイルのアイコンの変更方法については、「Macヘルプ」を参照してください。

プロジェクトを最後に保存したバージョンに戻す

プロジェクトの保存以降に行った編集内容を取り消したい場合は、最後に保存したバージョンに戻すことができます。

  • 「ファイル」>「戻す」と選択し(または対応するキーコマンドを使い)、最後に保存したバージョン(リストの一番上にあります)を選択します。

重要:Logic Pro Xプロジェクトとして保存されたプロジェクトは、旧バージョンの「Logic Pro」では開けません。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?