Logic Pro X: オーディオ・トラック・エディタを使ってみる

オーディオ・トラック・エディタを使ってみる

オーディオ・トラック・エディタにはトラック領域のオーディオトラックの一部分がクローズアップ表示され、トラックのリージョンのオーディオ波形が表示されます。

オーディオ・トラック・エディタでは、オーディオリージョンを移動、トリム、分割、結合したり、個別に再生したり、その他の方法で編集したりできます。オーディオ・トラック・エディタでの編集は非破壊的に行われます。このため、常に元の録音内容に戻ることができます。

オーディオ・トラック・エディタでFlex Pitchを使用して、オーディオ素材のピッチをクオンタイズしたり編集したりすることもできます。Flex Pitchアルゴリズムを選択すると、オーディオトラックの中身のピッチが分析され、結果がオーディオ波形の上にピッチカーブとして表示されます。

図。オーディオ・トラック・エディタでオーディオリージョンを編集する。

オーディオ・トラック・エディタを開く

以下のいずれかの操作を行います:

  • オーディオトラックを選択し、「エディタ」ボタン をクリックします。

  • オーディオリージョンをダブルクリックしてオーディオ・トラック・エディタで開きます。

    図。オーディオリージョンが表示されたオーディオ・トラック・エディタ。

オーディオ・トラック・エディタはトラック領域の下に開きます。オーディオ・トラック・エディタの上部には、LCDで選択した時間形式に基づくディビジョンが表示されたルーラと、ローカルメニューを選択できるメニューバーがあります。オーディオ・トラック・エディタのメイン領域には、選択したオーディオトラックのリージョンのオーディオ波形が表示されます。

オーディオリージョンをトリムする

  1. リージョンの左下隅または右下隅にポインタを置きます。

    ポインタがトリムポインタに変わります。

    図。オーディオ・トラック・エディタでオーディオリージョンの右下隅に表示されたトリムポインタ。
  2. ポインタをドラッグして、リージョンの開始位置または終了位置をトリムします。

    図。オーディオ・トラック・エディタでオーディオリージョンをトリムする。ヘルプタグにリージョンの長さが表示されます。

オーディオリージョンを分割する

以下のいずれかの操作を行います:

  • ハサミツールを選択し、リージョンを分割する位置をクリックします。

    図。オーディオ・トラック・エディタでハサミツールを使ってオーディオリージョンを分割する。

    リージョンをスクラブして、カットする位置を探し出すことができます。これには、ハサミツールでリージョンの上をドラッグします。

  • リージョンを選択し、リージョンを分割する時間位置に再生ヘッドを移動して、「編集」>「分割」と選択します。

分割したオーディオリージョンのセグメントを移動または削除するには、まずセグメントをクリックして選択してください。

リージョンを結合する

  1. 分割されたリージョンを選択します。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 「編集」>「結合」>「リージョン」と選択します。

    • 接着ツールを選択し、選択したリージョンをクリックします。

オーディオ・トラック・エディタでFlexをオンにする

  1. 以下のいずれかの操作を行って、オーディオ・トラック・エディタを開きます:

    • トラック領域でオーディオトラックを選択してから、「表示」>「エディタを表示」と選択します。

    • トラック領域でオーディオトラックを選択し、コントロールバーの「エディタ」ボタン をクリックします。

    • オーディオリージョンをダブルクリックします。

  2. オーディオ・トラック・エディタのメニューバーで「Flex」ボタン をクリックします。

    注記:キーコマンドを使う前にオーディオ・トラック・エディタのワークスペースをクリックし、オーディオ・トラック・エディタにキーフォーカスを与えてください。

    オーディオ・トラック・エディタのメニューバーにある「Flex」ボタンの右側に「Flex」ポップアップメニューが表示されます。

  3. 「Flex」ポップアップメニューから「Flex Pitch」、またはFlex Timeアルゴリズムのいずれかを選択します。

    図。「Flex Pitch」モードが選択されたFlexポップアップメニュー。

ノートのピッチを変更する

  1. オーディオ・トラック・エディタで「Flex」をオンにして、Flexポップアップメニューから「Flex Pitch」を選択します。

  2. 目的のピッチの位置まで上下にノートをドラッグします。

オーディオ・トラック・エディタでの作業の詳細については、オーディオ・トラック・エディタの概要を参照してください。

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」を選択した場合は、オーディオ・トラック・エディタでFlex Time機能を使って個々のノートのタイミング、コード、サウンドを編集することもできます。Flex TimeおよびFlex Pitchについて詳しくは、Flex TimeとFlex Pitchの概要を参照してください。また、オーディオ・ファイル・エディタを開き、リージョンのソースのオーディオファイルに永続的(破壊的)な編集を加えることもできます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?