Logic Pro X: ムービーのオーディオトラックを使用する

ムービーのオーディオトラックを使用する

プロジェクトでムービーを開くと、「ファイル」メニューで「ムービーからオーディオを読み込む」と「オーディオをムービーに書き出す」を使用できるようになります。オーディオを読み込んだ後、「Logic Pro X」のオーディオ処理および編集機能を使ってビデオの台詞、効果音、音楽を変更できます。

プロジェクト内でムービーの範囲のオーディオをそのムービーファイルに書き出せば、元のムービーのサウンドトラックを上書きできます。これは、たとえば制作チーム内でサウンドトラックの予備的なミックスをほかのメンバーに送りたいような場合に便利な機能です。

オーディオレベルと出力デバイスは「ビデオ」プロジェクト設定で調整できます。ムービー設定を参照してください。

QuickTimeムービーのオーディオをプロジェクトに読み込む

  1. 使用するオーディオトラックを選択します。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 「ファイル」>「ムービー」>「ムービーからオーディオを読み込む」と選択します(または、対応するキーコマンドを使います)。

    • ムービートラックの任意の場所をControlキーを押しながらクリックしてから、ショートカットメニューから「ムービーからオーディオを読み込む」を選択します。

  3. ダイアログで必要なチェックボックスをクリックし、「OK」をクリックします。

    選択したオーディオトラックが1つまたは複数のオーディオファイルにバウンスされ、プロジェクト・オーディオ・ブラウザに置かれます。新規オーディオトラックがムービー・オーディオ・トラックごとに作成され(ダイアログで「別々のトラックに」を選択した場合)、ムービーから読み込んだオーディオがトラックに追加されます。埋め込まれたオーディオは自動的にミュートされ、トラック領域からオーディオが再生されます。ムービーの名前がそのままオーディオファイルのファイル名に使用されます。

プロジェクトのオーディオをQuickTimeムービーに書き出す

  1. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 「ファイル」>「ムービー」>「オーディオをムービーに書き出す」と選択します(または、対応するキーコマンドを使います)。

    • ムービートラックの任意の場所をControlキーを押しながらクリックしてから、ショートカットメニューから「オーディオをムービーに書き出す」を選択します。

      図。「サウンド設定」ダイアログ。
  2. オーディオ形式、サンプルレート、およびビット数をそれぞれのポップアップメニューから指定します。

  3. ムービーの名前と保存先フォルダを入力し、「保存」をクリックします。

    バウンスまたは書き込みダイアログが表示されます。プロジェクト内のムービーの開始位置から終了位置までの範囲、および選択したすべてのオーディオトラックが、選択したフォルダにムービーとして書き出されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?