Logic Pro X: テンポをオーディオリージョンに合わせる

テンポをオーディオリージョンに合わせる

プロジェクトのテンポをオーディオリージョンのテンポに合わせることができます。リージョンの長さは変わらず、プロジェクトのテンポがリージョンに合わせて変更されます。

たとえば、プロジェクトのテンポと一致していない1小節のドラムループを読み込んだとします。プロジェクトのテンポに合わせると、1小節に足りないか、または1小節を超えてしまいます。「リージョンの長さとロケータを使ってテンポを調整」コマンドを使えば、プロジェクトのテンポをドラムループのオリジナルのテンポに合わせることができます。

「リージョンの長さとロケータを使ってテンポを調整」コマンドを実行すると、選択したオーディオリージョンの開始ポイントにテンポ・チェンジ・イベントが作成され、プロジェクトのテンポが調整されます。これで、選択したオーディオリージョンの長さが、2つのロケータの間隔と正確に一致します。

プロジェクトのテンポをオーディオリージョンに合わせる

  1. トラック領域で、プロジェクトのテンポを合わせたいオーディオリージョンを選択します。

  2. コントロールバーの「サイクル」ボタンをControlキーを押しながらクリックし、「ロケータを自動設定」の「選択したリージョンで」オプションが選択されていないことを確認します。

  3. ルーラで、左右のロケータ位置を設定します。

    ロケータの範囲は、通常は最も近くの小節に合わせて、リージョンの長さとできるだけ一致させます。

    図。オーディオリージョンよりわずかに短いロケータの範囲が表示されたトラック領域。
  4. 「編集」>「テンポ」>「リージョンの長さとロケータを使ってテンポを調整」と選択します。

    プロジェクト全体のテンポを変更するか、プロジェクトの一部(選択したリージョンの長さ分)のテンポを変更するかを確認するダイアログボックスが表示されます。

  5. 以下のいずれかの操作を行います:

    • プロジェクト全体のテンポをオーディオリージョンに合わせるには: 「グローバルに」をクリックします。

    • オーディオリージョンの長さ分のテンポチェンジを設定するには: 「作成」をクリックします。

選択したオーディオ(および左右のロケータ)に合わせてプロジェクトのテンポが再計算されます。

Published Date: 2019/09/13
Helpful?