Logic Pro X: マーカーを追加する

マーカーを追加する

マーカーは、プロジェクトの任意の位置に追加できます。作成したマーカーは、最も近い4分音符にスナップするか、最も近い小節にスナップするか、そのままの位置にすることができます。

「マーカーを作成」キーコマンドを使うと、再生中にマーカーを追加することができます。

一番近い4分音符にスナップされるマーカーを追加する

「マーカー」トラックで、以下のいずれかの操作を行います:

  • マーカーを作成したい位置に再生ヘッドを置いてから、「マーカーを追加」ボタン をクリックします。

  • 鉛筆ツールを選択し、マーカーを追加したい場所でクリックします。

    図。「マーカー」トラックでマーカーを作成する。

一番近い小節にスナップされるマーカーを追加する

以下のいずれかの操作を行います:

  • マーカーリストで: 「オプション」>「作成」と選択します。

  • いずれかのワークスペースで: 「マーカーを作成」キーコマンドを使います。

再生ヘッドの位置(再生ヘッドが小節線の上にある場合)または次の小節線の位置(再生ヘッドが2つの小節線の間にある場合)にマーカーが追加されます。小節の位置に(または、その前後の4分音符の範囲内に)マーカーがすでに存在する場合、新しいマーカーは作成されません。

その後のマーカーが存在しない場合、マーカーの長さは、次のマーカーの開始位置まで、またはプロジェクトまたはフォルダの最後まで自動的に延長されます。

スナップされないマーカーを追加する

以下のいずれかの操作を行います:

  • マーカーリストで: 「オプション」>「正確に作成」と選択します。

  • いずれかのワークスペースで: 「マーカーを正確に作成」キーコマンドを使います。

再生ヘッドの位置にマーカーを追加する

  • マーカーリストで「マーカーを追加」ボタン をクリックします。

マーカーを追加してから位置を設定する

  • 鉛筆ツールでマーカーリスト領域をクリックし、「位置」フィールドに位置を入力します。

選択しているすべてのリージョンの位置にマーカーを追加する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「マーカー」トラックで: 「マーカー」という文字をクリックしたまま、ショートカットメニューから「リージョンからマーカーを作成」を選択します。

    図。「リージョンからマーカーを作成」メニューコマンドが表示された「マーカー」トラック。
  • いずれかの作業領域で: 「リージョン別にマーカーを作成」キーコマンドを使います。

    これらの方法で作成されたマーカーには自動的に、そのマーカーが属するリージョンの名前、バーの位置、長さ、および色が自動的に割り当てられます。

    図。リージョン別にマーカーを作成。

サイクル範囲に対応するマーカーを追加する

  • サイクル範囲を「マーカー」トラックまでドラッグします。

    図。サイクル範囲を「マーカー」トラックまでドラッグする。
公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?