Logic Pro X: ルーラの表示を変更する

ルーラの表示を変更する

オーディオ・ファイル・エディタのルーラには2つの表示モードがあります。

  • 絶対モード: プロジェクトの時間軸を参照します。

  • 相対モード: オーディオファイルの先頭を参照します。

ルーラの表示スケールをカスタマイズすることもできます。「サンプル」、「分: 秒: ミリ秒」、「SMPTEタイム」、または「小節/ビート」から選択できます。

時間スケールを絶対位置で表示しているときは、ルーラのスケール単位が白い実線で表示されます。相対位置で表示しているときは、点線で表示されます(時間的な関連がないことを示します)。

相対表示モードを使う

以下のいずれかの操作を行います:

  • プロジェクト・オーディオ・ブラウザからオーディオ・ファイル・エディタを開きます(プロジェクト・オーディオ・ブラウザでリージョンをダブルクリックします)。

  • オーディオ・ファイル・エディタの「表示」>「リンク」サブメニューで「コンテンツ」を選択して、プロジェクト・オーディオ・ブラウザでリージョンを選択します。

    図。相対表示モードになっているサンプルエディタの波形ディスプレイ。

選択範囲の開始位置が自動的に値0(「小節/ビート」表示の場合は1 1 1 1)に割り当てられます。スケール単位の線が点線になります。

絶対表示モードを使う

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「Logic Pro」のメインウインドウでオーディオ・ファイル・ブラウザを開きます。

  • オーディオ・ファイル・エディタの「表示」>「リンク」サブメニューで「コンテンツ」を選択して、メインウインドウでリージョンを選択します。

    図。絶対表示モードになっているサンプルエディタの波形ディスプレイ。

値0(「小節/ビート」表示の場合は1 1 1 1)に割り当てられているプロジェクト開始位置から時間が計測されます。このモードでは、絶対(プロジェクト)時間がルーラに表示されます。

オーディオ・ファイル・エディタのルーラの時間スケールを変更する

  • オーディオ・ファイル・エディタの「表示」メニューから、次のスケール単位のいずれかを選択します:

    • サンプル: サンプルワード数を表示します。

    • 分: 秒: ミリ秒: 絶対スケールを時、分、秒、ミリ秒の形式で表示します。

    • SMPTEタイム: SMPTEスケールを時、分、秒、フレームの形式で表示します。

    • 小節/ビート: スケールを小節、拍、ディビジョン、ティック単位で表示します。

    ヒント:これらのオプションは、Controlキーを押しながらルーラをクリックして表示されるショートカットメニューでも設定できます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?