Logic Pro X: Varispeedを使ってオーディオの速度とピッチを変更する

Varispeedを使ってオーディオの速度とピッチを変更する

Varispeedは、テープマシンでの従来のVarispeed機能と同じ方法でプロジェクト全体の速度を調整する機能です。このオプションは、テンポを上下した場合のプロジェクトのサウンドを確認したり、速度を落として演奏を練習または録音したりする場合に最も役立ちます。

「Logic Pro」では、- 50 %-+100 %(元のテンポの50 %-200 %に相当)の範囲でプロジェクトの速度を上下できます。

Varispeedは、「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されている場合にのみ使用できます。

Varispeedをオンにする/オフにする

  • コントロールバーの「Varispeed」ボタンをクリックします。

    図。トランスポートバーの「Varispeed」ボタン。

    注記:コントロールバーに「Varispeed」ボタンが表示されていない場合は、Controlキーを押しながらコントロールバーをクリックし、ショートカットメニューから「コントロールバーとディスプレイをカスタマイズ」を選択して、「LCD」ポップアップメニューから「カスタム」を選択してから、「Varispeed」チェックボックスを選択します。

    図。トランスポートバーの「Varispeed」ボタンとディスプレイ。

Varispeedモードを選択する

  • コントロールバーの「Varispeed」ディスプレイの上部をクリックしてから、以下のいずれかを選択します:

    図。「Varispeed」ディスプレイの上部に表示されるモード。
    • 速度のみ: マスター出力信号をピッチシフトすることでVarispeedによるピッチ変更をバランスする場合に使用します。速度のみが変更され、ピッチは変更されません。

    • Varispeed(速度とピッチ): 従来のテープVarispeedをエミュレートする場合に使用します(速度の変更に応じてピッチが変更されます)。

    • VarispeedとMIDI: 従来のテープVarispeed(速度とピッチ)をエミュレートし、同時に外部MIDIトラックをトランスポーズ(半音単位にクオンタイズ)してプロジェクトのピッチと合わせる場合に使用します。

測定単位を変更する/値を調整する

  1. コントロールバーの「Varispeed」ディスプレイの下部で測定単位(「%」、「bpm」、「st」、「Hz」)をクリックしてから、以下のいずれかを選択します:

    図。「Varispeed」ディスプレイの下部に表示される測定単位。
    • 比率(%): 測定単位をパーセンテージで表示します。

    • 検出されたテンポ(bpm): 現在のテンポに従って、検出されたテンポを表示します。これはプロジェクトのテンポ変更に合わせて変更されます。

      注記:コントロールバーのテンポディスプレイには、常にオリジナルのテンポ値が表示されます。

    • デチューン(半音.セント): 測定単位をピッチ変更に従って表示します。

    • チューニングリファレンス(Hz): 測定単位をチューニング基準に従って表示します。

  2. 値を縦方向にドラッグして調整するか、ダブルクリックして新しい値を入力します。

    図。「Varispeed」ディスプレイの下部に表示される値。
公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?