Logic Pro X: 自動クロスフェードを作成する

自動クロスフェードを作成する

「Logic Pro」では、重なり合ったオーディオリージョンにクロスフェードを自動作成して、トラック上の2つの隣接する(または重なっている)オーディオリージョンを切れ目なくスムーズに再生できます。

自動クロスフェードを有効にする

  • トラック領域のメニューバーで、「ドラッグ」ポップアップメニューから「クロスフェード」設定を選択します。(ドラッグモードで位置を操作するを参照してください。)

フェードツール、リージョンインスペクタの「フェード」パラメータ、または既存のフェード領域のショートカットメニューを使って、クロスフェードやフェードイン/フェードアウトを手動で作成することもできます。詳しくは、フェードを作成するおよびフェードを編集するを参照してください。

選択したオーディオリージョンのフェードパラメータは同時に調整できます。

注記:オーディオ・ファイル・エディタで使うことのできるフェード機能では、オリジナルのオーディオファイルが変更されます。これとは異なり、「フェード」パラメータは非破壊的です。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?