Logic Pro X: フェードを作成する

フェードを作成する

オーディオリージョンの開始部分をフェードインし、オーディオリージョンの終了部分をフェードアウトできます(オーディオApple Loopsを含みます)。

フェードは、オーディオリージョンの波形が見える程度に拡大した場合にのみ表示されます。フェードツール、またはリージョンインスペクタにある「フェードイン」および「フェードアウト」パラメータを使って、フェードを作成できます。

フェードツールでフェードインまたはフェードアウトを作成する

  1. フェードツールを選択します。

    図。フェードツール。
  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • オーディオリージョンの開始位置または終了位置をドラッグします。

      図。フェードツールを使って1つのリージョンにフェードが作成されている様子を表す2枚の画像。

      フェードインまたはフェードアウトが作成されます。フェードをドラッグした領域がフェードの長さとなるため、ドラッグ領域が長ければフェード時間が長くなり、ドラッグ領域が短ければフェード時間は短くなります。

    • あるオーディオリージョンの終了位置と後続のリージョンの開始位置をドラッグします。

      図。フェードツールを使ってリージョン間にフェードが作成されている様子を表す2枚の画像。

      この方法は、2つのセクションが直接隣り合っていなくても実行できます。

フェードツールを選択しておくと、リージョンにフェードを作成した後にフェードの編集ができます。

リージョンインスペクタを使ってフェードインまたはフェードアウトを作成する

  1. 1つまたは複数のリージョンを選択します。

  2. リージョンインスペクタの「フェードイン」または「フェードアウト」の設定に値を入力します。これを行うには、ポインタを縦方向にドラッグするか、ダブルクリックして値を入力します。

    図。リージョンインスペクタの「フェードイン」パラメータ。アレンジ領域にも反映されている。

フェードツールを使って作成したフェードとリージョンインスペクタを使って作成したフェードはインタラクティブです。たとえば、フェードツールを使ってフェードを作成した後に、リージョンインスペクタの「フェードイン」または「フェードアウト」パラメータを使ってフェードを調整することができます。

選択したリージョンに前回のフェードを適用する

  1. 1つまたは複数のリージョンを選択します。

  2. 「前回のフェードまたはフェードマーキーの選択範囲を適用」キーコマンドを使います。

「前回のフェードまたはフェードマーキーの選択範囲を適用」コマンドを使うと、選択したリージョンに以下のリージョンパラメータが適用されます。

  • フェードイン/速度アップ – 時間

  • フェードイン/速度アップ – カーブ

  • フェードアウト/速度ダウン – タイプ

  • フェードアウト/速度ダウン – 時間

  • フェードアウト/速度ダウン – カーブ

選択したリージョンの後に隣接するリージョンがあるか(「EqP」クロスフェードが必要)、ギャップがあるか(「アウト」が必要)に応じて、「フェードアウト」/「速度ダウン」の「タイプ」が「アウト」から「EqP」に、または「クロスフェード」のいずれかのタイプが「アウト」に変わります。

マーキーの選択範囲に前回のフェードを適用する

  1. 1つ以上のリージョンの一部をマーキーの選択範囲にします。

  2. 「前回のフェードまたはフェードマーキーの選択範囲を適用」キーコマンドを使います。

マーキーの選択範囲がある場合は、影響を受けるトラックごとに以下が適用されます:

  • マーキーの選択範囲に1つのリージョンの終了位置が含まれ、その後にギャップがある場合、またはマーキーの選択範囲がリージョンの開始位置より後で始まり、ちょうどリージョンの終了位置(同じピクセル内程度)で終わっている場合は、マーキーの選択範囲の開始位置からリージョンの終了位置まで「フェードアウト」が適用されます。

  • 2つの隣接するリージョン間の境界が1つだけマーキーの選択範囲に含まれる(選択範囲が1つ目のリージョンの開始位置より後で始まり、2つ目のリージョンの終了位置より前で終わっている)場合は、マーキーの選択範囲の開始位置からマーキーの選択範囲の終了位置まで「均等クロスフェード」が適用され、リージョンの境界がクロスフェードの基準点になります。

  • マーキーの選択範囲に1つのリージョンの開始位置が含まれ、その前にギャップがある場合、またはマーキーの選択範囲がリージョンの開始位置で始まり、リージョンの終了位置より前で終わっている場合は、リージョンの開始位置からマーキーの選択範囲の終了位置まで「フェードイン」が適用されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?