Logic Pro X: トラック領域でMIDIリージョンをデミックスする

トラック領域でMIDIリージョンをデミックスする

MIDIリージョン(スタンダードMIDIファイルのフォーマット1または0)は、イベントチャンネル別またはノートピッチ別に分割(デミックス)できます。

イベントチャンネル別にMIDIリージョンを分割する

  1. 分割したいMIDIリージョンを選択します。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • トラック領域のメニューバーで、「編集」>「MIDIイベントを分離」>「イベントチャンネルで」と選択します(または「MIDIチャンネルでMIDIリージョンを分離」キーコマンドを使います)。

    • Controlキーを押しながらMIDIリージョンをクリックし、ショートカットメニューから「MIDI」>「MIDIチャンネルで分離」と選択します。

      マッチしたイベントすべてを含む別個のMIDIリージョンがMIDIチャンネルごとに作成されます。各リージョンは、MIDIチャンネルに対応する音源チャンネルのあるトラックに作成されます。こうしたトラックが存在しない場合、各チャンネルで新しいトラックが作成されます。

ノートピッチ別にMIDIリージョンを分割する

  1. 分割したいMIDIリージョンを選択します。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • トラック領域のメニューバーで、「編集」>「MIDIイベントを分離」>「ノートピッチで」と選択します(または「ノートピッチでMIDIリージョンを分離」キーコマンドを使います)。

    • Controlキーを押しながらMIDIリージョンをクリックし、ショートカットメニューから「MIDI」>「ノートピッチで分離」と選択します。

      別個のMIDIリージョンが、検索したノート番号ごとに作成されます。新しいMIDIリージョンごとにトラックが作成され、オリジナルのMIDIリージョンと同じチャンネルストリップに対応付けられます。

この機能は、ドラムマシンを使って「Logic Pro」に録音したドラムパート(すべてのノートが同じMIDIチャンネル上にある)を分離するのに特に便利です。デミックスを行うと、各ノートのリージョンを別のチャンネルストリップに割り当てることも、オリジナルのドラムパターンを簡素にしたい場合は削除することもできます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?