Logic Pro X: 圧縮オーディオファイルを読み込む

圧縮オーディオファイルを読み込む

Finderで、以下のファイルタイプの圧縮オーディオファイルをLogic Proプロジェクトに読み込むことができます:

  • AIFF

  • WAV

  • AAC

  • MP3

  • Apple Lossless

圧縮オーディオファイルはトラック領域に追加され、オーディオファイル全体を含む大きさのリージョンが作成されます。圧縮オーディオファイルをポイントしているオーディオリージョンは、次の記号で示されます:

図。名前の右に圧縮オーディオファイルの記号が表示されているオーディオリージョン。

このリージョンは、トラック領域の通常のオーディオリージョンと同じ方法で編集できます。

Finderから読み込んだオーディオファイルは、プロジェクトのテンポとキーに自動的に合わせられることはありません。「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、「テンポ」トラックでテンポチェンジを追加および編集できます。

圧縮オーディオファイルを読み込む

  • Finderから読み込みたいオーディオファイルを、既存のトラックの下の空の作業スペース領域にドラッグします。

そのオーディオリージョンを含む新しいオーディオトラックが作成されます。

圧縮オーディオファイルを変換する

以下のいずれかの操作を行います:

  • トラック領域で、オーディオファイルを参照しているオーディオリージョンを選択し、トラック領域のメニューバーから「編集」>「変換」>「オーディオリージョンを新規オーディオファイルに」と選択します。

    オーディオリージョンで範囲指定されているオーディオファイルの一部が、新しいオーディオファイルに変換されます。

  • プロジェクト・オーディオ・ブラウザでそのオーディオファイルを選択し、プロジェクト・オーディオ・ブラウザのメニューバーから「オーディオファイル」>「ファイルをコピー/変換」と選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?