Logic Pro X: 独自のApple Loopsを作成する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
独自のApple Loopsを作成する

独自のオーディオおよびソフトウェア音源録音からApple Loopsを作成できます。リージョンからApple Loopを作成すると、ループライブラリに追加されてループブラウザに表示されるので、ほかのプロジェクトで再利用できます。

ループを「User Loops」フォルダから別のハードディスクに移動した後など、Apple Loopsユーザライブラリの再インデックスが必要になることがあります。

ReCycleファイルをApple Loopsに変換することもできます。

Apple Loopを作成する

  1. トラック領域でオーディオリージョンまたはソフトウェア音源リージョンを選択します。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 「ファイル」>「書き出す」>「リージョンをループライブラリに」と選択します。

    • Controlキーを押しながらリージョンをクリックし、ショートカットメニューから「書き出す」>「ループライブラリに追加」を選択します。

    • リージョンをループブラウザにドラッグします。

    • Control+Shift+Oキーを押します。

  3. 「Apple Loopsライブラリにリージョンを追加」ダイアログで、「名前」フィールド内のテキストを選択して新しい名前を入力します。

    図。「Apple Loopsライブラリにリージョンを追加」ダイアログ。
  4. 「スケール」ポップアップメニューから、ループのスケールタイプを選択します。

  5. 「ジャンル」ポップアップメニューから、ループの音楽ジャンルを選択します。

  6. 「音源の情報」リストの左側の列で音源のカテゴリを選択してから、右の列で音源を選択します。

  7. ループに合ったムードのボタンを1つ以上クリックして、検索に便利なムードディスクリプタを追加します。

  8. 完了したら、「作成」をクリックします。

ループがループブラウザとループインデックスに追加されます。作成したループは、キーワードボタンやキーワードメニューを使用するか、ループブラウザの下部にある検索フィールドに名前を入力してReturnキーを押すことによって、見つけることができます。

Apple Loopsユーザライブラリを再インデックスする

  • ループブラウザの上部にある「ループ」をクリックしてから、ポップアップメニューから「すべてのループを再インデックス」を選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?