Logic Pro X: トラックをフリーズする

トラックをフリーズする

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、トラックをフリーズすることで、トラックの再生に必要な負荷を低減することができます。トラックをフリーズすると、トラックで実際に使われていたプラグインの数や複雑さには関係なく、エフェクトプラグインのない状態の高分解能オーディオトラックと同程度までプロセッサの使用率が下がります。ソフトウェア音源トラックや、複雑なエフェクトを使っているオーディオトラックにフリーズを適用すると特に便利です。マルチ出力のソフトウェア音源をフリーズすることはできません。

トラックをフリーズすると、そのトラックはオーディオファイルにバウンスされます。フリーズファイルにはトラックのプラグインとトラックオートメーションの出力が含まれます。トラックがフリーズされると、オリジナルトラックの代わりにフリーズファイルが再生に使われ、オリジナルトラック(プラグインを含む)は一時的に無効になります。チャンネル・ストリップ・コントロール(トラックのミュートやソロなど)は使えますが、トラックの内容(リージョンのミュートやソロなど)を編集することはできません。

トラックがフリーズされている間は、そのトラックを編集できなくなります。トラックを編集する場合は、フリーズを解除してトラックに変更を加えた後、再度トラックをフリーズします。

フリーズ機能は、複雑なボイスアーキテクチャを伴うソフトウェア音源や、複雑なプラグイン(リバーブ、フィルタバンク、FFTベースのエフェクトなど)といった、CPUの負担が非常に大きいプロセスを回避するためのものです。コンピュータがアクティブなプロセスすべてをリアルタイムで計算できる場合には、トラックをフリーズする必要はありません。トラックのフリーズに適しているのは、CPUの負荷が大きいソフトウェア音源やエフェクトプラグインを組み込んだトラックが完成段階に入った場合(これ以上の変更が不要になった段階)です。

トラックをフリーズすると、以下のことができます:

  • トラックをフリーズしなければコンピュータのCPU処理限度を超えてしまう追加のエフェクトプラグインまたはソフトウェア音源を、別のオーディオトラックまたは音源トラックで使うことができます。

  • CPU処理能力の高いコンピュータで作成したプロジェクトを再生できます。

トラックをフリーズする

  1. トラックヘッダの「フリーズ」ボタン をクリックします。

    鍵が青色に変わり、トラックがフリーズ可能であることが示されます。

  2. トラックインスペクタで、フリーズモードを選択します:

    • ソースのみ: エフェクトプラグインに送られる前のトラック信号がフリーズします。選択すると、「フリーズ」ボタンが無地になります。

      注記: このフリーズモードは、プロセッサの負荷が大きいソフトウェア音源やFlexモードを使う場合に便利です。

    • プリフェーダー: すべてのエフェクトプラグインを含むトラック信号をフリーズします。選択すると、「フリーズ」ボタンに点が表示されます。

  3. コントロールバーの「再生」ボタン をクリックします。

  4. トラックのロックを解除するには、もう一度「フリーズ」ボタンをクリックします。

複数のトラックのフリーズ状態を変更するには、1つのトラックの「フリーズ」ボタンをクリックしたまま、ポインタを上下にドラッグします。スワイプしたすべてのトラックの「フリーズ」ボタンが、同じ状態に切り替わります。

フリーズされたトラックに変更を加えようとすると、トラックがフリーズされていることを示すダイアログが表示されます。

Published Date: 2019/09/13
Helpful?