macOS High Sierra

AirDrop を使用して自分の近くのデバイスにファイルを送信する

AirDrop を使用すると、自分の近くにいる人に、書類、写真、Web ページ、地図の位置情報などをワイヤレスで送信できます。同じネットワーク上にある Mac コンピュータと iOS デバイス間で項目の送受信が可能です。

AirDrop は、Bluetooth および Wi-Fi を使用してデバイス間で項目を転送します。多くの場合、Bluetooth と Wi-Fi は Mac ですでに有効になっています。有効になっていない場合は、AirDrop で項目を送信しようとしたときにそれらをオンにするように求められます。

ほかのデバイスからファイルを受信する場合は、自分のデバイスに項目を送信できるユーザを指定するだけです。

AirDrop ウインドウ。

項目を送信する

項目の送信は、Finderデスクトップからでも「Safari」、「マップ」などのアプリケーション内からでも行えます。AirDrop を使った項目の送信は、以下のいずれかの方法で実行します:

  • デスクトップまたは Finder ウインドウから:送信したい項目を Control キーを押しながらクリックし、ショートカットメニューから「共有」>「AirDrop」と選択して、送信先のデバイスを選択します。

  • Finder から:Finder のサイドバーで「AirDrop」をクリックし、項目を送信先のデバイスにドラッグします。

  • アプリケーションから:アプリケーションのツールバーで「共有」ボタンをクリックし、「AirDrop」を選択してから、送信先のデバイスを選択します。

AirDrop ウインドウに項目を共有したい相手方のデバイスが表示されない場合は、「お探しの相手が表示されませんか?」をクリックします。

ほかのユーザがあなたにファイルを送信したいがあなたのデバイスが表示されない場合は、あなたのデバイスで、ほかの人が AirDrop で自分に項目を送信することを許可しているか確認します。

項目を受信する

ほかのユーザから項目を受信するときは、その項目を受け入れるかどうかを選択できます。

あるデバイスから別のデバイスへ(たとえば Mac から iPhone へ)項目を送信するときに、両方のデバイスで iCloud にサインインしている場合、その項目は自動的に受け入れられて保存されます。

  • Mac の場合:「ダウンロード」フォルダでその項目を探します。

  • iOS デバイスでの操作:適切な App で項目を探します。たとえば、写真は「写真」で、Web ページは「Safari」で開きます。

自分に AirDrop で項目を送信できるユーザを指定する

自分に AirDrop で項目を送信できるユーザを制御するには、お使いの Mac または iOS デバイスの検出を許可するユーザを「なし」、「連絡先のみ」、「全員」から選択します。

  • Mac の場合:Finder のサイドバーで「AirDrop」をクリックし、次に「この Mac を検出可能な相手」ポップアップメニューからオプションを選択します。

  • iOS デバイスでの操作:画面の一番下から上ヘスワイプしてコントロールセンターを開き、「AirDrop」をタップして、自分のデバイスを検出できる人のオプションをタップします。

お使いの Mac やファイルを送信しようとしている相手方のデバイスが AirDrop に対応しているかどうかを確認するには、Apple のサポート記事「AirDrop を使って Mac からコンテンツを送信する」を参照してください。