iPhone、iPad、iPod touch で AirDrop を使う方法

AirDrop を使うと、近くにあるほかの Apple 製デバイスと写真や書類などのコンテンツを共有し、相手からも受け取ることができます。

始める前に

  • コンテンツを送る相手が近くにいて、Bluetooth や Wi-Fi の通信範囲内にいることを確認してください。
  • 自分と、コンテンツを送る相手が両方とも、Wi-Fi と Bluetooth を有効にしているか確認してください。いずれかがインターネット共有をオンにしている場合は、オフにしてください。
  • コンテンツを受け取る側の AirDrop の受信設定が「連絡先のみ」になっているか確認してください。「連絡先のみ」に設定されている場合、送る側の連絡先カードにメールアドレスまたは携帯電話番号が登録されていないと、AirDrop が機能しません。
  • 相手の連絡先に自分が登録されていない場合は、ファイルを受け取れるように、AirDrop の受信設定を「すべての人」に変えてもらいます。

AirDrop の受信設定はいつでも「連絡先のみ」または「受信しない」に変更して、自分のデバイスを認識して、AirDrop でコンテンツを送信できる相手をコントロールすることができます。

AirDrop の使い方

  1. App を開いて、「共有」または「共有」ボタン をタップします。写真 App から写真を共有する場合は、左右にスワイプして複数の写真を選択できます。
  2. コンテンツの共有相手となる AirDrop ユーザ*をタップします。AirDrop を使って、2 台の Apple 製デバイス間でコンテンツを転送することもできます。AirDrop ユーザやほかのデバイスが表示されない場合は、こちらを参照してください。

* コンテンツを共有する相手が連絡先 App に登録されている場合は、名前と併せて画像が表示されます。連絡先 App に登録されていない相手の場合は、名前だけで、画像は表示されません。



 

AirDrop を受け入れる方法

誰かが AirDrop を使ってコンテンツを共有してくれた場合は、プレビューが付いた通知が表示されます。「受け入れる」または「辞退」をタップできます。

「受け入れる」をタップした場合、コンテンツが送信元と同じ App の中に入ります。たとえば、写真は写真 App に表示され、Web サイトは Safari で開きます。App のリンクは App Store で開くので、その App をそのまますぐにダウンロードまたは購入できます。

コンテンツを AirDrop で自分自身に送る場合、たとえば、自分の iPhone から自分の Mac に写真を共有するときなどは、「受け入れる」または「辞退」のオプションは表示されず、デバイスに自動的に送信されます。両方のデバイスで同じ Apple ID でサインインしているか確認しておいてください。


AirDrop の設定を調整する方法

AirDrop であなたのデバイスを検出し、コンテンツを送信できる相手を選択するには、以下の手順を実行してください。

  1. 「設定」を開いて、「一般」をタップします。
  2. 「AirDrop」をタップし、オプションを選択します。

コントロールセンターでも AirDrop のオプションを設定できます。以下の要領で行ってください。

  1. iPhone X 以降、iOS 12 以降または iPadOS を搭載した iPad では、画面の右上隅から下にスワイプしてコントロールセンターを開きます。iPhone 8 以前では、画面の下部から上にスワイプします。
  2. 左上隅にあるネットワーク設定のカードを強めに押すか長押しします。
  3. AirDrop ボタン を長押しして、以下のいずれかのオプションを選択します。
    • 受信しない:AirDrop のリクエストを受け付けません。 
    • 連絡先のみ:お使いのデバイスは、連絡先に登録されている人からしか認識されません。
    • すべての人:AirDrop を使っていて、近くにあるどの Apple 製デバイスからも、お使いのデバイスが認識されます。

「受信しない」と表示されていて、タップしても変更できない場合は、以下の手順を実行してください。

  1. 「設定」>「スクリーンタイム」の順に選択します。
  2. 「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。
  3. 「許可された App」をタップし、「AirDrop」がオンになっていることを確認します。

公開日: