macOS High Sierra

プリントの詳細設定を選択する

書類をプリントするときに、「プリント」ダイアログを使用して書類のプリント方法を決定するオプションを設定します。

「プリント」ダイアログには基本的なプリントオプションが表示されます。プリントするページや、両面プリントをするかどうかを指定できます。詳しくは、書類をプリントするを参照してください。

その他のオプションを表示するには、「詳細情報を表示」をクリックします。使用しているアプリケーションや選択したプリンタによっては、書類の用紙サイズを変更するオプションや、デフォルトの用紙サイズを設定するオプションなどが表示される場合があります。次の手順がアプリケーションで見ているものと異なる場合は、詳細についてアプリケーションに付属のマニュアルを参照してください。

プリントオプションのポップアップメニューからオプションを選択します。区切り線の下に表示されるプリントオプションは、選択したオプションによって異なります。

書類の用紙サイズを変更する

プリント時に用紙サイズを指定できます。

  • 「ファイル」>「プリント」と選択します。プリント」ダイアログに「用紙サイズ」メニューがある場合は、サイズを選択します。

「Pages」や「Microsoft Word」のようなアプリケーションでは、書類のページサイズも指定できます。プリント時に、書類は選択した用紙サイズでフォーマットされています。しかし、プリンタの用紙に合うように書類を拡大縮小することもできます。書類のページサイズを設定するには、「ファイル」>「ページ設定」と選択し、「用紙サイズ」メニューからサイズを選択します。

ほとんどのアプリケーションでは、「用紙サイズ」メニューに「カスタムサイズを管理」オプションがあります。このオプションを選択する場合は、カスタムの用紙サイズを作成するを参照してください。

デフォルトの用紙サイズを設定する

いつも特定のサイズの用紙にプリントしている場合は、これをデフォルトの用紙サイズとして設定することで、プリントするときは常にそのサイズが使用されます。(この用紙サイズは必要に応じて「プリント」ダイアログで変更できます。)

デフォルトサイズは、「Pages」などのアプリケーションで新しい書類を作成するときのページサイズとしても使用できます。デフォルトのサイズの変更は、新規作成する書類のみに影響を及ぼします。以前に作成された書類は変更されません。

  1. アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「プリンタとスキャナ」をクリックします。

    「プリンタとスキャナ」環境設定を開く

  2. 「デフォルトの用紙サイズ」ポップアップメニューをクリックしてから、用紙サイズを選択します。

プリント時に手差しで用紙を給紙する

この機能がサポートされている場合は、プリンタのデフォルトの用紙トレイを使用する代わりに、手差しで用紙を給紙することができます。

  1. 「ファイル」>「プリント」と選択します。

  2. 詳細情報を表示」ボタンが表示される場合は、それをクリックします。

  3. プリントオプションのポップアップメニュー(区切り線上)から「給紙」を選択します。

  4. すべてのページ」ボタンをクリックし、ポップアップメニューから「手差し」を選択します。

オプションが表示されるように、プリンタを設定するときにこの機能を指定する必要があります。

書類を上下反対にプリントする

適切な向きでプリンタにセットできない素材にプリントしたい場合は、素材を逆向きにセットして、書類を上下逆向きにプリントすることができます。たとえば、上端を上にしてプリンタにセットできない封筒にプリントするときや、不定形な用紙にプリントするときなどに、この方法を使用できます。

  1. 「ファイル」>「プリント」と選択します。

  2. 詳細情報を表示」ボタンが表示される場合は、それをクリックします。

  3. プリントオプションのポップアップメニュー(区切り線上)から「レイアウト」を選択します。

  4. 「ページの方向を反転」を選択します。

ページの順序を逆にしてプリントする

書類をプリントするときは、最後のページから最初のページの順にプリントすることができます。

  1. 「ファイル」>「プリント」と選択します。

  2. 詳細情報を表示」ボタンが表示される場合は、それをクリックします。

  3. プリントオプションのポップアップメニュー(区切り線上)から「用紙処理」を選択します。

  4. 「ページの順序」ポップアップメニューをクリックし、「逆送り」を選択します。

  5. 「プリント」をクリックします。

プリントした書類を拡大または縮小する

書類の元のサイズに対する比率を指定して、プリントする書類のサイズを拡大または縮小することができます。

  1. 次のいずれかを実行します:

    • 「ファイル」>「ページ設定」と選択します。「設定」ポップアップメニューをクリックして「ページ属性」を選択してから、「対象プリンタ」ポップアップメニューをクリックして「任意のプリンタ」を選択します。これにより、このアプリケーションからプリントするすべての書類のサイズが設定されます。

    • 「ページ設定」を選択できない場合は、「ファイル」>「プリント」と選択します。「詳細情報を表示」ボタンが表示されたら、クリックして使用可能なオプションをすべて表示します。

  2. 「拡大縮小」ボックスに比率を入力します。

    • 書類を元のサイズより大きくプリントする場合は、100 より大きい値を入力します。

    • 書類を元のサイズより小さくプリントする場合は、100 より小さい値を入力します。

書類を拡大縮小する場合は、プリントする前にプレビューで書類を確認することをお勧めします。詳しくは、書類をプリントするを参照してください。

プリンタの用紙に合うように書類を拡大縮小する

プリンタの用紙に合うように書類を拡大縮小することができます。たとえば A4 の書類を、8.5 x 11 インチの用紙に合うように拡大縮小できます。

  1. 「ファイル」>「プリント」と選択します。

  2. 詳細情報を表示」ボタンが表示される場合は、それをクリックします。

  3. プリントオプションのポップアップメニュー(区切り線上)から「用紙処理」を選択します。

  4. 「用紙サイズに合わせる」を選択し、「出力用紙サイズ」ポップアップメニューからプリンタの用紙サイズを選択します。

    プリンタの用紙に比べて書類が大きすぎる場合にだけ書類のサイズを調整したい場合は、「縮小のみ」を選択します。(このオプションが選択されていても、書類が使用している用紙よりかなり大きい場合を除き、書類は元のサイズでプリントされます。)

「プリント」ダイアログでは、PDF または PostScript 書類の作成もできます。詳しくは、書類を PDF として保存するおよび書類を PostScript 形式で保存するを参照してください。