Compressor 4.4 で 360° ビデオを共有する

360° ビデオを幅広いフォーマットやフレームサイズで書き出して、Mac に保存したり、Web で共有したりできます。

Compressor に組み込まれている設定を使って、ビデオファイルを一般的なメディアフォーマット (360° モノスコピックファイルや 360° ステレオスコピックなど) にトランスコードできます。Final Cut Pro X や Motion の 360º プロジェクトを共有する準備ができたら、Compressor に用意されている書き出し先を使うか、新しい書き出し先を自分で指定できます。あらかじめ用意されている書き出し先を使えば、YouTube の VR チャンネル、Facebook 360、Vimeo 360 といった 360º ビデオ対応の Web サイトなど、多彩なプラットフォームやご自分の Mac で 360º プロジェクトを簡単に共有できます。

360º のソースファイルを Compressor に読み込む

まず、「ファイル」>「ファイルを追加」の順に選択 (または「ファイルを追加」をクリック) し、ソースファイルを探して選択して、「追加」をクリックします。360º ソースファイルのエクイレクタングラービューがプレビュー領域に表示されます。エクイレクタングラーの画像は、地球を 2 次元 (2D) の長方形で表した世界地図のような見た目になります。


この画像の提供元は Getty Images, Inc. (All rights reserved.) です。

プレビューで、ファイルを再生、スクラブ、拡大縮小、スクルールして詳細情報を表示できます。

ソースファイルは、プレビューの下のバッチ領域にも表示されます。複数のソースファイルをバッチ領域に追加し、同時に処理できます。 

360º メタデータを割り当てる

ソースファイルを Compressor に読み込んだら、ソースファイルのメタデータを調べ、必要に応じて調整します。360° のビデオが VR ヘッドセットや共有プラットフォームで正しく表示されるように、空間メタデータという特殊な表示指示をビデオに含めておく必要があります。

Compressor への読み込み時には、ファイルの中のメタデータが自動的に検出され、ジョブインスペクタに表示されます。書き出し時には、ソースファイルに対して選択した書き出し先に応じて、正しいメタデータが自動的に割り当てられます。

必要に応じて、ソースファイルのメタデータはインスペクタで調整できます。バッチ領域で、ソースファイルを選択します。「360° メタデータ」領域が折りたたまれている場合は、ポインタを見出しの右側に移動し、「表示」をクリックします。「360° メタデータを含める」チェックボックスを選択します。その上で、メタデータを調整し、必要に応じてほかのプロパティも適宜設定できます。360° ファイルのメタデータの割り当てについては、こちらを参照してください。

設定を追加してビデオを共有する

基本的なトランスコーディングジョブでは、Compressor に内蔵されている設定と書き出し先で対応できます。「表示」>「設定」の順に選択し、以下のように、リストからトランスコード設定や書き出し先を 1 つ以上選択します。

  • の横にある  詳細表示三角形 をクリックして、グループの中の設定を表示します1 つの設定は、あらかじめ設定済みの複数のトランスコーディング指示で構成されていて、まとめてソースメディアファイルに適用できます。360º ビデオをエンコードするには、必ず「Apple デバイス」「MPEG-4」「QuickTime ムービー」のいずれかの設定を使います。
  • の横にある 詳細表示三角形 をクリックして、グループの中の書き出し先を表示します。書き出し先は、1 つ以上の設定に、トランスコード後に Compressor で実行される自動ジョブアクションを組み合わせたものです (YouTube へのファイルのアップロードなど)。

目的の設定や書き出し先が見つかったら、その設定や書き出し先をバッチ領域のファイルにドラッグします。

トランスコードの要件が複雑であったり特殊であったりする場合は、内蔵の設定と書き出し先をいくつかの方法で調整できます。

  • 1 回しか使わないカスタムのトランスコードジョブの場合は、内蔵の設定や書き出し先を適用してから、バッチ領域でその設定や書き出し先を選択し、インスペクタでプロパティを変更します。
  • 何度も使うカスタムのトランスコードジョブの場合は、カスタム設定またはカスタム書き出し先を作成します。

ビデオ共有の Web サイトに公開する場合は、バッチを開始する前に、アカウント情報を必ず入力してください。 

  1. バッチ領域で、ソースファイルを選択します。
  2. ジョブインスペクタの「操作」セクションで、「完了時の処理」ポップアップメニューをクリックして、公開先のサービスを選択します。 
  3. アカウント情報、「タイトル」「説明」「タグ」など、その他の情報を入力します。

ビデオを共有できるようになったら、「バッチを開始」をクリックします。


この画像の提供元は Getty Images, Inc. (All rights reserved.) です。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: