MacBook Pro で Touch Bar を使う方法

MacBook Pro のキーボードの上部には Touch Bar があり、実行中の操作に応じて、直感的に使えるショートカットや App のコントロールボタンが適宜表示されます。

MacBook Pro の Touch Bar を使えば、Mac のコマンドにすばやくアクセスできます。そのときに実行している作業や使っている App に応じて、Touch Bar の表示内容は自動的に変化します。Touch Bar は、2016 年以降に発売されたモデルの MacBook Pro に搭載されていますが、MacBook Pro (13-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 ports) および MacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 ports) は除きます。

Control Strip でシステムコントロールボタンと設定ボタンを探す

MacBook Pro を起動すると、Touch Bar の右側の Control Strip に、音量調節、消音、ディスプレイの明るさ調節、Siri など、馴染みのあるボタンがいくつか表示されます。Control Strip の拡張ボタンをタップすると、明るさ調節、Mission Control、Launchpad、メディア再生などのコントロールが表示されます。


Touch Bar を搭載した 16 インチの MacBook Pro

Touch Bar で「F1」〜「F12」のファンクションボタンを使うには、キーボードの左下の「fn」(Function) キーを押します。

Touch Bar を搭載した 16 インチの MacBook Pro には、専用の「esc」(Escape) キーがあります。13 インチまたは 15 インチの Touch Bar 搭載モデルの MacBook Pro では、Touch Bar の左側に「esc」(Escape) ボタンが表示されます。


App 内で Touch Bar を使う

Mac に付属している多くの App では、Touch Bar のコントロールボタンを使って、よく行う作業をずっと簡単に済ませることができます。たとえば、メール App では、Touch Bar を使ってメールの新規作成、返信、アーカイブ、迷惑メールのマーク付け、メッセージのフラグ付けなどをこなせます。 

メールを作成している間は、Touch Bar に予測変換候補が表示されるので、Touch Bar で単語や絵文字をタップして挿入できます。

テキストを選択すると、太字、斜体、リスト表示などの書式設定のオプションが Touch Bar に表示されます。

他社製の App も含め、大半の App では、Touch Bar のショートカット、ツール、コントロールボタンを使って、やりたい作業をこなせます。どんな作業をすばやく簡単にできるのか、いろいろタップして試してみてください。


Touch Bar をカスタマイズする

Finder、メール、Safari など多数の App で、Touch Bar をカスタマイズできます。

「表示」>「Touch Bar をカスタマイズ」の順に選択します。ディスプレイにカスタマイズウインドウが表示され、ここで、よく使う項目を選択できます。

Touch Bar のカスタマイズ中は、ボタンが小刻みに揺れます。カーソルを使って、必要な項目をディスプレイから Touch Bar の方向にドラッグしてください。

Touch Bar の中でも項目を左右にドラッグして並べ替えたり、Touch Bar の上にドラッグして取り除いたりすることができます。設定が終わったら、画面の「完了」をクリックします。

Control Strip をカスタマイズする

Control Strip のボタン (Siri のボタンなど) を追加または削除したり、並べ替えたりすることもできます。

カスタマイズに対応した (Finder などの) App で、「表示」>「Touch Bar をカスタマイズ」の順に選択します。Touch Bar の Control Strip 部分をタッチして、Control Strip のカスタマイズ画面に切り替えます。

カーソルを使って、希望の項目をディスプレイから下方向に Touch Bar へとドラッグしてください。

Control Strip の中で項目を左右にドラッグして並べ替えたり、Touch Bar の上にドラッグして取り除いたりすることができます。設定が終わったら、画面の「完了」をクリックします。

システム環境設定の「キーボード」セクションで「Control Strip をカスタマイズ」をクリックして、Control Strip のカスタマイズモードに切り替えることもできます。


Touch Bar でアクセシビリティオプションを使う

Mac を使いやすくしてくれるアクセシビリティ機能が、Touch Bar の操作にも役に立ちます。「command」キーを押しながら Touch ID (電源ボタン) を 3 回押すと、VoiceOver がオンに切り替わり、Touch Bar のコマンドを読み上げてくれます。 

Touch Bar でアクセシビリティ機能を使う方法については、こちらの記事を参照してください。

公開日: