MacBook Pro で Touch Bar を使う

MacBook Pro (15-inch, 2016) および MacBook Pro (13-inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports) には、キーボードの上部に Touch Bar があり、実行中の操作に応じて、直感的に使えるショートカットや App のコントロールボタンが必要なときに適宜表示されます。

 

Control Strip でシステムコントロールボタンと設定ボタンを探す

MacBook Pro を起動すると、Touch Bar の右側の Control Strip に、音量調節、消音、ディスプレイの明るさ調節、Siri など、馴染みのあるボタンがいくつか表示されます。「esc」(Escape) ボタンは Touch Bar の左側に表示されます。

 

システムコントロールボタン:Control Strip の  をタップすると、Control Strip が拡張し、明るさ調節、Exposé、Launchpad、メディア再生などのシステムコントロールボタンが表示されます。

適宜調節してから をタップしてください。Control Strip が縮小表示に戻って Touch Bar の右側に収まり、Touch Bar の左側に「esc」が表示されます。いつでも をタップすれば Control Strip を拡張し、システムコントロールボタンをすべて表示できます。

ファンクションボタン:Touch Bar で「F1」〜「F12」のファンクションボタンを使うには、キーボードの左下の「fn」(Function) キーを長押しします。ファンクションキーが表示されます。

Touch Bar を搭載した MacBook Pro でファンクションキーを使う方法については、こちらの記事を参照してください。

Mac を使っている間、Touch Bar は実行中の操作内容に基づいて変化し、使い方をよくご存じの適切なツールが表示されます。以降では、よく利用する App で Touch Bar を使いこなす方法の例や、Touch Bar を自分仕様にカスタマイズする方法について紹介します。

 

App で Touch Bar のコントロールボタンを使う

Mac に付属している多くの App では、Touch Bar のコントロールボタンを使って、よく行う作業をずっと簡単に済ませることができます。よく使う他社製の App でも、Touch Bar を有効利用できます。

お馴染みの Mac App で、Touch Bar を使って何ができるのかを以下に紹介します。普段お使いのほかの App については、実際に使って Touch Bar の機能を試してください。

Finder

      

移動/表示:Finder では、Touch Bar の矢印をタップして、項目間を前後に移動し、 をタップして項目をクイックルックで表示できます。

 

表示/並べ替え をタップすると、ファイルやフォルダの表示方法と並べ替え方法のオプションが表示されます。

 

共有 をタップすると、ファイルの共有方法のオプションが表示されます。

 

タグ をタップすると、項目に適用できるタグが表示されます。

 


Safari

      

よく見るサイトを表示する:Safari では、Touch Bar でよく閲覧する Web サイトをタップして開くことができます。

 

移動/検索:右向きまたは左向きの矢印ボタンをクリックして、前後に移動できます。検索フィールドをタップして検索を始めるか、 をタップして新しいタブを開けます。

 


メール

      

よく行う作業を実行する:メールで Touch Bar を使い、メールの作成、返信、アーカイブ、迷惑メールのマーク付け、メッセージのフラグ付けなどをこなせます。

 

予測入力を使う:メールや、作文するその他の App では、入力するに従い、Touch Bar に予測変換候補が表示されます。単語や絵文字をタップすれば挿入できます。

 

テキストの書式を決める:メッセージを入力する際、テキストを一部選択すると、太字、斜体、リスト表示などの書式設定のオプションが Touch Bar に表示されます。

 

絵文字で表現する:メールやメッセージなどの App では、単語の代わりに絵文字を選択して、楽しく伝えることができます。 をタップすると、よく使う絵文字が表示されるので、絵文字をタップして挿入できます。

 


写真

      

ライブラリをすばやく検索する:写真 App では、Touch Bar を使ってサムネールの上で指を滑らせて、探している写真をすばやく見つけ出せます。 をタップして、選択した写真をお気に入りとして設定したり、 をタップして回転させることができます。

 

写真を編集する:写真を選択した後で、 をタップすると編集オプション (切り取り、フィルタ、調整、加工、赤目修正) が表示されます。Touch Bar に表示されるコントロールボタンを使って写真を編集できます。

 


マップ

      

現在地を調べる:マップでは、Touch Bar の をタップして、自分の現在地を探せます。検索フィールドをタップして、行きたい場所を入力できます。

 

周辺のスポットを探す:Touch Bar には、近くにある場所のカテゴリ (レストラン、ホテル、ガソリンスタンドなど) を表すボタンが表示されます。

 

ルート案内:行きたい場所を選択したら、ルートを調べる、お店に電話をかける、Web サイトを表示するなどのオプションが表示されます。

 


説明

      

メモを取る:メモ App では、Touch Bar の をタップして、新しいメモを作成できます。 をタップすると、チェックリスト項目が追加されます。

 

テキストの書式を決める をタップすると、テキストをそろえるボタンや、太字、斜体、下線付きのスタイルを適用するボタンが表示されます。

 

スタイルを適用する をタップして、連番付きのリスト、箇条書きリスト、見出しなどの段落スタイルを適用できます。

 


カレンダー

      

予定を確認する:カレンダーでは、「今日」ボタンをタップしてその日のイベントを表示し、Touch Bar の上でスライドして過去や今後の月を選択できます。

 

イベントを編集する:カレンダーでイベントを選択してから、イベントの詳細情報を確認し、日付や場所を編集し、出席者を追加または削除できます。

 


FaceTime

      

通話をコントロールする:FaceTime では、電話をかける/受ける、発信者の情報を確認する、電話に出られないときはメッセージやメールを送信するなど、すべて Touch Bar から済ませることができます。

 

Touch Bar をカスタマイズする

Finder、メール、Safari など多数の App で、Touch Bar をカスタマイズできます。

「表示」>「Touch Bar をカスタマイズ」の順に選択します。ディスプレイにカスタマイズウインドウが表示され、ここで、よく使う項目を選択できます。

Touch Bar のカスタマイズ中は、ボタンが小刻みに揺れ、左側に「完了」ボタンが表示されます。

カーソルを使って、必要な項目をディスプレイから Touch Bar の方向にドラッグしてください。Touch Bar の中でも項目を左右にドラッグして並べ替えたり、Touch Bar の上にドラッグして取り除いたりすることができます。設定が終わったら、Touch Bar の「完了」をタップするか、画面の「完了」をクリックします。

Control Strip をカスタマイズする

Control Strip のボタン (Siri のボタンなど) を追加または削除したり、並べ替えたりすることもできます。

カスタマイズに対応した (Finder などの) App で、「表示」>「Touch Bar をカスタマイズ」の順に選択します。Touch Bar の Control Strip 部分をタッチして、Control Strip のカスタマイズ画面に切り替えます。カーソルを使って、希望の項目をディスプレイから下方向に Touch Bar へとドラッグしてください。Control Strip の中で項目を左右にドラッグして並べ替えたり、Touch Bar の上にドラッグして取り除いたりすることができます。設定が終わったら、Touch Bar の「完了」をタップするか、画面の「完了」をクリックします。

システム環境設定の「キーボード」セクションで「Control Strip をカスタマイズ」をクリックして、Control Strip のカスタマイズモードに切り替えることもできます。

実際に使ってみる

大半の App では、Touch Bar のショートカット、ツール、コントロールボタンを使って、やりたい作業をこなせます。どんな作業をすばやく簡単にできるのか、いろいろタップして試してみてください。

たいていの場合、画面上の項目をクリックしたり選択したりするよりも、Touch Bar をタップした方が簡単です。たとえば、計算機を開いて、Touch Bar の数値キーやファンクションボタンを使って簡単な計算ができます。カーソルを動かしてクリックしたり入力したりする必要はありません。

Touch Bar をしばらく使ってみて、どうすれば目的の作業が一番やりやすいか確認し、Touch Bar に新たな機能を加える他社製の App も試してみてください。

Touch Bar でアクセシビリティオプションを使う

Mac を使いやすくしてくれるアクセシビリティ機能が、Touch Bar の操作にも役に立ちます。「command」キーを押しながら Touch ID (電源ボタン) を 3 回押すと、VoiceOver がオンに切り替わり、Touch Bar のコマンドを読み上げてくれます。

Touch Bar でアクセシビリティ機能を使う方法については、こちらの記事を参照してください。

公開日: