Touch Bar 搭載の MacBook Pro でファンクションキーを使う方法

Touch Bar 搭載モデルの MacBook Pro でファンクションキーを使う方法を説明します。

MacBook Pro (15-inch, 2016) 以降および MacBook Pro (13-inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports) 以降の Touch Bar は、キーボードの上部に並んだファンクションキーの代わりに使えるので、Mac でコマンドにすばやくアクセスできます。実行中の操作内容や、使用中の App に応じて、表示される内容は自動的に変化します。

ファンクションキー (「F1」〜「F12」) を使う必要がある場合は、キーボードの左下にある「fn」(Function) キーを長押ししてください。Touch Bar が変化してファンクションキーが表示され、選択できるようになります。「fn」キーを放せば元の状態に戻ります。

一部の App では、Touch Bar にファンクションキーを常に表示しておけます。

  1. システム環境設定で、「キーボード」を選択します。
  2. 「ショートカット」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーから、「ファンクションキー」を選択します。
  4. 「+」記号をクリックして、App を探して選択します。

これで、該当する App を開いたりその App に切り替えたりすると、Touch Bar にファンクションキーが常時表示されるようになります。

     

また、オンスクリーンキーボードを使ってファンクションキーにアクセスすることもできます。

  1. システム環境設定で「キーボード」を選択します。
  2. 「メニューバーにキーボードビューアと絵文字ビューアを表示」チェックボックスを選択します。
  3. メニューバーでビューアのアイコン を選択してから、「キーボードビューアを表示」を選択します。

オンスクリーンキーボードが表示され、そのファンクションキーをクリックできます。

Windows でファンクションキーを使う

MacBook Pro で Boot Camp を使って Windows を実行している場合、ファクションキーは macOS と同じように機能します。キーボードのファンクションキーを押したままにすると、ファンクションキーが表示されます。

Windows のオンスクリーンキーボードを使って、ファンクションキーを操作することもできます。

  1. Windows メニューから「Windows 簡単操作」メニュー項目を選択します。
  2. 「スクリーンキーボード」をクリックします。
  3. 「Fn」キーをクリックします。ファンクションキーがオンスクリーンキーボードに表示されます。

また、ファンクションキーを長押ししなくても、Windows の使用中は Touch Bar にずっとファンクションキーを表示しておくことができます。

  1. Windows のシステムトレイで、上向きの矢印をクリックして追加のアイコンを表示します。
  2. ダークグレイの菱形の Boot Camp アイコンをクリックします。
  3. 表示されるメニューから「Boot Camp コントロールパネル」を選択します。
  4. 「はい」をクリックして、コントロールパネルの実行を許可します。
  5. 「キーボード」タブをクリックします。
  6. 「F1、F2 などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」を選択すると、Touch Bar に常時ファンクションキーが表示されるようになります。このチェックボックスの選択を解除すると、ファンクションキーの動作が通常通りに戻ります。
公開日: