Touch Bar 搭載の MacBook Pro でファンクションキーを使う

「fn」(Function) キーを長押しすると、Touch Bar に「F1」〜「F12」キーが表示されます。

ファンクションキーを表示する

キーボードの「fn」(Function) キーを長押しすると、Touch Bar に「F1」〜「F12」キーが表示されます。

特定の App の使用時に自動的にファンクションキーを表示するように設定しておくこともできます。

  1. Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「キーボード」をクリックします。
  2. ウインドウの上部で「ショートカット」をクリックし、左側のリストから「ファンクションキー」を選択します。
  3. 追加ボタン (+) をクリックし、App を選択して「追加」をクリックします。追加した各 App を使っている間は自動的に、Touch Bar にファンクションキーが常時表示されるようになります。

または、オンスクリーンキーボードを使う

ファンクションキーを Touch Bar に表示しておく方法のほかに、オンスクリーンキーボードのファンクションキーを使うこともできます。

  1. Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「キーボード」をクリックしてから、以下のいずれか該当する手順を実行します。
    • macOS Big Sur をお使いの場合は、「入力ソース」パネルで「メニューバーに入力メニューを表示」を選択します。
    • macOS Catalina 以前をお使いの場合は、「キーボード」パネルで「メニューバーにキーボードビューアと絵文字ビューアを表示」を選択します。
  2. メニューバーのビューアアイコン をクリックし、「キーボードビューアを表示」を選択します。
    macOS Big Sur で入力メニューが開き、「キーボードビューアを表示」がハイライトされているところ
  3. オンスクリーンキーボードの「fn」キーを押すと、ファンクションキーがすべて表示されます。

 


Microsoft Windows の使用時にファンクションキーを表示する

キーボードの「fn」(Function) キーを長押しすると、Touch Bar に「F1」〜「F12」キーが表示されます。

また、Touch Bar にファンクションキーをずっと表示しておくこともできます。

  1. Windows タスクバーの右側にある通知領域から、上向き矢印 をクリックして、非表示のアイコンを表示します。
  2. Boot Camp アイコン をクリックし、メニューから「Boot Camp コントロールパネル」を選択します。
    Windows 10  の Bootcamp メニューのオプションで「Boot Camp コントロールパネル」がハイライトされているところ
  3. この App が変更を加えることを許可するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、「はい」をクリックします。 
  4. 「キーボード」タブをクリックします。
  5. 「F1、F2 などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」を選択します。

または、オンスクリーンキーボードを使う

ファンクションキーを Touch Bar に表示しておく方法のほかに、オンスクリーンキーボードのファンクションキーを使うこともできます。

  1. Windows メニューから「Windows 簡単操作」を選択します。
  2. 「スクリーンキーボード」をクリックします。
  3. オンスクリーンキーボードの「fn」キーを押すと、ファンクションキーがすべて表示されます。

Windows のオンスクリーンキーボードについて詳しくは、こちらを参照してください。

公開日: