Mac ハンドブック:Spotlight で目的の情報を探す

Spotlight は、Mac 上のファイルをすぐに探せるほか、何かと役に立ちます。

Spotlight で検索する

Spotlight を使って、App、書類、画像、その他のファイルを検索できます。OS X Yosemite では、Wikipedia、ニュースサイト、マップ、iTunes、映画一覧などから Spotlight が検索候補を提示してくれます。

Spotlight を開くには、メニューバーの右上隅にある虫眼鏡のアイコンをクリックするか、さまざまな App で「command + スペースバー」を押します。

Spotlight を開くと中央前面に表示されます。何かを検索するには、App 名、書類内で使われている単語、ファイルに付けたタグなど、検索対象に関する語を入力します。Wikipedia の記事や、最寄りの Apple Store の場所なども検索できます。

入力するに従い、検索フィールドが自動補完され、検索候補が表示されます。入力し終わらなくても、数文字入力して「return」キーを押せば、提示された検索候補を開くことができます。この方法だと、お気に入りの App をすばやく開けて便利です。

ポインタを使うか、キーボードの上下の矢印キーを使って、Spotlight ウインドウに表示されたほかの検索結果を確認できます。結果ごとに充実したプレビューが表示されます。そのため、本当に探している情報かどうかを確認し、欲しい情報を別の App を開かなくても確認できます。

ハイライトされた項目をダブルクリックするか、その上で「return」キーを押すと、その項目が開きます。書類や App が Spotlight ウインドウから直接開きます。 

追加の機能

Spotlight では、言葉の定義を辞書で調べたり、通貨換算したり、簡単な計算をすることもできます。検索フィールドに「100 ドル」または「2+2」と入力して結果を確認してください。

「プライバシー」設定

Spotlight の検索候補と Bing 検索を使わずに、Spotlight で Mac 上にあるものだけを検索するようにすることができます。 「システム環境設定」>「Spotlight」>「検索結果」の順に選択し、「Spotlight の検索候補」と「Bing Web 検索」の選択を解除します。この環境設定パネルで、ほかのオプションの選択を解除することもできます。「システム環境設定」>「Spotlight」の順に選択し、「Spotlight の検索候補とプライバシーについて」をクリックして、詳細を確認できます。

Spotlight で位置情報サービスを使わないように、「システム環境設定」>「セキュリティとプライバシー」で設定できます。Spotlight の検索候補で位置情報サービスをオフにすると、正確な位置情報が Apple に送信されなくなります。適切な検索候補を表示するために、Apple では、検索者のインターネット接続の IP アドレスを地域と照合し、おおよその位置を割り出しています。

Spotlight の一部の機能 (Bing 検索など) にはインターネット接続が必要で、一部の地域ではご利用いただけません。 

関連情報

Spotlight など、OS X に搭載されている各種機能の使い方については、Mac の内蔵ヘルプを参照してください。Dock の Finder アイコンをクリックし、メニューバーから「ヘルプ」を選択し、Spotlight などのトピックを検索してください。

 

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: