Mac で省エネルギー設定を使う

スリープや Power Nap など、Mac で使える省エネルギー機能について説明します。

Mac をスリープ状態にする

Mac を使っていないときはスリープ状態にしておけば、節電になります。Mac がスリープ状態の間は、電源は入ったまま、電力消費が抑えられます。スリープからの解除には、システム終了した状態から起動するときよりも、時間がかかりません。

Mac をすぐにスリープモードにするには、以下のいずれかを実行します。

  • Apple () メニュー >「スリープ」の順に選択します。
  • Mac ノートブックコンピュータをお使いの場合は、内蔵ディスプレイを閉じます。
  • 「command (⌘)」キーとメディア取り出しキー (⏏) を同時に押します。*
  • コンピュータの電源ボタンをタップします。*

* これらの方法は、Touch ID 搭載モデルの MacBook Pro では使えません。

省エネルギーの設定を調整する

Mac をしばらく使わないままにすると、macOS が使われていない機能を自動的にオフに切り替えてくれます。コンピュータでタスクを実行する必要ができると、関連するコンポーネントへの電力供給が復活します。

エネルギー関連の設定は、システム環境設定の「省エネルギー」パネルで調整できます。

  1. Apple メニュー >「システム環境設定」を選択します。
  2. 「省エネルギー」をクリックします。

ディスプレイのスリープ

ディスプレイがスリープ状態になるまでの経過時間を指定しておけます。コンピュータで (音楽の再生などの) タスクを実行中で、作業内容を画面で確認する必要がない場合は、ディスプレイをオフにしておくと節電効果があります。

ディスプレイをスリープ状態にすると、内蔵ディスプレイや外付けのディスプレイにビデオ信号が送信されなくなります。Apple 製のディスプレイ/内蔵ディスプレイの場合、節電のために LCD のバックライトもオフになります。

ディスプレイがスリープ状態になると、画面が暗くなるかその電源が切れますが、Mac で動作中の App はそのまま作業を続けます。ディスプレイに電源ランプがある場合は、ランプが変化し、ディスプレイが低電力モードになっていることを知らせてくれます。ディスプレイのスリープを解除するには、マウスを動かしたり、トラックパッドを触ったり、またはキーボードのキーを押したりします。

可能な場合はハードディスクをスリープさせる

この設定を選択すると、ドライブに対するファイルの読み書きが行われていないときは、ハードドライブのモーターの電源が切られます。ソリッドステートドライブ (SSD) には可動部品がないので、この設定を選択しても、Mac コンピュータで SSD にのみデータを保管している場合は効果がありません。 

内蔵または外付けのドライブが SSD ではなく、ハードウェアに継続的にアクセスして読み書きできた方が作業効率が上がる App (プロ向けのオーディオ/ビデオ編集ソフトウェアなど) を使う場合は、このオプションの選択を解除してみてください。

ネットワークアクセスによるスリープ解除

共有プリンタや iTunes プレイリストなどの共有リソースにだれかがアクセスしてきたときに、コンピュータのスリープを自動的に解除する場合は、このオプションを選択してください。

この設定は、Ethernet など、ほかのコンピュータから有線で接続している場合に適用されます。適切に設定された AirMac ベースステーションをお使いの場合は、Wi-Fi 接続にも適用されます。タスクによっては、コンピュータが待機状態でもスリープモードにならない場合があります。

Power Nap をオンにする

Power Nap を利用すれば、Mac のスリープが時折解除され、新着メールやソフトウェアアップデートのチェックなどのタスクが実行されます。

Power Nap の間は、ディスプレイと、実行されるタスクに必要のないハードウェアの電源が切られるので、節電になります。タスクが終われば、節電のために Mac は自動的にスリープモードに戻ります。

こうしたタスクを実行するために Mac のスリープを自動解除しない場合は、このオプションの選択を解除しておきます。

その他のオプション

システム環境設定の「省エネルギー」には、お使いの Mac がデスクトップかノートブックかによって、ほかにもオプションが表示される場合があります。

iMac、Mac Pro、Mac mini

デスクトップの Mac をお使いの場合は、節電のため、コンピュータ、ディスプレイ、ハードディスクをいつスリープモードにするかを設定できます。

iMac と Mac Pro では、以下のオプションが表示されます。

Mac mini では、以下のオプションが表示されます。

ディスプレイをオフにする

一部の Mac デスクトップコンピュータでは、電力供給を最小限にした待機モードになるまでの時間を設定できます。この設定は、ディスプレイのスリープとは異なり、コンピュータのほかの部品も併せてスリープ状態になります。

このスライダを使ってコンピュータをスリープしないように設定した場合、コンピュータのディスプレイとその他の要素は完全に電力供給された状態のままになります。

停電後に自動的に起動

Mac デスクトップコンピュータを、AC 電源に接続できなくなった場合に自動的に再起動するように設定しておけます。たとえば、停電になったときや、AC 電源コードを誤って外してしまった場合など、電源に再接続されると、Mac が自動的に再起動します。

Mac の再起動後に前回と同じウインドウ、App、書類を再び開くようにしておけます。コンピュータを放置している間にタスクを実行するように設定する場合に役立つ機能です。

MacBook Pro、MacBook Air、MacBook

Mac ノートブックでは、コンピュータがバッテリー電源で動作しているときと、AC 電源で動作しているときとで、別々にオプションが用意されています。たとえば、AC 電源に接続されているときはスリープモードにしないように設定しておき、バッテリー電源で動作しているときは、バッテリー充電量がすぐに減らないように、短い間でも待機状態になるとスリープ状態になるように設定しておけます。

システム環境設定の「省エネルギー」パネルで、「バッテリー」タブまたは「電源アダプタ」タブを選択してください。

 

グラフィックスの自動切り替え

グラフィックスの自動切り替え」オプションは、グラフィックスチップを複数搭載している Mac ノートブックで表示されます。このオプションを選択すると、テキスト入力などのタスクには低電力のグラフィックスチップが使われ、ゲームをプレイする、ビデオを圧縮するなど、もっと負荷のかかるタスクについては、より性能の高い別のグラフィックスチップに自動的に切り替わります。

このオプションの選択を解除すると、常に高性能なグラフィックスが使われるので、エネルギー消費が進みます。

その他のスリープモード

一部の Mac コンピュータは、さらなる節電対策のため、長い間待機状態のまま放置すると特別なスリープモードになります。

スタンバイモード

内蔵の SSD から起動する Mac コンピュータ用として、macOS にはスタンバイモードというディープ・スリープ・モードが用意されています。

2013 年以降に製造された Mac コンピュータは、スリープモードになってから 3 時間が経過すると、スタンバイモードになります。それ以前のモデルは、スリープ状態が 1 時間続くとスタンバイモードになります。スタンバイ中は、セッションの状態がフラッシュストレージ (SSD) に保存されてから、RAM や USB バスなど、一部のハードウェアシステムへの電力供給が遮断されます。

スタンバイ状態だと、ノートブックコンピュータをバッテリー電源で使っている間のスリープ継続時間も長くなります。ノートブックのバッテリーが完全に充電されていれば、電源に接続しないまま最長で 30 日間ずっとスタンバイ状態のままでいられます。

セーフスリープ

macOS には、セーフスリープというディープ・スリープ・モードもあります。バッテリー残量が少なくなってきたときや、Mac が長時間待機状態のまま放置されたときは、セーフスリープになる場合があります。

セーフスリープでは、メモリの内容が起動ドライブにコピーされてから、コンピュータの電源が切れるので、作業内容を失うことなく、電源が切れる前の状態に戻ることができます。

Mac のセーフスリープを解除するには、電源ボタンを押します。Mac ノートブックをお使いで、バッテリー残量が少なくなっている場合は、まず、AC 電源に接続してください。 

コンピュータをセーフスリープから解除すると、進捗状況バーが表示されます。このバーが表示されている間は、メモリに前回保存された内容が起動ディスクから読み取られ、RAM に元通りにコピー中です。

Mac のスリープを解除する

Mac をこれらのスリープモードから解除するには、以下のいずれかを実行してください。

  • コンピュータの電源ボタンをタップします。
  • マウスまたはトラックパッドをクリックします。 
  • Mac ノートブックの蓋を開けます。 
  • 接続されているキーボードのキーを押します。

Mac の共有機能を使っている場合は、同様のサービスを使っているほかのコンピュータから Wake On Demand でコンピュータのスリープを解除できます。

関連情報

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日:Tue Apr 18 20:30:08 GMT 2017