Mac を売却、譲渡、下取りに出す前にやっておくべきこと

まずはデータをバックアップし、それから一部の機能やサービスを無効にして Mac を消去し、macOS を再インストールして、工場出荷時の設定に復元しておきましょう。

新しい Mac に移行する場合は、以下の手順を実行する前に、移行アシスタントを使って古い Mac から新しい Mac にファイルを移動しておくとよいでしょう。

バックアップを作成する

重要なファイルは必ず最新のバックアップを作成しておきましょう。Mac のバックアップ方法については、こちらを参照してください。

macOS Mojave 以前で iTunes からサインアウトする

macOS Mojave 以前をお使いの場合は、iTunes を開きます。画面の上部または iTunes ウインドウの上部にあるメニューバーから、「アカウント」>「認証」>「このコンピュータの認証を解除」の順に選択します。Apple ID とパスワードを入力し、「認証を解除」をクリックします。

iTunes アカウントで使っているコンピュータの認証解除について詳しくは、こちらの記事を参照してください。

 

iCloud からサインアウトする

macOS Catalina 以降をお使いの場合は、Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「Apple ID」をクリックします。サイドバーで「概要」を選択し、「サインアウト」をクリックします。

macOS Mojave 以前をお使いの場合は、Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「iCloud」をクリックしてから「サインアウト」をクリックします。

iCloud データのコピーを Mac に残しておくかどうかを確認するメッセージが表示されます。この後で Mac を消去するので、「コピーを残す」をクリックしておきましょう。iCloud のデータは、iCloud 上と、Apple ID で iCloud にサインインしているほかのデバイス上に残ります。

 

iMessage からサインアウトする

OS X Mountain Lion 以降をお使いの場合は、メッセージ App を開いて、メニューバーから「メッセージ」>「環境設定」の順に選択します。「iMessage」をクリックし、「サインアウト」をクリックします。

  

NVRAM をリセットする

Mac をシステム終了してから、電源を入れ、すぐに「option」「command」「P」「R」の 4 つのキーを同時に押し、20 秒ほど押し続けてからキーを放します。メモリからユーザ設定が消去され、変更されていた可能性がある一部のセキュリティ機能が復元されます。

NVRAM または PRAM のリセットについて詳しくは、こちらの記事を参照してください。

  

(オプション) 今後も使う Bluetooth デバイスのペアリングを解除する

Mac に Bluetooth 対応のキーボード、マウス、トラックパッド、その他の Bluetooth デバイスがペアリングされていて、今後も使うつもりの場合は、ペアリングを解除しておきましょう。この手順は必須ではありませんが、済ませておけば、Mac とデバイスの持ち主が変わった後でお互いが Bluetooth の通信範囲内に入ってしまっても、誤入力が起きる事態を防げます。

iMac、Mac mini、Mac Pro などのデスクトップコンピュータから Bluetooth 入力デバイスのペアリングを解除する場合は、USB 対応のキーボードやマウスをつないで、この記事の残りの手順を実行してください。

Bluetooth デバイスのペアリングを解除するには、Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「Bluetooth」をクリックします。ペアリングを解除するデバイスの上にポインタを置いて、デバイス名の横に表示される削除 (x) ボタンをクリックします。

   

ハードドライブを消去して macOS を再インストールする

Mac を工場出荷時の設定に復元する一番の方法は、ハードドライブを消去して macOS を再インストールすることです。 

macOS のインストールが終わったら、Mac が再起動して設定アシスタントが表示され、国/地域を選択するように案内されます。Mac を工場出荷時の状態のままにしておく場合は、設定を続けず、そのままにしておきます。この場合は、「command + Q」キーを押して、Mac をシステム終了します。新しい持ち主が Mac の電源を入れると、設定アシスタントが設定プロセスを案内してくれます。
   


モデルやその状態は問いません。使い終わったデバイスを、自分にとっても、地球にとっても良いものに変えませんか。Apple Trade In で Mac を下取りに出す方法やリサイクルする方法については、こちらをご覧ください。

公開日: