macOS Sierra: どこでも My Mac を使用して画面を共有する

どこでも My Mac を使用して画面を共有する

iCloud アカウントをお持ちで、複数のコンピュータをインターネットに接続している場合は、あるコンピュータの画面をほかのコンピュータと共有できます。

たとえば自宅の Mac をインターネットに接続している場合は、仕事で使用する Mac でその Mac の画面を共有できます。その Mac を制御したり、ファイルやフォルダを移動したり、アプリケーションを開いたり閉じたり、コンピュータを再起動したりすることもできます。

どこでも My Mac を設定する

画面を共有したい各コンピュータで、以下の手順を実行します。

  1. アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「共有」をクリックします。

  2. 「画面共有」または「リモートマネージメント」を選択します。

  3. 「アクセスを許可」の横で、「すべてのユーザ」または「次のユーザのみ」を選択します。リストに含まれるユーザだけに画面へのアクセスを許可する場合は、「追加」ボタン(および「削除」ボタン(をクリックしてリストを編集します。

  4. 「表示」>「iCloud」と選択して「iCloud」環境設定を開きます。

  5. まだ iCloud にサインインしていない場合は、iCloud で使用する Apple ID を入力してから、「サインイン」をクリックします。

  6. サインイン後に右側に表示される iCloud 機能のリストから、「どこでも My Mac」を選択します。

「どこでも My Mac」を使った画面共有を停止するには、「iCloud」環境設定を開いて、「どこでも My Mac」の選択を解除します。

リモートの Mac に接続する

  1. リモートコンピュータを Finder のサイドバーに表示するには、「Finder」>「環境設定」と選択し、「サイドバー」をクリックして、「共有」セクションの「どこでも My Mac」を選択します。

  2. Finder ウインドウを開くサイドバーの「共有」セクションに共有コンピュータが表示されない場合は、「共有」という単語にポインタを置いて、「表示」をクリックします。

  3. リモートの Mac をクリックし、次に「画面を共有」をクリックします。

    目的の Mac が表示されない場合は、「すべて」をクリックして使用可能なすべてのコンピュータを表示し、画面を共有するコンピュータを選択してから、「画面を共有」をクリックします。お使いのコンピュータと同じ Apple ID を使用して iCloud にサインインしていて、「どこでも My Mac」を使用しているすべてのコンピュータが、リストの上部に表示されます。

「どこでも My Mac」でサービスを共有するには、NAT-PMP(NAT ポート・マッピング・プロトコル)または UPnP(ユニバーサル・プラグ・アンド・プレイ)に対応しているルーターが必要です。NAT-PMP または UPnP をサポートしているかどうかを確認するには、ルーターに付属のマニュアルを参照してください。

公開日: 2017/04/30
役に立ちましたか?