macOS High Sierra

macOS のポインタ

macOS には、マウスやトラックパッドを使用すると動くいくつかのスタイルのポインタが用意されています。

ポインタ

名前

目的

矢印カーソル

矢印

これは、おそらく表示されることの最も多いポインタです。項目をポイントして選択したり、スクロールバーを動かしたり、ウインドウのサイズを変更したりします。

画面上でポインタを見失った場合は、トラックパッド上で指をさっと動かすか、マウスをさっと動かしてください。少しの間ポインタが大きくなるため、見つけることができます。この機能を切にするには、「アクセシビリティ」環境設定の「ディスプレイ」パネルで「マウスポインタをシェイクして見つける」を選択解除します。

パネルを開くには、アップルメニュー>「システム環境設定」と選択して「アクセシビリティ」をクリックし、「ディスプレイ」をクリックします。

「ディスプレイ」パネルを開く

項目消去(「消える」)カーソル

消える

ドラッグしている項目がボタンを放すと消去されることを示します。項目がエイリアスの場合、そのオリジナルは削除されません。

コピー矢印カーソル

コピー

Option キーを押したままファイルやフォルダをクリックすると表示されます。項目をドラッグすると、項目を移動せずに新しい場所にコピーが作成されることを示します。

曲がった矢印

エイリアス

Option キーと Command キーを押したまま項目をクリックすると表示されます。項目をドラッグすると、項目のエイリアスが作成されることを示します。

I 型カーソル

I ビーム

テキストを選択したり挿入したりするときに表示されます。

十字形カーソル

十字形

イメージで矩形領域を選択するときに表示されます。

指差しカーソル

指差し

Web ページや書類などへのリンクにマウスポインタが重なると表示されます。

開いた手のカーソル

開いた手

スプレッドシートのセル内のテキストや、書類内の表の行のように、特定の境界内で移動および調整できる項目にマウスポインタが重なると表示されます。

握った手のカーソル

握った手

スプレッドシートのセル内のテキストや、書類内の表の行のように、特定の境界内で項目を移動および調整しているときに表示されます。

左にサイズ変更カーソル

左に移動する

サイドバー、ツールバー、ウインドウなどの場所を左に移動およびサイズ変更できることを示します。

右にサイズ変更カーソル

右に移動する

サイドバー、ツールバー、ウインドウなどの場所を右に移動およびサイズ変更できることを示します。

左右にサイズ変更カーソル

左右に移動する

サイドバー、ツールバー、ウインドウなどの場所を左右に移動およびサイズ変更できることを示します。

上にサイズ変更カーソル

上に移動する

サイドバー、ツールバー、ウインドウなどの場所を上に移動およびサイズ変更できることを示します。

下にサイズ変更カーソル

下に移動する

サイドバー、ツールバー、ウインドウなどの場所を下に移動およびサイズ変更できることを示します。

上下にサイズ変更カーソル

上下に移動する

サイドバー、ツールバー、ウインドウなどの場所を上下に移動およびサイズ変更できることを示します。

スクリーンショット範囲選択用の十字形カーソル

スクリーンショット範囲選択用の十字形

スクリーンショットに含めたい範囲をドラッグして選択できることを示します。

ウインドウスクリーンショット用のカメラカーソル

ウインドウとメニューのスクリーンショット用のカメラ

ウインドウ全体またはメニューのコマンドのスクリーンショットを撮影することを示します。

アクセス禁止カーソル

禁止

ドラッグしている項目を現在の場所に置けないことを示します。

待機(回転する円盤)カーソル

項目を読み込み中

項目の読み込み中に表示されます。ポインタをほかの場所に動かすことは可能です。

待機(回転する円盤)カーソル

待機カーソル

数秒よりも長い待機時間が発生するときに表示されます。