OS X:キーボードショートカット

キーボードショートカットは、お使いのキーボード上でキーの組み合わせを同時に押すことで Mac の機能を呼び出す操作です。

キーボードショートカットの使い方

キーボードショートカットを使うには、修飾キーと文字キーを同時に押します。たとえば、現在選択されている範囲をクリップボードに貼り付けるには、「command」キー (「⌘」と刻印されているキー) を押してから「C」キーを押します。この操作は、「command + C」キーボードショートカットとも呼ばれます。アプリケーションのメニューで、さまざまなショートカットが割り当てられているキーの組み合わせを確認できます。

修飾キーは、多数のキーボードショートカットで使われます。修飾キーを併用すると、OS X でのほかのキー入力やマウス/トラックパッドのクリックの解釈が変化します。修飾キーには、「command」「shift」「option」「control」「caps lock」「fn」の各キーがあります。これらのキーは、メニューや OS X のほかの個所では次のような特殊な記号で表されます。

「command」キー
「control」キー
「option」キー
「shift」キー
「caps lock」キー
fn ファンクションキー

 

「fn」キーをキーボードの一番上の列のキーと一緒に使うと、そのキーを単体で押した場合とは違う操作が実行されます。たとえば、キーボードショートカットが「control + F2」の場合、キーボードの「fn + control + 輝度」キーを押します。キーボードの一番上の輝度キーをよく見ると、「F2」の記号が刻印されています。つまり、このキーは、キーボードで「fn」キーを押しながら押すと、ファンクションキー (F2 またはファンクション 2) として機能します。

Windows キーのある Apple 製以外のキーボードをお使いの場合は、「Alt」キーが「option」キーと同じ役割を、Windows キーが「command」キーと同じ役割を果たします。システム環境設定の「キーボード」パネルで、これらのキーの動作を変更できます。

カット、コピー、ペースト

たいていの App では、以下のショートカットを使って、テキスト、写真、ミュージックなどを選択してカット、コピー、またはペーストできます。Finder のファイルをコピーして、新しい場所にペーストすることもできます。

キーコンビネーション 処理内容
command + C 選択したデータをクリップボードにコピー
command + X 選択内容を削除して、そのコピーをクリップボードに保存
command + V クリップボードの内容を、現在の書類または App にコピー (ペースト)

スクリーンショットの撮影

以下のショートカットを使って、画面上に表示されているものの写真を撮ります。「ユーティリティ」フォルダ内にあるグラブアプリケーションを使ってスクリーンショットを撮ることもできます。

キーコンビネーション 処理内容
command + shift + 3 画面をファイルに取り込む
command + shift + control + 3 画面をクリップボードに取り込む
command + shift + 4 画面の選択内容をファイルに取り込む、またはスペースバーを押して 1 つのウインドウのみを取り込む
command + shift + control + 4 画面の選択内容をクリップボードに取り込む、またはスペースバーを押して 1 つのウインドウのみを取り込む

起動に関するショートカット

以下のキーコンビネーションを使って、コンピュータの起動方法を変更します。Mac が起動した直後に、割り当てられている機能が実行 (表示) されるまで、該当のキーまたはキーコンビネーションを押したままにします。たとえば、起動中に Startup Manager が表示されるまで「option」キーを押し続けます。

注意:Apple 以外のメーカー製のキーボードをお使いの場合は、通常は「Alt」キーが「option」キーと同じ働きをします。この修飾キーが機能しない場合は、代わりに Apple 製キーボードを使ってみてください。

キーまたはキーコンビネーション 処理内容
option または Alt すべての起動ボリュームを表示 (Startup Manager)
shift セーフモード で起動
C 起動可能なメディア (DVD、CD、USB ドライブ) から起動
T ターゲットディスクモードで起動
N NetBoot サーバから起動
X OS X の強制起動 (OS X 以外の起動ボリュームがある場合)
D Apple Hardware Test を使用
command + R OS X 復元 を使用 (OS X Lion 以降)
command + option + R 対応するコンピュータでインターネット復元を使う
command + V verbose モード で起動
command + S シングルユーザモード で起動
command + option + P + R NVRAM をリセットする
メディア取り出し (⏏) キー、「F12」キー、またはマウス/トラックパッドのボタンを押したままにする リムーバブルディスクを取り出す

スリープ、システム終了、ログアウトに関するショートカット

Mac の起動後に以下のキーコンビネーションを使って、コンピュータをスリープ、システム終了、ログアウト、または再起動します。

キーまたはキーコンビネーション 処理内容
電源ボタン タップして電源を入れる。電源が入った状態では、電源ボタンを押して Mac をスリープ解除/スリープ状態にする。
電源ボタンを 1.5 秒間押し続ける 再起動/スリープ/システム終了のダイアログを表示
電源ボタンを 5 秒間押し続ける Mac の電源を強制的に切る
control + 電源ボタン

再起動/スリープ/システム終了のダイアログを表示
command + control + 電源ボタン Mac を強制的に再起動

command + option + 電源ボタン

スリープモードにする
command + control + 電源ボタン
(開いた状態の書類に対する変更を保存するよう求めた後に) すべての App を終了して、コンピュータを再起動

command + option + control + 電源ボタン

(開いた状態の書類に対する変更を保存するよう求めた後に) すべての App を終了して、システム終了
shift + control + 電源ボタン
すべてのディスプレイをスリープ状態にする
command + shift + Q ログアウト
command + shift + option + Q すぐにログアウト

App のショートカット

以下のキーボードショートカットは、ほとんどのアプリケーションで機能します。

キーコンビネーション 処理内容
command + A 最前面のウインドウにあるすべての項目またはテキストを選択
command + Z 前のコマンドを取り消す (アプリケーションによっては複数回の取り消しが可能)
command + shift + Z 直前に取り消した変更内容をやり直す (元に戻す) (アプリケーションによっては複数回のやり直しが可能)
command + スペースバー Spotlight 検索フィールドを表示/隠す
(複数の言語が同時に使用されている場合は、有効な入力方式が順番に表示されます。)
command + option + スペースバー Spotlight 検索結果ウインドウを表示 (複数の言語がインストールされている場合は、キーボードレイアウトと入力方式が順番に表示されます。)
command + tab 開いている App のリスト (最近使った順番に表示されている) 内を順方向に移動
option + メディア取り出し (⏏) セカンダリ光学式メディアドライブ (取り付けられている場合) からの取り出し
command + 輝度を下げる (F1) 複数モニタの構成時に「ディスプレイをミラーリング」を切り替える
command + 輝度を上げる (F2) ターゲットディスプレイモードを切り替える
command + Mission Control (F3) デスクトップを表示
command + F5 VoiceOver のオン/オフの切り替え
option + 輝度を上げる (F2) システム環境設定の「ディスプレイ」パネルを開く
option + Mission Control (F3) システム環境設定の「Mission Control」パネルを開く
option + 音量を上げる (F12) システム環境設定の「サウンド」パネルを開く
command + マイナス (–) 選択した項目のサイズを縮小
command + コロン (:) 「スペルと文法」ウインドウを表示
command + セミコロン (;) 書類内でスペルに誤りのある単語を検索
command + コンマ (,) 前面に表示されている App の環境設定ウインドウを開く
command + クエスチョンマーク (?) 「ヘルプ」メニューを開く
command + プラス (+)
または command + shift + イコール (=)
選択した項目のサイズを拡大
command + option + D Dock を表示/隠す
command + control + D 選択した単語の定義を表示/非表示
command + D 「開く」ダイアログと「保存」ダイアログで「デスクトップ」フォルダを選択
command + delete 「削除」または「保存しない」ボタンのあるダイアログで「保存しない」を選択
command + E 選択している語句を検索
command + F 検索ウインドウを開く、または書類内でテキストを検索
command + option + F 検索フィールドのコントロールに移動
command + G 選択している語句の次の出現個所を検索
command + shift + G 選択している語句の前の出現個所を検索
command + H 現在実行している App のウインドウを隠す
command + option + H その他すべての実行中の App のウインドウを隠す
command + option + I インスペクタウインドウを表示
command + M アクティブなウインドウを最小化して Dock にしまう
command + option + M アクティブな App のすべてのウインドウを最小化して Dock にしまう
command + N 最前面の App で新しい書類を作成
command + O 最前面の App で開く書類を選択するダイアログを表示
command + P 現在開いている書類をプリント
command + shift + P 書類パラメータを指定する (ページ設定) ウインドウを表示
command + Q 最前面の App を終了
command + S アクティブな書類を保存
command + shift + S 「別名で保存」ダイアログを表示、または現在の書類を複製
command + option + T ツールバーを表示/隠す
command + W 最前面のウインドウを閉じる
command + option + W 現在の App ですべてのウインドウを閉じる
command + Z 前のコマンドを取り消す (アプリケーションによっては複数回の取り消しが可能)
command + shift + Z 直前に取り消した変更内容をやり直す (元に戻す) (アプリケーションによっては複数回のやり直しが可能)
command + option + esc App を強制終了
command + shift + option + esc (3 秒間押し続ける) 最前面の App を強制終了

テキストの操作

フィールドまたは書類キストを編集するには、以下のキーコンビネーションを使います。

キーコンビネーション 処理内容
command + B 選択したテキストを太字にする、または太字属性のオン/オフを切り替える
command + I 選択したテキストを斜体にする、または斜体属性のオン/オフを切り替える
command + U 選択されたテキストに下線を引く、または下線属性のオン/オフを切り替える
command + T 「フォント」ウインドウを表示/非表示
fn + delete カーソルの右側の文字を削除 (ポータブル Mac の内蔵キーボード)
fn + 上矢印キー 上に 1 ページスクロールする (「page up」キーと同じ)
fn + 下矢印キー 下に 1 ページスクロールする (「page down」キーと同じ)
fn + 左矢印キー 書類の先頭にスクロールする (「home」キーと同じ)
fn + 右矢印キー 書類の末尾にスクロールする (「end」キーと同じ)
command + 右矢印キー テキスト挿入ポイントを現在の行の末尾に移動
command + 左矢印キー テキスト挿入ポイントを現在の行の先頭に移動
command + 下矢印キー テキスト挿入ポイントを現在のドキュメントの末尾に移動
command + 上矢印キー テキスト挿入ポイントを現在のドキュメントの先頭に移動
option + 右矢印キー テキスト挿入ポイントを次の単語の末尾に移動
option + 左矢印キー テキスト挿入ポイントを前の単語の先頭に移動
option + delete カーソルの左側の 1 単語とその後ろのスペースや句読点を削除

command + shift + 右矢印キー

挿入ポイントから、現在の行の末尾までの範囲のテキストを選択 (*)
command + shift + 左矢印キー 挿入ポイントから、現在の行の先頭までの範囲のテキストを選択 (*)
command + shift + 上矢印キー 挿入ポイントから、書類の先頭までの範囲のテキストを選択 (*)
command + shift + 下矢印キー 挿入ポイントから、書類の末尾までの範囲のテキストを選択 (*)
shift + 左矢印キー 選択したテキスト範囲を 1 文字分左に拡張 (*)
shift + 右矢印キー 選択したテキスト範囲を 1 文字分右に拡張 (*)
shift + 上矢印キー 選択したテキスト範囲を、上の行の、同じ水平位置にもっとも近い文字境界まで拡張
shift + 下矢印キー 選択したテキスト範囲を、下の行の、同じ水平位置にもっとも近い文字境界まで拡張
shift + option + 右矢印キー 選択したテキスト範囲を、現在の単語の末尾まで拡張し、もう一度押すと次の単語の末尾まで拡張 (*)
shift + option + 左矢印キー 選択したテキスト範囲を、現在の単語の先頭まで拡張し、もう一度押すと次の単語の先頭まで拡張 (*)
shift + option + 下矢印キー 選択したテキスト範囲を、現在の段落の末尾まで拡張し、もう一度押すと次の段落の末尾まで拡張 (*)
shift + option + 上矢印キー 選択したテキスト範囲を、現在の段落の先頭まで拡張し、もう一度押すと次の段落の先頭まで拡張 (*)
control + A 現在の行または段落の先頭に移動
control + B 1 文字戻る
control + D カーソルの右側の文字を削除
control + E 行または段落の先頭に移動
control + F 1 文字進む
control + H カーソルの左側の文字を削除
control + K カーソルの右側の文字から行または段落の末尾までを削除
control + L カーソルまたは選択範囲を表示領域の中央にする
control + N 1 行下に移動
control + O カーソルの後ろに 1 行挿入
control + P 1 行上に移動
control + T カーソルの左側の文字と右側の文字を置換
control + V 下に移動 
command + { 選択した範囲を左揃え
command + } 選択した範囲を右揃え
command + | 選択した範囲を中央揃え
command + option + C 選択した項目の書式設定をコピーしてクリップボードに保存
command + option + V あるオブジェクトのスタイルを、選択したオブジェクトに適用 (「スタイルをペースト」コマンド)
command + shift + option + V 周囲のテキストのスタイルを、挿入したオブジェクトに適用 (「ペーストしてスタイルを合わせる」コマンド)
command + control + V 選択したオブジェクトに書式設定を適用 (「ルーラをペースト」コマンド)

アクセシビリティ

以下のキーボードショートカットを使って、お使いの Mac をキーボードや補助装置でコントロールすることができます。一部のショートカットは、システム環境設定の「キーボード」パネルまたは「アクセシビリティ」パネルで有効にする必要があります。

アクセシビリティおよび VoiceOver のキーボードコマンド

キーコンビネーション 処理内容
command + option + F5 アクセシビリティオプションの表示
command + F5 または fn + command + F5 VoiceOver のオン/オフを切り替える
option + control + F8 または fn + option + control + F8 VoiceOver ユーティリティを開く (VoiceOver がオンの場合)
command + option + 8 ズーム機能のオン/オフを切り替える
command + option + プラス (+) 拡大
command + option + マイナス (–) 縮小
command + option + control + 8 ディスプレイの色を反転させる/元に戻す
command + option + control + コンマ (,) コントラストを下げる
command + option + control + ピリオド (.) コントラストを上げる

注意:場合によっては、システム環境設定の「キーボード」パネルで「F1、F2 などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」を選択しておかないと、VoiceOver メニューおよびユーティリティが正常に動作しないことがあります。

 

フルキーボードアクセス

フルキーボードアクセスでは、キーボードを使って画面上のアイテムを操作できます。下記のショートカットを使って、テキストフィールドやスライダなどのコントロールを選択して調整します。この設定を切り替えるには、「control + F7」キーを押すか、またはシステム環境設定の「キーボード」パネルの「ショートカット」タブで「フルキーボードアクセス」の範囲を選択します。 

キーコンビネーション 処理内容
tab 次のコントロールに移動
shift + tab 前のコントロールに移動
control + tab テキストフィールドが選択されているときに、次のコントロールに移動
shift + control + tab 前のコントロールグループにフォーカスを移動
矢印キー

リスト、タブグループ、またはメニュー内の隣接するアイテムに移動 または
スライダやアジャスタを動かす (上下の矢印を使って値を増減)

control + 矢印キー テキストフィールドに隣接するコントロールに移動
スペースバー ハイライト表示されたメニューアイテムを選択
return または enter デフォルトのボタンを押す、またはデフォルトの操作を実行
esc 「キャンセル」ボタンをクリック または
アイテムを選択せずにメニューを閉じる
shift + control + F6 前のパネルにフォーカスを移動
control + F7 現在のキーボードアクセスモードをウインドウおよびダイアログで一時的に無効にする
control + F8 メニューバー内のステータスメニューに移動
command + アクセント (`) 最前面の App で開かれている次のウインドウをアクティブ化
command + shift + アクセント (`) 最前面の App で開かれている前のウインドウをアクティブ化
command + option + アクセント (`) ウインドウドロアーにフォーカスを移動

マウスやトラックパッドを使わずにメニューバーのメニューを操作することができます。メニューバーにフォーカスを置くには、「control + F2」(ポータブルのキーボードでは「fn + control + F2」) を押します。次に下記のキーコンビネーションを使います。

キーコンビネーション 処理内容
左矢印と右矢印 メニュー間を移動
return 選択したメニューを開く
上矢印と下矢印 選択したメニュー内でメニューアイテム間を移動
メニューアイテムの名前を入力 選択したメニュー内のメニューアイテムにジャンプ
return メニューアイテムを選択

 

アクセシビリティ - マウスキー

システム環境設定の「アクセシビリティ」パネルでマウスキーが有効になっている場合は、キーボードまたはテンキーを使ってマウスのポインタを移動できます。

キーコンビネーション 処理内容
8 またはテンキーの 8 上に移動
K またはテンキーの 2 下に移動
U またはテンキーの 4 左に移動
O またはテンキーの 6 右に移動
J またはテンキーの 1 左斜め下に移動
L またはテンキーの 3 右斜め下に移動
7 またはテンキーの 7 左斜め上に移動
9 またはテンキーの 9 右斜め上に移動
I またはテンキーの 5 マウスボタンを押す
M またはテンキーの 0 マウスボタンを押したままにする
. (ピリオドキー) マウスボタンを放す

Finder のショートカット

キーコンビネーション 処理内容
command + A 最前面のウインドウにあるすべてのファイルを選択
command + option + A すべての項目の選択を解除
command + C 選択したファイルをコピー (その後、ファイルの「ペースト」または「移動」を行う)
command + D 選択したファイルを複製
command + E 取り出し
command + F Spotlight で、一致する属性を検索
command + I 選択したファイルの「情報を見る」ウインドウを表示
command + shift + C 「コンピュータ」ウインドウを開く
command + shift + D デスクトップフォルダを開く
command + shift + F 「マイファイル」ウインドウを表示
command + shift + G フォルダに移動
command + shift + H 現在ログインしているユーザアカウントの「ホーム」フォルダを開く
command + shift + I iCloud Drive を開く
command + shift + K 「ネットワーク」ウインドウを開く
command + shift + L 「ダウンロード」フォルダを開く
command + shift + O 「書類」フォルダを開く
command + shift + R 「AirDrop」ウインドウを開く
command + shift + U 「ユーティリティ」フォルダを開く
command + control + T サイドバーに追加 (OS X Mavericks)
command + option + I 「インスペクタ」ウインドウを表示/隠す
command + control + I 概要情報を見る
command + option + P パスバーを隠す/表示
command + option + S サイドバーを隠す/表示
command + スラッシュ (/) ステータスバーを隠す/表示
command + J 表示オプションを表示
command + K サーバへ接続
command + L 選択した項目のエイリアスを作成
command + N 新規 Finder ウインドウ
command + shift + N 新規フォルダ
command + option + N 新規スマートフォルダ
command + O 選択した項目を開く
command + R (エイリアスの) オリジナルを表示
command + T 現在の Finder ウインドウに 1 つのタブが開いているときにタブバーを表示/隠す
command + shift + T Finder タブを表示/隠す 
command + option + T 現在の Finder ウインドウに 1 つのタブが開いているときにツールバーを隠す/表示
command + V クリップボードに配置したファイルのコピーを現在の場所にペースト
command + option + V クリップボードに配置したファイルを、元の場所から現在の場所に移動
command + option + Y 選択したファイルの「クイックルック」スライドショーを表示
command + 1 アイコンで表示
command + 2 リストで表示
command + 3 カラムで表示
command + 4 Cover Flow で表示 (Mac OS X v10.5 以降)
command + コンマ (,) Finder の環境設定を開く
command + 左ブラケット ([) 前のフォルダに移動
command + 右ブラケット (]) 次のフォルダに移動
command + 上矢印キー 現在のフォルダを含むフォルダを開く
command + control + 上矢印キー 現在のフォルダを含むフォルダを新規ウインドウで開く
command + 下矢印キー ハイライトされている項目を開く
右矢印 (リスト表示時) 選択したフォルダを開く
左矢印 (リスト表示時) 選択したフォルダを閉じる
option + 詳細表示三角形をクリック (リスト表示時) 選択したフォルダ内のすべてのフォルダを開く
option + ダブルクリック フォルダを新しいウインドウで開き、現在のウインドウを閉じる
command + ダブルクリック フォルダを別のタブまたはウインドウで開く
command + ウインドウタイトルをクリック 現在のウインドウを含むフォルダを見る
command + delete ゴミ箱に入れる
command + shift + delete ゴミ箱を空にする
command + shift + option + delete 確認ダイアログなしでゴミ箱を空にする
スペースバー (または command + Y) 選択したファイルのクイックルック
command + ドラッグ 項目をドラッグして別のボリュームまたは場所に移動
(キーを押している間、ポインタの形が変化します。)
option + ドラッグ ドラッグした項目をコピー
(キーを押している間、ポインタの形が変化します。)
command + option + ドラッグ ドラッグした項目のエイリアスを作成
(キーを押している間、ポインタの形が変化します。)

関連情報

OS X のこの機能の詳細については、ヘルプメニューで「キーボードショートカット」を検索してください。キーボードショートカットの詳細については、次の記事も参照してください。

最終更新日:
役に立ちましたか?
80% の人が役に立ったと言っています。

その他の製品サポート情報

ディスカッションを開始

Apple サポートコミュニティ
この記事に関する質問をすべて見る 自分が投稿した質問をすべて見る
日本 (日本語)