macOS High Sierra

書類を PDF として保存する

書類を PDF(Portable Document Format)で保存することで、ほかの人と書類を共有することができます。書類を作成したアプリケーションがなくても、「プレビュー」や「Adobe Acrobat」などの PDF ビューアがあれば、その書類を読むことができます。

  1. PDF として保存したい書類を開きます。

  2. 「ファイル」>「プリント」と選択します。

  3. 「PDF」ポップアップメニューをクリックして、「PDF として保存」を選択します。

    「PDF」ポップアップメニューをクリックして、「PDF として保存」を選択します。
  4. PDF ファイルの名前と場所を選択します。「タイトル」、「作成者」、「件名」、「キーワード」フィールドに必要な情報を入力します。

    これらのフィールドの内容は、後で Spotlight を使って検索できます。

  5. 書類をパスワードで保護するには、「セキュリティオプション」をクリックします。

    書類を開いたり、書類からコピーしたり、書類をプリントしたりするためのパスワードを要求できます。

ヒント:オンラインの購入が完了し、Web ページに購入証明としてレシートが表示されている場合、そのレシートをプリントするのではなく PDF として保存できます。「PDF」ポップアップメニューを開き、「PDF を“Web 受信”フォルダに保存」を選択します。レシートの PDF が「書類」フォルダの中の「Web 受信」フォルダに保存されます。