外付けの Mac 起動ディスクを設定して使う方法

Mac オペレーティングシステムを外付けのハードドライブ、サムドライブ、その他のストレージデバイスにインストールする場合、Mac を内蔵の起動ディスクではなく、その外付けデバイスから起動できます。

ストレージデバイスが適切にフォーマットされているか確かめる

快適に使えるように、外付けのハードドライブ、サムドライブ、SDHC または SDXC カード、その他のストレージデバイスは、FAT、ExFAT、NTFS ではなく、「Mac OS 拡張」でフォーマットしてください。また、起動ディスクとして動作させるには、GUID パーティションマップを使う必要があります。以下の方法で調べてください。

  1. 外付けのストレージデバイスを Mac に接続します。
  2. Apple メニュー () >「この Mac について」を選択し、「システムレポート」ボタンをクリックします。または、「option」キーを押しながら Apple メニュー >「システム情報」の順に選択します。
  3. サイドバーから「ストレージ」を選択し、ボリュームのリストから目的のストレージデバイスを選択します。該当するストレージデバイスについて表示されている「パーティションマップのタイプ」が「GPT (GUID パーティションテーブル)」になっていることを確認してください。

ストレージデバイスが GUID パーティションマップを使っていない場合は、ディスクユーティリティを使って、以下の手順で作成できます。以下の手順を実行すると、デバイスに保管されているデータがすべて削除されます。

  • OS X El Capitan 以降をお使いの場合は、ディスクユーティリティで外付けのストレージデバイスを選択します (ディスク名の下に表示されるボリューム名ではなく、ディスク名の方を選択してください)。「消去」をクリックし、GUID パーティションマップ方式と Mac OS 拡張フォーマットを選択した上で、消去します。
  • OS X Yosemite 以前をお使いの場合は、ディスクユーティリティで外付けのストレージデバイスを選択します (ディスク名の下に表示されるボリューム名ではなく、ディスク名の方を選択してください)。「パーティション」タブをクリックし、パーティションを選択してから「オプション」ボタンをクリックします。「GUID パーティション」テーブルを選択した上で、パーティションを作成します。

ストレージデバイスに macOS をインストールする

こちらの記事の手順にそって macOS を再インストールしますが、インストール先のディスクを選択する画面では、外付けのストレージデバイスを選択します。ストレージに少なくとも 8 GB の空き容量が必要です。

Mac の起動に使えるバージョンの macOS がインストールされます。別の Mac でも、その Mac に付属していたバージョン、またはそれより新しい互換性のあるバージョンの macOS であれば起動できます。

起動ディスクを選択してそこから起動する

適切にフォーマットしたストレージデバイスにオペレーティングシステムをインストールした後で、以下のいずれかの方法で、そのデバイスを Mac の起動ディスクとして使うことができます。 

システム環境設定の「起動ディスク」を使う

システム環境設定の「起動ディスク」を使って起動ディスクを選択すると、別のディスクを選択するまでは、そのディスクから Mac が起動するようになります。

  1. Apple メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「起動ディスク」をクリックします。
  2. 起動ディスクを選択し、Mac を再起動します。

Startup Manager を使う

Startup Manager を使って起動ディスクを選択した場合、Mac はそのディスクから一度起動し、その後は再びシステム環境設定の「起動ディスク」で選択されているディスクを使うようになります。

  1. Mac の電源を入れた直後または Mac を再起動した直後に「option」キーを押し続けます。
  2. Startup Manager のウインドウが表示されたら「option」キーを放します。
  3. 起動ディスクを選択してから、矢印ボタンまたは「return」キーを押します。 


起動ディスクを選択できない場合や起動ディスクから起動できない場合

他社製の外付けデバイスの中には、オプション ROM のファームウェアを使うものがあります。システムのセキュリティを強化するため、最新のソフトウェアを搭載した Mac は、オプション ROM のファームウェアを自動的には読み込みません。そのため、オプション ROM のファームウェアを使うデバイスは、Startup Manager ウインドウで「option + shift + command + . (ピリオド)」キーを押してそのファームウェアを読み込むまで、Mac で認識されません。そのデバイスから起動する際、またはそのデバイスに接続された起動ディスクから起動する際は毎回、この作業を行ってください。

Early 2015 (以降の) モデルの Mac をお使いの場合は、このセキュリティ機能を無効にして、オプション ROM のファームウェアを自動的に Mac に読み込むことができます。その場合、Mac に物理的にアクセス可能な第三者による不正アクセス対策となる重要な保護機能が解除されます。

  1. ターミナル App を開きます (「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダにあります)。 
  2. sudo nvram enable-legacy-orom-behavior=1」と入力し、「return」キーを押します。
    このコマンドを取り消すには、「sudo nvram -d enable-legacy-orom-behavior」と入力します。

関連情報

  • 外付けのストレージデバイスが内蔵の起動ディスクよりも低速の場合、Mac の起動に時間がかかったり、動作が遅くなったりすることがあります。
  • 内蔵の起動ディスクから起動できない場合、状況によっては、macOS 復元から起動し、macOS 復元のユーティリティを使って起動ディスクを設定できます。
  • 外付けの USB ドライブを起動ディスクとして使うには、ドライブに Mac OS X Tiger v10.4.5 以降がインストールされていて、Mac に Intel プロセッサが搭載されている必要があります。 
  • Mac で OS X Lion v10.7.3 以降をお使いの場合は、Startup Manager を使ってTime Machine バックアップディスクから起動することができます。Startup Manager では、Time Machine バックアップは「EFI Boot」として認識されます。
  • macOS の起動可能なインストーラを作成することもできます。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: