Motion: 360° ビデオの概要

360° ビデオの概要

360° ビデオ(全方位ビデオと呼ばれることもあります)は、レンズをあらゆる方向に向けてパノラマ球のビデオを作成する特殊なカメラで取り込まれた映像です。

視聴者はいくつかの方法で 360° ビデオを視聴できます:

  • バーチャルリアリティ(VR)ヘッドセットを使用して。VR ヘッドセットは顔面に装着する小型の画面にビデオを表示するハードウェア装置です。視聴者が頭を動かしたときにシーンの別の部分が表示されるように、画面が動的にアップデートされます。一部の VR ヘッドセットではステレオスコピック(3D)の 360° ビデオも表示できるため、没入型の体験が強化されます。

  • スマートフォン、タブレット、またはコンピュータの長方形のウインドウで。視聴者は画面をスクロールしてシーンの別の部分を見ることができます。

  • 標準ディスプレイで。視聴者は視野角を制御できません。この視聴方法は従来のビデオを見る場合と同様ですが、映像製作者には編集時に角度の選択肢が増えるという利点が加わります。

360° ビデオカメラでは、複数のレンズ(または同じリグに装着した複数のカメラ)を使って、一部が重なった複数の視野の映像が記録されます。特殊なソフトウェアを使用してそれらの映像がステッチされ、通常はエクイレクタングラープロジェクションと呼ばれる矩形フレームの形式で保存されます。エクイレクタングラープロジェクションでは、丸い地球全体を平面の世界地図に表示するのと同じような感じで映像を圧縮します。

エクイレクタングラープロジェクションが表示されたキャンバス

360° ビデオはモノスコピック(2D)またはステレオスコピック(3D)のどちらかです。ステレオスコピックビデオは、奥行きの幻想を生み出すために各視野がさらに左目用のイメージと右目用のイメージに分割されるため、撮影と処理がより困難です。

「Motion」では、エクイレクタングラー形式の 360° モノスコピックビデオを編集できます。「Final Cut Pro X」では、エクイレクタングラー形式の 360° ステレオスコピックビデオと 360° モノスコピックビデオを編集できます。

注記:「Motion」を使って、「Final Cut Pro」の 360° ステレオスコピックプロジェクト用のテンプレートを作成できます。「Final Cut Pro」の 360° ステレオスコピックプロジェクトに Motion テンプレートを追加すると、そのテンプレートは左目用と右目用の両方のイメージに適用されます。

「Motion」には、没入型の 360° 視聴体験を生み出すエクイレクタングラーメディアを読み込み、編集、共有するための各種ツールが用意されています。この章では、以下の操作方法について説明します:

公開日: 2018/05/11
役に立ちましたか?