Motion: Final Cut Pro テンプレートの概要

Final Cut Pro テンプレートの概要

「Final Cut Pro X」には、「Motion」で作成された多数のエフェクト、タイトル、トランジション、およびジェネレータが用意されています。「Motion」では、エフェクト、タイトル、トランジション、ジェネレータをまとめてテンプレートと呼びます。これらデフォルトの Final Cut Pro テンプレートを変更したり、独自のテンプレートをゼロから作成したりできます。コンテンツクリエータであれば、これらのテンプレートを利用して「Final Cut Pro」のカスタムエフェクトを作成し、ほかのアーティストや編集者、またはクライアントに配布できます。

Final Cut Pro テンプレートを「Motion」で保存すると、生成されたエフェクト、タイトル、トランジション、またはジェネレータが自動的に「Final Cut Pro」のメディアブラウザのいずれかで使用できるようになります。たとえば、「Motion」で保存したトランジションテンプレートは「Final Cut Pro」の「トランジション」ブラウザに新しいトランジションとして表示されて、編集するプロジェクトに適用できる状態になります。さらに、公開するパラメータを「Motion」で選択できるため、「Final Cut Pro」のユーザに対して、エフェクトの変更を完全に、または一部のみ制御できるようにするか、制御できないようにすることができます。

注記:Motion テンプレートに保存されたオーディオファイルは、「Final Cut Pro」では利用できません。

Final Cut Pro テンプレートには次の 4 種類があります:

  • Final Cut エフェクト:セピア調の色補正であれば、視聴者は昔を思い出すでしょう。また、光り輝くグローであれば、空想の世界のような設定を連想させるでしょう。エフェクトテンプレートを作成するを参照してください。

  • Final Cut トランジション:Final Cut Pro タイムライン内のクリップに適用できるカスタムのトランジションを作成します。トランジションは 2 つのクリップ間の編集点を技巧的につなげます。もうもうとした煙から次のシーンにディゾルブさせたり、万華鏡のようなエフェクトで別の背景に置き換えたりすることができます。トランジションテンプレートを作成するを参照してください。

  • Final Cut タイトル:「Final Cut Pro」のシーケンスに追加できるカスタムのテキストアニメーションを作成します。テキストを、燃えるように輝きながらフレアイン/アウトさせたり、画面の外から落下させたりします。タイトルテンプレートを作成するを参照してください。

  • Final Cut ジェネレータ:Final Cut Pro プロジェクトに追加できる汎用のグラフィカルコンテンツを作成します。「Final Cut ジェネレータ」は他の Motion プロジェクトとほぼ同じで、テキスト、シェイプ、リプリケータ、カメラの動きやライティング、ジェネレータなどを含めることができます。静止状態にすることもアニメートすることもできます。ジェネレータテンプレートを作成するを参照してください。

特定のエフェクト、トランジション、タイトル、またはジェネレータを作成した後、そのテンプレートタイプを変更できます。Final Cut テンプレートを標準の Motion プロジェクトに変換することもできます。逆に、標準の Motion プロジェクトを Final Cut テンプレートに変換することもできます。

テンプレートを別のプロジェクトタイプに変換するまたはMotion プロジェクトを Final Cut Pro X 用に変換するを参照してください。

公開日: 2018/05/11
役に立ちましたか?