macOS High Sierra

「音声入力」環境設定

「音声入力」環境設定を使用して、音声入力をオンにし、音声入力中に使用する言語やキーボードショートカットを選択します。音声入力の使用について詳しくは、メッセージや書類を音声入力するを参照してください。

「音声入力」環境設定を開くには、アップルメニュー>「システム環境設定」と選択して「キーボード」をクリックしてから、「音声入力」をクリックします。

「音声入力」パネルを開く

マイク

マイクのアイコンの下にあるポップアップメニューをクリックしてから、マイクを選択します。「自動」を選択すると、音声入力に使用される可能性が高い装置が選択されます。

音声入力

音声入力のオン/オフを切り替えます。

拡張音声入力を使用

拡張音声入力を使用すると、インターネットに接続しなくても、オフラインで音声入力ができます。音声入力コマンド(音声認識コマンドとも呼ばれます)を使ってテキストを音声入力しながら作業を実行したり Mac を制御したりすることもできます。音声入力キーワード語句を使用して、テキストを音声入力していないときでも音声入力コマンドを使用できます。詳しくは、「アクセシビリティ」の「音声入力」環境設定を参照してください。

拡張音声入力をはじめて入にしたり、拡張音声入力で使用する言語を追加したりすると、オフラインで音声入力をするために必要な追加ソフトウェアがダウンロードされます。このソフトウェアをダウンロードするために必要な空きディスク領域のサイズは言語によって異なります。

拡張音声入力を使用するために必要なソフトウェアをダウンロードしたくない場合は、「拡張音声入力」の選択を解除し、サーバベースの音声入力を使用できます。サーバベースの音声入力では、読み上げた語句がすぐに Apple サーバに送信され、最新の言語データを使用して分析されます。音声入力の終了後に最終的な変換テキストが表示されます。

言語

言語を選択します(拡張音声入力が選択されている場合は、別の言語を利用できる場合があります)。一部の言語では音声入力を使用できません。

ポップアップメニューに目的の言語が表示されていない場合は、「言語を追加」または「カスタマイズ」を選択してダウンロードします。複数の言語をダウンロードすることができます。

ダウンロードした言語を今後使用したくない場合は、その言語を削除できます。「言語」ポップアップメニューをクリックし、「カスタマイズ」を選択してから、使用したくない言語の選択を解除します。

ショートカット

デフォルトでは、Fn(ファンクション)キーを 2 回押すと音声入力が開始または停止されます。必要に応じて、ポップアップメニューから別のショートカットを選択することもできます。

リストに表示されていないショートカットを作成するには、「カスタマイズ」を選択してから、使用したいキーを押します。たとえば、Option + Z キーを押すことができます。

音声入力とプライバシーについて

クリックすると、音声入力されたものがどのように Apple に送信されるか、およびユーザについての理解を深めたり音声入力される内容を認識したりするためにユーザの名前や連絡先などの個人情報がどのように使用されるかについて確認できます。