macOS High Sierra

検索結果の範囲を絞り込む

Spotlight で検索したり、Finder などの検索フィールドのあるウインドウで検索するときは、いくつかの方法で検索範囲と検索結果の焦点を絞ることができます。

ヒント:Spotlight の結果に含まれないように項目を除外したい場合:「Spotlight」環境設定でオプションを設定します。

検索に条件を追加する

基本検索に条件を追加できます。たとえば、特定の種類のファイルや特定の日付に作成された項目を検索することができます。

  1. Spotlight または Finder ウインドウで検索を開始します。

    • Spotlight の場合:メニューバーの「Spotlight」アイコン をクリックし、検索内容を入力してから、検索結果リストの下部にある「Finder にすべてを表示」をダブルクリックして Finder の検索バーを表示します。

    • Finder の場合:検索フィールドに検索内容を入力して、Return キーを押します。

  2. 検索ウインドウの右側にある、検索フィールドの下の「追加」ボタン(をクリックします。

  3. 左端のポップアップメニューをクリックして、検索条件を選択または追加します。

    たとえば、すべての項目ではなく、特定の種類の項目のみを検索するには、「種類」を選択します。特定の語または語句が名前に含まれる項目を検索するには、「名前」を選択します。

    条件を追加するには、「その他」を選択して、追加したい各属性を選択します。たとえば、コピーライト情報を検索するには、属性のリストで「コピーライト」を選択して、「OK」をクリックします。

    検索条件を指定するためのフィールドが表示されている Finder ウインドウ。
  4. 表示されるその他のポップアップメニューから条件を選択します。

    たとえば、「種類」を選択した後、もう 1 つのポップアップメニューをクリックして「書類」や「イメージ」を指定します。種類を追加するには、「その他」を選択します。

  5. 必要に応じて「追加」ボタン(または「削除」ボタン(をクリックし、検索条件の追加または削除を行います。

検索結果には、すべての条件と一致する項目のみが表示されます。たとえば、最初の条件に名前が「S」で始まる項目を検索するように指定してから、今日作成された項目を検索する条件を追加した場合は、検索結果には名前が「S」で始まる今日作成された項目のみが表示されます。

ヒント:検索を保存して再利用できます。検索フィールドの下にある「保存」をクリックします。検索がスマートフォルダとして保存されます。Finder のサイドバーで検索にすばやくアクセスできるようにするには、「サイドバーに追加」が選択されていることを確認します。詳しくは、スマートフォルダを作成する/変更するを参照してください。

メタデータ属性を検索する

ほとんどの項目には、項目の内容、作成方法、その他の属性について説明するメタデータが含まれます。たとえば、デジタル写真を撮影すると、カメラの機種、絞り、焦点距離などの情報が、多くの属性と共にファイルにメタデータとして自動的に保存されます。ファイルのメタデータを表示するには、ファイルを選択して「ファイル」>「情報を見る」と選択します。

以下に、検索でメタデータ属性を使用する方法の例を挙げます:

  • trip kind:document と指定すると、書類内のみで単語「trip」が検索されます。

  • author:tom と指定すると、Tom が作成したすべての項目が検索されます。

  • meeting date:tomorrow と指定すると、明日予定しているミーティングが検索されます。

  • kind:images created:8/16/17 と指定すると、特定の日付に作成されたイメージが検索されます。

  • kind:music by:“glenn miller” と指定すると、グレン・ミラーの楽曲が検索されます。

  • modified:<=7/29/17 と指定すると、特定の日付以前に修正された項目が検索されます。

項目の種類で検索する

  • Spotlight を使用するか、Finder またはその他のウインドウで検索するときは、キーワードを使って検索する項目の種類(アプリケーション、連絡先、ブックマークなど)を指定できます。

    項目の種類を特定するには、検索の最後に「種類:<項目の種類>」のテキストを追加します。たとえば、ニューヨーク市の写真を検索するには、「ニューヨーク市 種類:イメージ」と入力します。Amy Frost に言及しているメールメッセージを検索するには、「Amy Frost 種類:メール」と入力します。

    項目の種類

    キーワード

    アプリケーション

    種類:アプリケーション kind:application

    種類:アプリケーション kind:applications

    種類:アプリケーション kind:app

    連絡先

    種類:連絡先 kind:contact

    種類:連絡先 kind:contacts

    フォルダ

    種類:フォルダ kind:folder

    種類:フォルダ kind:folders

    メール

    種類:メール kind:email

    種類:メール kind:emails

    種類:メールメッセージ kind:mail message

    種類:メールメッセージ kind:mail messages

    カレンダーイベント

    種類:イベント kind:event

    種類:イベント kind:events

    リマインダー

    種類:リマインダー kind:reminder

    種類:リマインダー kind:reminders

    イメージ

    種類:イメージ kind:image

    種類:イメージ kind:images

    ムービー

    種類:ムービー kind:movie

    種類:ムービー kind:movies

    ミュージック

    種類:ミュージック kind:music

    オーディオ

    種類:オーディオ kind:audio

    PDF

    種類:PDF kind:pdf

    種類:PDF kind:pdfs

    環境設定

    種類:システム環境設定 kind:system preferences

    種類:環境設定 kind:preferences

    ブックマーク

    種類:ブックマーク kind:bookmark

    種類:ブックマーク kind:bookmarks

    フォント

    種類:フォント kind:font

    種類:フォント kind:fonts

    プレゼンテーション

    種類:プレゼンテーション kind:presentation

    種類:プレゼンテーション kind:presentations

項目の検索に使用できるキーワードには、ほかにも「差出人」、「から」、「from」、「宛先」、「to」、「著者」、「筆者」、「作者」、「作成者」、「author」、「共同」、「with」、「協力」、「by」、「タグ」、「tag」、「タイトル」、「件名」、「見出し」、「ヘッドライン」、「表題」、「題名」、「曲名」、「書籍名」、「title」、「名前」、「name」、「キーワード」、「鍵となる語」、「主要語」、「重要語」、「keyword」、「含む」、「ある」、「contains」などがあります。キーワードを使用するには、キーワード、コロン、検索語句の順に入力します。たとえば、「作成者:Emily」や「タイトル:ニューヨーク市」と入力します。

AND、OR、NOT を使用して検索する

論理値クエリーでは AND、OR、NOT(論理演算子と呼ばれます)を使用して検索結果を絞り込みます。「AND NOT」という意味のマイナス記号(-)を使用して、検索時に項目を除外することもできます。

論理演算子を使用するとき、検索フィールドに入力できるものの例を以下に挙げます:

  • author:tom OR author:thom と指定すると、Tom または Thom によって作成された項目が検索されます。名前の正確なスペルが分からない場合に使用できます。

  • trip -france と指定すると、単語「trip」が含まれて「france」が含まれない項目が検索されます。そのため結果には、スペイン旅行の写真は含まれますが、フランス旅行の写真は含まれません。

  • kind:message date:6/29/17-7/25/17 NOT date:7/14/17 と指定すると、2017 年 6 月 29 日から 2017 年 7 月 25 日までの日付のメールメッセージが検索されますが、2017 年 7 月 14 日のメールメッセージは除外されます。