macOS High Sierra

Time Machine と Spotlight を使って項目を回復する

「Time Machine」を使って Mac のバックアップを作成していれば、Spotlight を使って「Time Machine」の検索を開始し、失われた項目や削除した項目を回復できます。

注記:書類の作成と保存ができる「テキストエディット」や「プレビュー」などのアプリケーションでは、以前のバージョンの書類をアプリケーション内から回復することもできます。詳しくは、旧バージョンの書類を表示する/復元するを参照してください。

  1. Finder ウインドウを開き、右上隅の検索フィールドに検索語句を入力します。

  2. 検索バーで検索条件を指定して結果を絞り込みます

  3. メニューバーの「Time Machine」アイコン をクリックして、「Time Machine に入る」を選択します。

    メニューバーに「Time Machine」メニューがない場合は、アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「Time Machine」をクリックして、「Time Machine をメニューバーに表示」を選択します。

    「Time Machine」環境設定を開く

  4. 矢印とタイムラインを使って、「Time Machine」によるバックアップをブラウズします。

  5. 復元したい項目を 1 つ以上選択して(フォルダやディスク全体も含めることができます)、「復元」をクリックします。

    復元した項目は、元の場所に戻ります。たとえば、項目が「書類」フォルダにあった場合は、「書類」フォルダに戻ります。