macOS High Sierra

フォントやスタイルで書類のテキストの書式を設定する

多くのアプリケーションでは、「フォント」ウインドウでフォントやフォントの色、フォントのサイズなどを選択してテキストの書式を設定できます。また、よく使うスタイルや書類に使われているスタイルを適用してテキストの書式を設定することもできます。

Mac に Touch Bar がある場合は、Touch Bar を使用して、選択したテキストの書式をすばやく設定できます。

フォントを使用する

  1. 書類で「フォーマット」を選択するか「フォーマット」>「フォント」と選択してから、「フォントパネルを表示」と選択します。

    テキストの下線や色などを設定するためのオプションが「フォント」ウインドウに表示されない場合は、アクションポップアップメニュー をクリックし、「効果を表示」を選択します。オプションを選択するときにプレビューするには、アクションポップアップメニューの「プレビューを表示」を選択します。

  2. 書式設定したいテキストを選択し、次のいずれかを実行します:

    • フォントを変更する:コレクション、ファミリー、または書体(「ボールド」など)を選択します。フォントを検索するには、「コレクション」列で「すべてのフォント」を選択してから検索フィールドにフォント名を入力します。「フォント」ウインドウに検索フィールドが表示されない場合は、ウインドウを広くします。

    • フォントのサイズを変更する:スライダをドラッグするか、リストからサイズを選択します。サイズが表示されない場合は、アクションポップアップメニューをクリックし、「サイズを編集」を選択して、「固定リスト」、「調整つまみ」、またはこの両方を選択します。

    • フォントの色を変更する:「テキストカラー」ボタンをクリックし、「カラー」ウインドウで色を選択します。

    • テキストに下線または取り消し線を引く:「テキストのアンダーライン」または「テキストの取り消し線」ボタンをクリックしてから、ポップアップメニューから「2 本」などのオプションを選択します。線の色を変更するには、ポップアップメニューから「カラー」を選択してから、色をクリックします。

    • 記号や文字を挿入する:アクションポップアップメニューをクリックし、「文字」を選択して、「文字ビューア」から記号を書類内へドラッグします。

    • タイポグラフィオプションを設定する:アクションポップアップメニューをクリックしてから、「タイポグラフィ」を選択します。選択したフォントにタイポグラフィが含まれている場合は、オプションを選択するか選択解除します。

書類の背景色を変更するには、「書類のカラー」ボタンをクリックし、「カラー」ウインドウで色を選択します。

「Font Book」を使用すると、コンピュータにフォントをインストールしたり、コンピュータのフォントを管理したりできます。「フォント」ウインドウで「Font Book」を開くには、アクションポップアップメニューをクリックしてから「フォントを管理」を選択します。

スタイルを使用する

  • 書類で「フォーマット」>「スタイル」と選択するか、「フォーマット」>「フォント」>「スタイル」と選択してから、「スタイル」パネルで次のいずれかの操作を行います:

    • 選択したテキストに、よく使うスタイルを適用する:「よく使うスタイル」を選択し、表示されるポップアップメニューからスタイルを選択して、「適用」をクリックします。

    • 書類で使用されているスタイルを適用する:「書類のスタイル」を選択してから、使用したいスタイルが見つかるまで「戻る」または「進む」ボタンをクリックし、「適用」をクリックします。

    • 選択したテキストのスタイルを、よく使う項目として保存する:「よく使う項目に追加」をクリックしてから、名前を入力します。選択したテキストと同じフォント、文字間隔、およびタブを使用するには、各チェックボックスを選択します。

    • 特定のスタイルで書式設定されたテキストを書類から検索する:「書類のスタイル」を選択してから、検索するスタイルが見つかるまで「戻る」または「進む」ボタンをクリックし、「選択」をクリックします。オプションを設定して検索対象を広げたり絞り込んだりしてから、「選択」をクリックします。

選択したテキストを大文字、小文字、または大文字と小文字が混在する書式に設定するには、「編集」>「変換」と選択してからオプションを選択します。