macOS High Sierra

安全なパスワードを作成するためのヒント

安全なパスワードを作成する

  • 8 文字以上の、異なる文字種が混在するパスワードを選択してください。

  • 辞書にある名前や単語、電話番号、日付、およびこれらの組み合わせは使用しないでください。

  • 特定のパターンのキーボードの文字の使用も避けてください。たとえば、キーボードで斜めに並んだキーである「njimko」などです。

  • ランダムな文字の羅列を使用してください。アルファベットの大文字と小文字の組み合わせ、数字、句読点、および(サイトまたは項目で許可されている場合は)Option キーを押したままで入力する文字を含めてください。

  • 「パスワードアシスタント」は、安全なパスワードの選択を支援してくれます。「パスワードアシスタント」を開くには、「新しいパスワード」フィールドの横にあるカギのボタン をクリックしてください。パスワードを入力すると、「パスワードアシスタント」にそのパスワードの安全度が表示されます。

    「パスワードアシスタント」ウインドウ。パスワードを作成するオプションが表示されています。

覚えやすい安全なパスワードを作成する

  • 最初に、曲の歌詞の中の語句や行を使用します。文字のいくつかを削除し、残った文字を、その文字に似た数字や句読点に変えます。さらに句読点や数字を追加することもできます。

    たとえば、「You will be welcomed」という語句は「UW1llBvv3lc0meD;」に変えることができます。

    当然のことですが、このパスワードは使用しないでください。例を見たすべての人に知られてしまいます。

  • パスワードのヒントを追加すると、パスワードを思い出すのに役立つヒントを利用できます。

Web サイトのパスワードで iCloud キーチェーンを使用する

  • Web サイトの新規パスワードを作成する必要があるときは、「Safari」によって推測が困難な一意パスワードが提案され、iCloud キーチェーン内に保存されます。Web サイトに次回サインインするときには自動入力されるため、パスワードを記憶したりデバイスに入力したりする必要はありません。詳しくは、iCloud キーチェーンを設定するを参照してください。