macOS High Sierra

音声入力コマンドを有効にする/無効にする/作成する

拡張音声入力を入にすると、デフォルトの音声入力コマンド(音声認識コマンドとも呼ばれます)セットを使用してテキストを音声入力することができます。高度な音声入力コマンドを有効にして、アプリケーションを切り替えたり、ウインドウ内を移動したり、Spotlight を使って検索したりなどの作業を行ったり、独自のコマンドを作成したりできます。音声入力コマンドの使用について詳しくは、音声入力コマンドを使用して Mac およびアプリケーションを制御するを参照してください。

注記:音声入力コマンドを使用するには、「音声入力」を入にする必要があります。

高度な音声入力コマンドを有効にする

高度な音声入力コマンドが有効なときは、フィードバックウインドウが挿入ポイントの後ではなくデスクトップの右下隅に表示され、動かすまでそこに表示されています。

  1. アップルメニュー>「システム環境設定」と選択して「アクセシビリティ」をクリックし、「音声入力」をクリックします。

    「音声入力」パネルを開く

  2. 音声入力コマンドをクリックします。

    コマンドはカテゴリ別に整理されています。デフォルトでは、選択、ナビゲーション、編集、書式設定、システムなどのすべてのコマンドが有効になっています。

  3. 「高度なコマンドを有効にする」チェックボックスを選択します。

    追加のナビゲーションおよびシステムコマンドと、アプリケーションおよび書類コマンドがリストに追加されます。

    コマンドについての詳細な情報を表示するには、リスト内でクリックしてください。

特定の音声入力コマンドを無効にする

読み上げたコマンドとは別のコマンドが何度も音声認識される場合は、そのコマンドを無効にできます。

  1. アップルメニュー>「システム環境設定」と選択して「アクセシビリティ」をクリックし、「音声入力」をクリックします。

    「音声入力」パネルを開く

  2. 音声入力コマンドをクリックします。

  3. コマンドのチェックボックスを選択解除します。

    もう一度コマンドを有効にするには、チェックボックスを選択します。

独自の音声入力コマンドを作成する

  1. アップルメニュー>「システム環境設定」と選択して「アクセシビリティ」をクリックし、「音声入力」をクリックします。

    「音声入力」パネルを開く

  2. 音声入力コマンドをクリックします。

  3. 「高度なコマンドを有効にする」チェックボックスを選択します。

  4. 次のいずれかを実行します:

    • 「高度なコマンドを有効にする」チェックボックスの上にある「追加」ボタン(をクリックします。

    • 「コマンドを作成」と読み上げます(音声入力キーワード語句を有効にしている場合は、まず「コンピュータ、コマンドを作成」のように読み上げてください)。

    • 書類やメニューなど、テキストまたは項目を選択できる場所で、これらを選択してから、「これを音声認識にする」と読み上げてください(必要に応じて、音声入力キーワード語句を使用します)。コマンドが実行するアクションが推奨されます。「実施動作」ポップアップメニューからほかのアクションを選択できます。

  5. 以下のガイドラインに従って、コマンドの名前を入力したり、表示されている名前を編集したりしてください:

    • 2 語以上を使用し、1 音節しかない名前は避けてください。たとえば、「縮小」ではなく「文字を縮小」を使用します。

    • 固有名詞、ほかの単語と響きが似ている名前、またはほかのコマンドと混同しそうな名前は避けてください。

    • ほかのコマンドに使われている名前を使用しないでください。使用すると、コマンドのリストの音声入力コマンドの横に、警告アイコンが表示されます。

  6. コマンドをすべてのアプリケーションまたは特定のアプリケーションに使用するかどうかを指定します。

  7. コマンドで実行される操作を選択します。

    一部の操作には追加の情報が必要です。たとえば、「テキストをペースト」の場合は、コマンドを読み上げるときに常にペーストされるテキストを入力する必要があります。

    Automator ワークフローを実行するには、「ワークフローを実行」を選択してから、「新規画面収録」などの標準ワークフローを選択します。作成したワークフローを実行するには、「その他」を選択します。

  8. 完了」をクリックします。

    コマンドは、リストの上部にある「ユーザ」セクションに表示されます。

拡張音声入力が入になっていない場合でも、句読点、タイポグラフィ、書式設定など、macOS に用意されているほかの音声入力コマンドを使用することができます。