macOS High Sierra

Mac で Siri を使用する

Mac の Siri は、日常の作業を行ったり、質問への答えや情報をすばやく探したり、音楽を再生したりするのを手伝うことができます。 たとえば、ファイルやアプリケーションを開いたり、メッセージを送信したり、FaceTime 通話をかけたりできます。 「9 時に会議を設定」「昨夜の試合のスコアは?」「何かメロウな曲をかけて」など、Siri に何でも頼んでみてください。Siri はいつでもお手伝いできます。

Mac デスクトップの右上のメニューバーに Siri アイコンが表示されています。Siri ウインドウには「1 インチは何センチ」というリクエストと、その回答(「計算機」からの変換)が表示されています。 Siri ウインドウの下部中央にあるアイコンをクリックすると、別のリクエストを作成できます。

Siri に頼むには、メニューバーの Siri アイコン または「Dock」の Siri アイコン をクリックするか、キーボードショートカットを使用します(デフォルトのショートカットは「Command キーとスペースバーを押したままにする」です)。 Mac に Touch Bar がある場合は、そこの Siri アイコンをタップします。

Siri ウインドウが表示されたときに、どのように聞けばいいか分からない場合は、Siri に「何ができるの?」と聞くか、Siri ウインドウの「ヘルプ」ボタン をクリックします。

Siri ウインドウが自動的に閉じない場合は、右にスワイプするか、「閉じる」ボタン をクリックして、手動で閉じることができます。

ヒント:Siri は、「連絡先」アプリケーションの連絡先カード自分のカードとも呼ばれます)からユーザの名前を認識しています。 カードにニックネームを追加した場合、Siri はそのニックネームを使用します。 「私の名前は?」と聞いて、試してみてください。

Siri の使用方法

Siri を使用して、質問への答えをすばやく確認したり(「明日の天気は?」のように話しかけます)、メールの送信などの作業を実行したりできます。

Siri ウインドウ。音声入力されているメールメッセージが表示されています。
  • アプリケーションを開く:すぐにアプリケーションが開きます。以下のように話しかけます:「メモを開く。」

  • テキストを音声入力する:メモやメールを書くことができます。以下のように話しかけます:「メモを作成。」と話しかけてから、書きたい内容を音声入力します。

  • 会議のスケジュールを設定する:会議が設定されます。以下のように話しかけます:「今日の午後 3 時に会議を設定して。」

  • ミュージックを再生する:Apple Music を聴いているときに、Siri はユーザが好きな音楽を学習し、曲を勧めたり、プレイリストを再生したりできます。以下のように話しかけます:「ハッピーな曲のプレイリストを再生して。」

  • 音楽のトリビアを取得する:Siri は、曲、アルバム、アーティストについて教えてくれたり、ミュージックライブラリの項目にあるアルバムのライナーノーツを読み上げたりできます。以下のように話しかけます:「1991 年 3 月のトップソングを再生して。」

  • 場所を探す:「プライバシー」環境設定で位置情報サービスが有効になっている場合、Siri は現在地に基づいて情報を提供したり、地図を含めた詳細情報を表示したりできます。以下のように話しかけます:「一番近いスーパーはどこ?」

  • ファイルを検索する:強力で完全なファイル検索を実行できます。Siri に頼むだけで、特定の時間に作成されたファイル、または正確なテキストを含むファイルを見つけることができます。以下のように話しかけます:「会議を含む、先週作成したファイルを探して。」

  • システム環境設定を変更する:Siri は自動的に環境設定を変更したり、環境設定パネルを開いたりできます。以下のように話しかけます:「画面の明るさを上げて。」または「Night Shift 環境設定を開く。」

    ヒント:Siri を使えば、Mac でアクセシビリティ機能の使用を簡単に開始できます。たとえば、Siri に VoiceOver のオン/オフを切り替えるよう指示できます。

Siri は、一部のアプリケーションで、ユーザが話しかける前に提案することができます。 たとえば、「メール」で出席依頼を受け取ったときや、「Safari」で飛行機を予約したときに、Siri はカレンダーに追加することを提案します。 Web ページの閲覧中に、関連する Web ページを提案することもできます。

Siri の結果を使用する

Siri が返す結果は、すぐに使えるように通知センターに保存しておいたり、メールや書類で使用することができます。

  • 結果を通知センターにピンする:結果の右上隅に「追加」ボタン が表示されている場合は、そのボタンをクリックすると通知センターの「今日」表示に結果が追加されます。

    結果はピンで固定され、削除されるまで最新の状態に保たれます。株価やスポーツのスケジュールなど、さまざまなタイプの結果をピンできます。

  • 結果を開く:Web ページをダブルクリックして「Safari」で開いたり、ファイルまたは書類をダブルクリックして Mac 上の適切なアプリケーションで開いたりします。結果に対して強めのクリックをして、クイックルックウインドウでプレビュー表示することもできます。

  • 結果を使用する/保存する:イメージや場所をドラッグ&ドロップして、メール、書類、デスクトップに追加します。(テキストをコピーまたはペーストすることもできます。)

    Siri ウインドウ。「ハワイのビーチの画像を Web で検索して。」というリクエストに Siri が返した結果が表示されています。 その結果を通知センターにピンで固定したり、その画像をダブルクリックして画像を含む Web ページを開いたり、画像をメール、書類、またはデスクトップにドラッグしたりできます。

Siri のトラブルシューティング

Siri の使用で問題が発生した場合は、次の解決方法を試してみてください:

  • Mac がインターネットに接続されていることを確認してください。アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「ネットワーク」をクリックします。

    「ネットワーク」環境設定を開く

  • Siri が有効になっていることを確認してください。アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「Siri」をクリックします。

    「Siri」環境設定を開く

  • Mac にマイクがあり、衣服や身体などでマイクが塞がれていないことを確認してください。

  • 外付けのマイクを使用している場合は、マイクが Mac に接続されており、「Siri」環境設定の「マイク入力」で選択されていることを確認してください。

    「入力」環境設定で、入力音量が十分であることも確認してください。アップルメニュー>「システム環境設定」と選択して「サウンド」をクリックし、「入力」をクリックします。

    「入力」パネルを開く

Siri が使用する声や言語の変更など、Siri をカスタマイズできます。詳しくは、「Siri」環境設定を参照してください。

Siri は位置情報サービスを使用して、今いる場所に適した情報、サービス、および機能を提供します。設定を変更することで、Siri がこれを実行できるよう許可できます。詳しくは、どのアプリケーションが場所を検出できるかを管理するを参照してください。