macOS High Sierra

「Siri」環境設定

「Siri」環境設定を使用して、言語や声を選択したり、音声フィードバックのオン/オフを切り替えたり、Siri が学習して提案できるアプリケーションを管理したりします。Siri について詳しくは、Mac で Siri を使用するを参照してください。

「Siri」環境設定を開くには、アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「Siri」をクリックします。

「Siri」環境設定を開く

“Siri に頼む”を有効にする

Siri を使用して、日常の作業を行ったり、質問への答えをすばやく得たりします。Siri の使用を停止するには、チェックボックスの選択を解除します。(アプリケーションでの学習および提案は継続して行われます。)

チェックボックスが選択されていないときに Siri に何か頼んだ場合は、Siri を有効にするよう求められます。Siri を使用するには、インターネットに接続されている必要があります。

キーボードショートカット

Siri に頼むデフォルトのショートカットは、「Command キーとスペースバーを押したままにする」です。

独自のショートカットを作成するには、ポップアップメニューをクリックし、「カスタマイズ」を選択してから、使用したいキーを押します。たとえば、Option + Z キーを押すことができます。

マイク入力

ポップアップメニューをクリックしてから、マイクを選択します。「自動」を選択すると、使用される可能性が高い装置が選択されます。

言語

Siri に頼む際に使用したい言語と方言を選択します。Siri は同じ言語と方言でユーザに返答します。一部の言語または地域では Siri を使用できません。

Siri の声

Siri の性別(場合によっては方言も)を選択します。言語によっては性別や方言を選択できないこともあります。

音声フィードバック

Siri からの音声フィードバック(音声による回答)のオン/オフを切り替えます。 音声フィードバックをオフにすると、Siri からの回答は Siri ウインドウに表示されますが、読み上げられません。

メニューバーに Siri を表示

メニューバーに Siri アイコンを表示して、Siri にすばやく頼めるようにします。

Siri からの提案とプライバシー

Siri が学習して提案できるアプリケーションを選択します。

話したことがどのように Siri から Apple に送信されるか、およびユーザについての理解を深めたり音声入力される内容を認識したりするためにユーザの名前や連絡先などの個人情報がどのように使用されるかについての情報を表示するには、「Siri とプライバシーについて」をクリックします。

話すことが難しい場合、または周囲の人に Siri へのリクエストを聞かれたくない場合は、Siri へのリクエストを音声ではなく文字で入力できます。 詳しくは、「アクセシビリティ」の「Siri」環境設定を参照してください。