Mac で Touch ID を使う

MacBook Pro や MacBook Air で Touch ID を使えば、Mac のロックをすばやく解除する、Apple ID や Apple Pay を使って買い物するなど、すべて指紋で済ませることができます。



 

Touch Bar を搭載した MacBook Pro では、キーボードの上部にある Touch Bar の右側にあるボタンが Touch ID です。

2018 年以降に発売されたモデルの MacBook Air では、ファンクションキーの右側にあるのが Touch ID ボタンです。

はじめに

MacBook Pro または MacBook Air の蓋を持ち上げれば電源が入ります。または、Touch ID を押してください。起動、再起動、またはログアウトするときは毎回、パスワードを入力して、ユーザアカウントにログインする必要があります。Touch ID を設定した後は、ログインしている限り、パスワードの入力が必要な場面で手入力する代わりに指紋を使えます。

Touch ID を使えば、App Store、Apple Books Store、iTunes Store での買い物にも指紋認証を使えるようになり、よく利用する多数の Web サイトでも、Apple Pay で決済できます。

Touch Bar 搭載 MacBook Pro

MacBook Air

Touch ID を設定する方法

以下の手順で Touch ID を設定してください。

  1. 指先が清潔で乾いていることを確認します。
  2. Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択します。
  3. 「Touch ID」をクリックします。
  4. プラス記号 をクリックして指紋を追加してから、画面の案内に従ってユーザアカウントのパスワードを入力します。続いて画面に表示される案内にそって設定してください。
  5. チェックボックスを使って、Mac で使いたい Touch ID 機能を選択します。

指紋を追加するときのヒントをご紹介します。

  • 指先を Touch ID ボタンに載せますが、押さないでください。指先を上げるように指示されない限り、置いたままにします。
  • 指をゆっくりと上げては置き、毎回指先の位置を少しずつ調整します。

以下の手順で指紋を削除することもできます。

  1. ポインタを指紋の上に合わせます。削除ボタン が表示されます。
  2. 削除ボタンをクリックして、パスワードを入力すると、その指紋が削除されます。

Touch ID を使って Mac のロックを解除する

Touch ID を設定したら、Touch ID で Mac のロックを解除できます。Mac の蓋を開けるか、キーを押すか、トラックパッドを押して、Mac のスリープを解除します。指先を Touch ID に軽く載せてログインします。 

Mac を起動、再起動、またはログアウトした後でログインするときは、パスワードの入力が必要です。ログインすると、パスワードの入力が必要な場面でいつでも Touch ID を使ってすばやく認証を済ませることができます。

また、Touch ID を使って、Mac で以下の機能のロックも解除できます。

  • パスワードで保護されたメモ
  • Safari の環境設定の「パスワード」セクション
  • システム環境設定 
    FileVault が有効になっている場合は、パスワードを入力して、「セキュリティとプライバシー」パネルと「ユーザとグループ」パネルのロックを解除する必要があります。

同じ Mac で複数のユーザが Touch ID を設定し、ログインする場合は、各自が Touch ID を使ってアカウントを切り替えることができます。Touch ID を押せば、その指紋に関連付けられたログイン済みのユーザアカウントに自動的に切り替わります。

iTunes Store、App Store、Apple Books Store で Touch ID を使って買い物をする

Apple ID のパスワードの代わりに Touch ID を使って、Mac で買い物できます。

  1. iTunes Store、App Store、または Apple Books Store を開きます。
  2. 購入したいアイテムの購入ボタンをクリックします。Touch ID の案内画面が表示されます。
  3. Touch ID に指先を置いて、決済します。

初回の購入時や、Touch ID に登録している指紋を変えた場合など、パスワードの入力が必要だと案内されることがあります。

Apple Pay に Touch ID を使う

Mac で Apple Pay を使って、個人情報を守って安全に、しかも簡単に Web サイトで買い物できます。Apple Pay では、クレジットカードやデビットカードの情報は一切保存されません。また、加盟店に知らされることもありません。

国または地域によっては Apple Pay を利用できない場合があります。

Apple Pay を設定する

Touch ID を搭載した Mac ノートブックでは、設定時に Apple Pay の設定を案内する画面が表示されます。表示される案内にそって設定してください。

初期設定の際に Apple Pay を設定しなかった場合は、システム環境設定の「Wallet と Apple Pay」セクションで後から設定できます。また、取引履歴を調べたり、決済カードを管理したりするのも、同じ画面で行えます。たとえば、カードの追加や削除、連絡先情報や配送先情報の変更ができます。

決済カードを追加できるのは、Mac 上の 1 つのユーザアカウントだけです。主要ユーザアカウントで Apple Pay を設定し、別のアカウントでログインした場合、Touch ID と Apple Pay は使えなくなります。この場合は、Mac の Safari で始めた Apple Pay の取引を、Apple Pay に対応した iPhone や Apple Watch で引き継いで決済できます。

Safari で Apple Pay を使って買い物する

Apple Pay に対応した Web サイトで、注文手続きの際に Apple Pay のボタンをクリックします。画面の案内に従って、指先を Touch ID に軽く置いて決済します。

電源を入れる/再起動する/スリープ状態にする/システム終了する

MacBook Pro または MacBook Air が開いていて電源が切れているときは、Touch ID を押すと電源が入ります。Mac が閉じていて電源が切れているときは、開くだけで電源が入ります。

旧型の Mac ノートブックとは違い、MacBook Pro や MacBook Air の Touch ID を長押ししても、「再起動」「スリープ」「システム終了」のオプションがあるダイアログは表示されません。これらのオプションは Apple メニューにあります。Mac が反応しなくなった場合は、Touch ID を 6 秒間押したままにして、強制的にシステム終了することができます。この場合、保存していない作業内容は失われるので注意してください。

Touch ID を押しても、Mac はスリープ状態になりません。代わりに、Apple メニュー  >「スリープ」を選択してください。Touch Bar 搭載の Mac の場合は、Control Strip に「スリープ」ボタンを追加することもできます。

  1. Finder をクリックします。
  2. 「表示」>「Touch Bar をカスタマイズ」の順に選択します。
  3. Touch Bar の Control Strip 部分をタッチして、Control Strip のカスタマイズ画面に切り替えます。 
  4. ポインタを使って、「スリープ」ボタンなどの希望の項目をメインのディスプレイから下方向に Touch Bar へとドラッグします。Touch Bar の中でも項目を左右にドラッグして並べ替えたり、Touch Bar の上にドラッグして取り除いたりすることができます。
  5. 設定が終わったら、Touch Bar の「完了」をタップするか、画面の「完了」をクリックします。

Touch ID に関するその他の情報

Touch ID を使って、Mac のアクセシビリティ機能を制御できます。

  • Touch ID を 3 回押すと、「アクセシビリティオプション」ウインドウが開きます。
  • 「command」キーを押しながら Touch ID を 3 回押すと、VoiceOver のオン/オフが切り替わります。

場合によっては、Touch ID を使う代わりにパスワードの入力が必要になります。

  • Mac を再起動した直後の場合
  • ユーザアカウントからログアウトした場合
  • 指紋が 5 回続けて認識されなかった場合
  • Mac を 48 時間以上ロック解除していない場合
  • 指紋を登録または削除したばかりの場合

Touch ID での Mac のロック解除についてまだ問題が解消しない場合は、以下のヒントを参考に対処してください。手順を 1 つ実行するたびに、問題が解決したか確かめてください。

  • 指先が清潔で乾いていることを確認します。
    水分、油分、ローション、汗、切り傷、乾燥肌などが指紋の認識に影響することがあります。運動、入浴、水泳、料理などの活動のせいで、指紋の認識が一時的にうまくいかなくなる場合があります。
  • 指先で Touch ID をしっかりと覆う必要があります。Touch ID がスキャンしている間は、押下したり、指を動かしたりしないでください。
  • 別の指紋を設定してみます。
公開日: