Apple TV で VoiceOver を使う

VoiceOver を使えば、画面を見なくても Apple TV を操作できます。Siri Remote* の Touch サーフェス上でシンプルなジェスチャを使って、画面の中を移動し、各項目を VoiceOver が読み上げるのを聞くことができます。

Apple TV 4K または Apple TV (第 4 世代t) で項目をハイライトさせると、VoiceOver がその項目と関連するテキストを読み上げてくれます。やや遅れて、画面上にその他のテキスト項目 (映画の解説や出演者一覧など) があれば読み上げられます。VoiceOver を有効にする方法については、こちらの記事を参照してください。

VoiceOver のローターを使って Apple TV を操作する

Siri Remote または Apple TV Remote* の Touch サーフェス上の 1 点を軸に 2 本指を回転させると VoiceOver ローターが開きます。このローターには、追加のコントロールがあります。その時点で表示している画面によって、選択できるローターコントロールは異なります。

画面を移動する

画面上の項目の読み上げには、「移動」と「見てまわる」の 2 つの異なるモードを使えます。

「移動」はデフォルトのモードです。標準のジェスチャに反応します。 

  • 選択範囲を移動する:上下左右にスワイプします。
  • 1 つ前または次のローターコントロールを選択する:2 本指を左または右に回転させます。
  • ローターコントロールを調節する:上または下にスワイプします。たとえば、読み上げ速度を調節するには、VoiceOver の「読み上げ速度」のローターコントロールが選択されるまで、2 本指を回転させていきます。選択されたら、上下にスワイプして、読み上げ速度を上げたり下げたりします。
  • 選択中のテキスト項目を読み上げ、画面下部の項目まで続けて読み上げる:2 本指で下にスワイプします。
  • 画面上の項目を一番上から順に読み上げる:2 本指で上にスワイプするか、再生ボタンを長押しします。
  • 読み上げを一時停止する:2 本指で 1 回タップします。2 本指でもう 1 回タップすると、読み上げが再開するか、別の項目が選択されます。
  • 画面上で選択中のテキスト項目を読み上げ、停止するまで読み上げを続ける:Touch サーフェスの左側に 1 本指を置き、そのまま右側にドラッグします。指を持ち上げるまで、VoiceOver が画面上の各要素を読み上げていきます。

「見てまわる」では、画面上の補足のコンテンツが読み上げられます。たとえば、映画 App で映画を開いて、ローターを「見てまわる」モードに切り替えてから、上または下にスワイプします。VoiceOver が画面上のテキストを順次読み上げてくれます。Touch サーフェス上で 1 本指をドラッグするだけで、選択した各メニュー項目が読み上げられます。

カスタムローターアクションを選択する

カスタムローターアクションを実行するには、ローターで「カスタムアクション」が選択されるまで 2 本指を回転させていきます。上下にスワイプして、それぞれ読み上げられる各カスタムアクションの内容を聞き、Touch サーフェスをクリックしてアクションを実行します。    

DirectTouch を使う

DirectTouch を使うと、リモコンの Touch サーフェスをカスタマイズし、つまりは標準のジェスチャをカスタマイズすることができます。各設定の内容について以下に説明します。

キーボード

  • DirectTouch オフ:左右にスワイプすると、一度に 1 文字ずつハイライトされます。
  • DirectTouch オン:スワイプする速度に応じて、1 回のスワイプで複数の文字をスキップできます。

リスト

  • DirectTouch オフ:左右にスワイプすると、一度に 1 つずつ項目がハイライトされます。
  • DirectTouch オン:スワイプする速度に応じて、1 回のスワイプで複数の項目をスキップできます。

ジェスチャに基づく App

  • DirectTouch オフ:左右にスワイプすると、一度に 1 つずつ要素をハイライトしようと試します。App (ゲームなど) に要素がない場合、何も選択されないことがあります。
  • DirectTouch オン:ジェスチャは App の設定に基づいて決まります。たとえば、ゲームでは、スワイプするとキャラクターが動き回ります。

ヒントを読み上げる

VoiceOver は、選択されている項目が、以前読み上げられたヒントの一部になっていなければ、その項目のヒントを読み上げてくれます。ヒントをもう一度読み上げるには、2 本指で上にスワイプするか、再生ボタンを長押しします。 

* Siri は、国/地域や言語によってはご利用いただけない場合があります。Apple TV 4K および Apple TV (第 4 世代) に付属しているリモコンは世界共通です。Siri に対応している国や地域では、このリモコンを「Siri Remote」と呼びます。ほかの国や地域では、「Apple TV Remote」と呼んでいます。Siri に対応する言語と国/地域が Apple TV 4K または Apple TV (第 4 世代) に設定されていれば、どちらのリモコンでも Siri を使えます。

公開日: