Mac の Power Nap の機能について

Power Nap を利用すれば、Mac がスリープ状態のときでも、便利な機能を実行できます。

Power Nap でできること

お使いの Mac が Power Nap に対応していれば、Mac がスリープ状態のときでも、以下の操作を実行させることができます。

  • メール App で新規メッセージを受信する
  • 連絡先 App に、ほかのデバイスで変更された情報を反映し、最新の状態に保つ
  • カレンダー App で新しい参加依頼を受信し、カレンダーの最新情報を反映する
  • リマインダー App に、ほかのデバイスで変更された情報を反映し、最新の状態に保つ
  • メモ App に、ほかのデバイスで変更された情報を反映する
  • iCloud に保存された書類に、ほかのデバイスで変更された情報を反映し、最新の状態に保つ
  • フォトストリームに、ほかのデバイスで変更された情報を反映し、最新の状態に保つ
  • 「Mac を探す」で Mac の位置情報を更新し、スリープ状態の Mac でも探せるようにする
  • VPN オンデマンドが動作を続行し、企業のメールが安全に更新されるようにする (Power Nap は、認証に証明書を使う VPN 接続には対応していますが、パスワードの入力が必要な VPN 接続には対応しません)
  • モバイルデバイス管理でリモートから Mac をロック/ワイプする 

Mac がスリープ状態で AC 電源コンセントに接続されている場合は、以下の操作を実行させることができます。

  • ソフトウェアアップデートをダウンロードする
  • Mac App Store の項目 (ソフトウェアアップデートを含む) をバックグラウンドでダウンロードする
  • Time Machine でバックアップを実行する
  • Spotlight のインデックス作成を実行する
  • ヘルプセンターのコンテンツを更新する
  • ワイヤレスベースステーションで「ワイヤレス時にスリープを解除」を使って Mac のスリープを解除する

Power Nap の動作中は、Mac のシステムサウンドが鳴らなくなります (「Mac を探す」の「サウンドを再生」(サウンド再生) または「メッセージを送信」機能を含む)。

Mac がハードドライブ (HDD) や Fusion Drive を搭載している場合は、Power Nap のアップデート中、動作中、ドライブの電源が切れるときに、ドライブで鳴る音が聞こえることがあります。Power Nap を無効に切り替えることができます。

Power Nap が有効な間は、コンピュータはスリープ状態でも触れると温かくなっている場合があります。Mac が所定の温度を超えると、Power Nap による処理は一時停止されるので、Mac がオーバーヒートすることはありません。Mac のスリープが解除されたときには、すべてが最新の状態になっています。

Power Nap に対応している Mac コンピュータ

以下の Mac モデルで Power Nap を使用できます。

  • MacBook (Early 2015 以降)
  • MacBook Air (Late 2010 以降)
    OS X Mountain Lion v10.8.2 以降が必要
  • MacBook Pro (Retina ディスプレイ搭載の全モデル)
  • Mac mini (Late 2012 以降)
  • iMac (Late 2012 以降)
  • Mac Pro (Late 2013)

Power Nap の有効/無効を切り替える

Power Nap の設定は、システム環境設定の「省エネルギー」パネルにあります。

デスクトップコンピュータ
Apple メニュー >「システム環境設定」の順に選択して、「省エネルギー」をクリックします。「Power Nap を有効にする」チェックボックスを使って、Power Nap の有効/無効を切り替えることができます。フラッシュストレージ (Fusion Drive を除く) を搭載したデスクトップ型の Mac では、デフォルトで有効になっています。

デスクトップコンピュータの「省エネルギー」

ノートブックコンピュータ
Apple メニュー >「システム環境設定」の順に選択して、「省エネルギー」をクリックします。

  • 「バッテリー」タブをクリックし、「バッテリー電源使用時に Power Nap をオンにする」チェックボックスを使って、Mac でバッテリー電源の使用時に Power Nap を使うかどうかを指定します。デフォルト設定はオフです。
  • 「電源アダプタ」タブをクリックし、「電源アダプタに接続中に Power Nap をオンにする」チェックボックスを使って、Mac で AC 電源の使用中に Power Nap を使うかどうかを指定します。デフォルト設定はオンです。

ノートブックコンピュータの「省エネルギー」

関連情報

Power Nap はバッテリー残量の状態に応じて動作します。

お使いのノートブックコンピュータの発売年によって、バッテリー残量の状態に応じた Power Nap の動作が異なります。

モデル名が 2013 年以降のコンピュータでは、バッテリーが消耗するまで Power Nap を使います。モデル名が 2012 年以前のコンピュータは、バッテリー残量が 30 % 以下になると Power Nap を停止します。AC 電源に接続すると Power Nap が再開します。

Power Nap 使用中のバッテリー駆動時間を延ばすには、USB、Thunderbolt、FireWire デバイスの接続を外します (接続されている場合)。接続されていると、コンピュータの電力を消費する場合があります。バッテリー駆動時間を最大限に延ばす方法については、こちらのページを参照してください。

Power Nap は一定の間隔でアップデートを確認します。
コンピュータが AC 電源に接続されていない場合、Power Nap は Power Nap サイクルごとに 2 ~ 3 分間のみ、通信やデータの転送を行います。電源アダプタに接続されている場合、通信およびデータの転送は継続的に行われます。

  • メール、メモ、連絡先、カレンダー、リマインダー、フォトストリーム、「Mac を探す」、iCloud の書類は、1 時間おきにチェックされます。Power Nap の動作中にメールおよびメモに最新情報を反映するには、Mac がスリープ状態になる前に、これらの App を開いておく必要があります。
  • Time Machine バックアップは、バックアップが正常に完了するまで、1 時間おきに実行されます。
  • ソフトウェアアップデートは、1 時間おきにチェックされます。
  • Mac App Store からのダウンロードは、1 週間おきにチェックされます。
公開日: