Mac OS X:sudo コマンドには非ブランク管理パスワードが必要

管理者が異なるユーザとして (たとえばルート として) コマンドを実行するには sudo ターミナルコマンドを利用できます。このコマンドを実行する際は、現在ログインしている管理者アカウントのパスワードを入力するよう求められます。

 

管理者が異なるユーザとして (たとえばルートとして) コマンドを実行するには sudo ターミナルコマンドを利用できます。このコマンドを実行する際は、現在ログインしている管理者アカウントのパスワードを入力するよう求められます。

 

Mac OS X v10.5 ~ 10.5.8 では、パスワードを入力しないでパスワードプロンプトで「return」キーを押すと、パスワードをお持ちでない場合も (非推奨)、入力したコマンドは実行されず、コマンドプロンプトに戻ります。

Mac OS X v10.6 以降では、パスワードを入力しないでパスワードプロンプトで「return」キーを押すと、「Sorry, try again」というメッセージが表示され、パスワードを入力するよう再度求められます。

お使いの管理者アカウントにパスワードが設定されていない場合 (空のパスワード)、sudo コマンドを使う前に、そのユーザアカウントにパスワードを設定します

 

sudo コマンドの使用後、再度アカウントのパスワードを変更できます。ただし、管理者アカウントには非ブランクパスワードを設定することをお勧めします。

 

関連情報

注意: 

  • ターミナルの多くのコマンドでは、コマンドが正常に実行されると、コマンドプロンプトに戻り、メッセージは表示されません。非ブランクパスワードをプロンプトに入力した後、コマンドプロンプトに戻り、ほかのメッセージが表示されない場合は必ず、sudo と共に使われたコマンドは実行されています。
  • 表示された「パスワード」プロンプトにパスワードを入力しているとき、ターミナルウインドウには何も表示されません。パスワードを入力し、「return」を押します。パスワードが正しく入力されなかった場合は、「Sorry, try again」と表示され、パスワードを入力するよう再度求められます。
公開日: