iTunes ライブラリファイルについて

iTunes では、iTunes ライブラリファイルと「iTunes Media」フォルダを使って、音楽などのメディアを整理/保管しています。

iTunes ライブラリファイルには、iTunes に追加されたメディアとその整理方法、そのほかにも、プレイリスト、再生回数、曲のレートなどの情報が記録されています。

「iTunes Library.itl」ファイルについて

「iTunes Library.itl」ファイルは、ライブラリ内の曲と、作成されたプレイリストから構成されたデータベースです。曲固有のデータがこのファイルに保存されます。このファイルを削除すると、次回 iTunes を開いたときに、新しい空のコピーが作成されます。それまでのプレイリスト、曲のレート、コメント、その他の情報はなくなります。「iTunes Library.itl」ファイルを使うのは iTunes だけです。また、このファイルのみ、OS X の Time Machine でバックアップされます。

新しいバージョンの iTunes になると、iTunes ライブラリの機能が強化されることがあります。新しいバージョンの iTunes を開くと、既存のライブラリが新しいフォーマットにアップデートされ、古いライブラリのコピーが「Previous Libraries」フォルダに移動されます。

「iTunes Library.xml」ファイルについて

「iTunes Library.xml」ファイルには、「iTunes Library.itl」ファイルに保存されているのと同じ情報が (全部ではなく) 一部記録されています。「iTunes Library.xml」ファイルは、OS X Mountain Lion 以前で、iPhoto、Garageband、iMovie、他社製のソフトウェアなどのほかのアプリケーションが、音楽やプレイリストを使えるようにする目的で用意されています。このファイルがあるおかげで、これらのアプリケーションのプロジェクトに iTunes ライブラリから簡単に音楽を追加できるようになっています。

デフォルトでは、iTunes 12.2 以降では、「iTunes Library.xml」ファイルは作成されません。OS X Mountain Lion 以前や、この XML ファイルを利用する他社製の App をお使いの場合は、従来のライブラリ XML のサポートを有効にする必要があります。

  1. iTunes を起動します。
  2. コンピュータ画面の上部にあるメニューバーから、「iTunes」>「環境設定」の順に選択します。
  3. 「詳細」タブをクリックします。
  4. 「iTunes ライブラリ XML をほかのアプリケーションと共有」を選択します。

「iTunes Library.xml」ファイルは、OS X Yosemite 以降で動作する最新バージョンの Apple 製メディアアプリケーションでは使われなくなりました。一部の他社製アプリケーションは引き続き必要とする場合があります。詳しくは、該当するソフトウェアの開発元にお問い合わせください。

iTunes が開くのが遅いと思われる場合は、「iTunes ライブラリ XML をほかのアプリケーションと共有」の選択を解除してみてください。 

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: