ターゲットディスクモードを使って 2 台の Mac 間でファイルを移動する方法

ターゲットディスクモードを使うと、1 台の Mac がもう 1 台の Mac の外付けのハードディスクとして働き、そのファイルを見たりコピーしたりできます。

2 台のコンピュータ間でファイルをすばやく移動する必要がある場合や、ディスプレイが正常に機能していない Mac からファイルを入手する必要がある場合は、ターゲットディスクモードが便利です。2 台の Mac を以下のいずれかのポートを使ってケーブルで接続する必要があります。

  • Thunderbolt 3 (USB-C) 
    iMac Pro、iMac (2017 年発売のモデル)、MacBook Pro (2016 年以降発売のモデル) に搭載されています。
  • USB-C 
    MacBook (2015 年以降発売のモデル) に搭載されています。
  • Thunderbolt 2 
  • FireWire 

ターゲットディスクモードは、Apple USB-C 充電ケーブル、USB-A - USB-A ケーブル、Mini DisplayPort  ケーブルを使った接続には対応していません。

コンピュータを正しいケーブルで接続する

Mac に搭載されているポートに応じて、Thunderbolt 3、USB-C、Thunderbolt 2、または FireWire のケーブルを使って 2 台を相互に接続します。接続したら、ターゲットディスクモードで起動します。

Thunderbolt 3 (USB-C) で接続する場合:

USB-C で接続する場合:

  • USB-C ポートから別の USB-C ポートまたは Thunderbolt 3 (USB-C) ポートに接続する場合は、Apple Thunderbolt 3 (USB-C) ケーブルを使います。
  • USB-C ポートから標準の USB (USB-A) ポートに接続する場合は、USB 3.0 または USB 3.1 に対応した USB-A - USB-C ケーブル (Belkin USB-A to USB-C Cable (USB 3.1) など) を使います。

ターゲットディスクモードで起動する

正しいケーブルで 2 台のコンピュータを接続したら、以下の手順を実行してください。

  1. ディスクとして使う Mac の電源が入っている場合は、Apple () メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「起動ディスク」をクリックします。「ターゲットディスクモード」をクリックし、確認画面が表示されたら「再起動」をクリックします。
  2. ディスクとして使う Mac の電源が入っていない場合や、そのディスプレイが使えない状態の場合は、電源を入れた直後に「T」キーを押し、起動中ずっと押し続けます。
  3. Mac がターゲットディスクモードで起動すると、もう一方の Mac のデスクトップにディスクとして表示されます。これで、この Mac をほかのハードディスクと同様に扱えるようになります。

ターゲットディスクモードを終了するには、ディスクとして使った Mac の電源ボタンを長押しします。その後、ケーブルを外してください。

関連情報

ターゲットディスクモードの代わりに、2 台の Mac 間で AirDrop を使ってワイヤレスにコンテンツを送信する方法もあります。

公開日: