Lion Server v10.7.3 アップデートについて

このソフトウェアアップデートでは、Lion Server v10.7、v10.7.1、v10.7.2 から v10.7.3 へのアップデートが行われます。Lion Server をお使いの場合は、このアップデートを適用することをお勧めします。

インストール前にお読みください

  • インストールの処理を中断しないように注意してください。停電などの理由でインストールが中断された場合は、サポートダウンロードページから単体インストーラ (下記参照) をダウンロードし、アップデートをインストールしてください。
     

インストール

Lion Server v10.7.3 へのアップデート方法として、以下の 3 通りの方法があります。

  • 「ソフトウェア・アップデート」を使う
  • 単体インストーラからインストールする
  • 「サーバ管理」または「softwareupdate」コマンドラインユーティリティからリモートサーバにインストールする

ソフトウェア・アップデートでのインストール

Apple () メニューから「ソフトウェア・アップデート」を選択します。ほかのアップデートの前提条件となっているアップデートもあるため、用意されているすべてのアップデートを入手するのに「ソフトウェア・アップデート」を何回か使用しなければならない場合があります。「ソフトウェア・アップデート」で「お使いのソフトウェアは最新です。」というメッセージが表示された場合は、入手可能なアップデートがすべてインストール済みであることを意味します。

単体インストーラ

アップデートをダウンロードし、手動でインストールする場合は、Apple サポートダウンロードからインストーラを入手できます。複数のコンピュータをアップデートする必要があるときに、アップデートのダウンロードを 1 回で済ませたい場合は、この方法が便利です。「手動でダウンロードした Apple ソフトウェア・アップデートの信頼性を検証する方法」を参照してください。

リモートインストール

リモートサーバにアップデートをインストールする必要がある場合は、「サーバ管理」アプリケーション、または、下記のコマンドラインツールを使うことができます。

softwareupdate

アップデートの内容

Lion Server v10.7.3 アップデートでは、Server App のインターフェイスの機能がいくつか強化されています。

「ファイル共有」パネル

  • AFP または SMB 経由で接続しているユーザの数を表示し、新しい「接続中のユーザ」タブに接続の詳細が表示されます。これには、AFP と SMB 接続のクライアント IP アドレスと接続タイプ、AFP 接続のユーザ名と待機時間が含まれます。
  • 新しい「接続中のユーザ」タブには、AFP 経由で接続の特定のユーザを接続解除できる機能があり、これにはメッセージを送るオプションもあります。また、接続解除せずに AFP 接続のユーザにメッセージを送る機能もあります。
  • AFP 経由でサーバに接続しているユーザに対して表示できるグリーティングを作成するオプションが追加されています。

「VPN」パネル

  • PPTP での VPN を有効にするオプションと クライアントに提供するために PPTP の構成プロファイルを保存するオプションがあります。PPTP が有効になると、PPTP クライアントは L2TP クライアントと同じアドレスの範囲を共有します。PPTP VPN の設定に関する詳細については、こちらの記事を参照してください。
  • VPN クライアントに DNS サーバアドレスと検索ドメイン名を設定できる機能が提供されます。

「Web」パネル

以下のような機能が可能な、いくつかの新しい設定オプションが追加されています。

  • サイトのドメイン名を作成後に編集する
  • サイトごとに異なる SSL 証明書を選択する
  • 複数のドメイン名を 1 つのサイトにマップする
  • リダイレクトとエイリアスを構成する
  • カスタムのインデックスファイルを指定する
  • 「すべての無効化を許可」ボックスをチェックして .htaccess ファイルを使用する


その他の Server App の改善機能

  • servermgrd プロセスの信頼性が向上し、Server App または「サーバ管理」がサーバに接続できなかった問題が解決されています。
  • サーバのホスト名変更に対して、Web、Wiki、プロファイルマネージャ、プッシュ通知、および SMB サービスの反応が向上しています。
  • ログの検索とフィルタリングの機能が向上しています。
  • メールサービスでの IMAP/POP と SMTP で異なる証明書使用への対応が向上しています。


ほかの Lion Server コンポーネントについても、このアップデートにより以下の内容が改善されます。

ファイルサービス

Windows ユーザが Lion Server の SMB 共有上のファイルにアクセスするときの、以下の問題が修正されています。

  • 特定の拡張属性のあるファイルのコピー
  • Windows 7 でのファイルの保存
  • Microsoft Office 2003 でファイルを開く
  • Windows Vista で新規フォルダを作成する

iCal サービス

  • ユーザの自動承認を管理者が有効にできるようになります。詳細についてはこちらの記事を参照してください。

メールサービス

  • 新しい Web メールアカウントは、フォームでは user@server.domain.com ではなく user@domain.com のデフォルトアドレスになります。
  • Web メールユーザのためのデフォルトフォルダ (「送信済みアイテム」「下書き」「迷惑メール」「ごみ箱」) を確実に作成できるようになります。詳細についてはこちらの記事を参照してください。

Open Directory

  • ディレクトリユーティリティの Open Directory サーバへの認証済みバインドが強化されました (これは OS X Lion v10.7.3 アップデート (クライアント) にも含まれています)。
  • Open Directory の複製設定の信頼性が向上されています。

Podcast サービス

  • Podcast Publisher で、Active Directory にバインドされた Lion Server に Podcast を公開できるようになりました。注意:ローカルまたは Open Directory のアカウントを使ってサーバに接続する必要があります。

プロファイルマネージャ

  • 100 台以上のデバイスを登録するときの Web 管理者のインターフェイスの反応が向上しています。
  • Mac OS X 802.1X のペイロードの作成機能が向上しています。
  • iOS メールと Exchange のペイロードの 2 つの新しい設定が追加されています。これらは、アカウントからメッセージが移動されることを防ぐ機能と、メール以外の App がアカウントを使用することを防ぐ機能です。
  • Mac OS X モバイル環境のペイロードに、ユーザが外部ホームフォルダを作成できるオプションが追加されています。
  • iOS App の読み込み機能が向上しています。
  • ペイロードで %email% 変数を使うときに起きる問題が解決されています。
  • 手動ダウンロードのプロファイルを作成するときに、CardDAV または CalDAV ペイロードにユーザ名が必要なくなりました。
  • Mac OS X Dock の画面の拡大表示の設定機能がペイロードに追加されています。

Web パスワードのリセット

  • Internet Explorer 9 に対応するようになりました。

Wiki サービス

  • iOS 5 以降を使用している iPad からの編集に対応しています。
  • Wiki アクセス権リストへの Active Directory グループの追加に対応しています。
  • 管理者指定のカスタムタグ、プロトコルとインラインスタイルの whitelist の対応を提供しています。これは手動で作成でき、「/etc/collabd/filter_whitelist.plist」として保存できます。
  • サーバが分単位の時間帯 (UCT との時間差が 30 分または 45 分の時間帯) に設定されているときに、Wiki のログインができない問題が解決されています。
  • Lion Server v10.7.2 で、ゲストが Wiki カレンダーへアクセスできない問題が解決されています。

Xsan

(これらの修正は OS X Lion v10.7.3 アップデートにも含まれています)。

  • StorNext FS バージョン 4.2 コントローラでホストされているファイルシステム上で、ファイル名の大文字と小文字を変えて新しい名前に変更するとデータが失われるという問題が解決されています。
  • Xsan ボリュームの信頼性と安定性が向上しています。
  • Final Cut Pro などのアプリケーション内でキャッシュされていないデータへのアクセスの信頼性が向上しています。

サーバ管理

(これらの修正は Lion Server v10.7.3 アップデートにも含まれています。追加の修正内容については、サーバ管理ツール v10.7.3 アップデートを参照してください)。

  • 1 つ以上の DNS ゾーンで「ゾーン転送を許可」を有効にできるようになります。
  • 2 番目の逆引き DNS ゾーンを作成できるようになります。
  • postfix main.cf ファイルで、smtpd_helo_restrictions 設定への変更内容がオーバーライドされることがなくなります。

関連情報

その他の改善内容については、以下の記事を参照してください。

  • Lion Server v10.7.3 には、Lion Server v10.7.2 および OS X Lion v10.7.3 (クライアント) のアップデートで提供されたすべての改善内容が含まれています。
  • Lion Server v10.7.3 のセキュリティコンテンツの詳細については、こちらの記事を参照してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: