OS X Lion v10.7.3 アップデートについて

OS X Lion をお使いのすべてのユーザに、OS X Lion v10.7.3 アップデートを実行するようお勧めします。このアップデートには、Mac の安定性、互換性、セキュリティを改善するオペレーティングシステムの全般的な修正が含まれています。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

システムのアップデート

インストールする前にシステムをバックアップする必要がありますが、それには Time Machine を使うことができます。

システムのアップデートを開始したら、途中でインストールを中断しないようにしてください。システムソフトウェアに変更を加えるような他社製のソフトウェアがインストールされている場合や、何らかの方法でオペレーティングシステムを変更した場合は、予期しない結果になることがあります。

Apple () メニューの「ソフトウェア・アップデート」を選択すると、インターネット経由でこのアップデートを含む最新の Apple ソフトウェアを自動的に確認します。

お使いのコンピュータに対するソフトウェアアップデートがほかにもある場合は、すべてインストールしてください。ソフトウェア・アップデートを使ってインストールする場合、アップデートのサイズはお使いのコンピュータによって異なる場合があります。また、アップデートの中には、ほかのアップデートよりも先にインストールする必要があるものがあります。このため、ソフトウェア・アップデートは「お使いのソフトウェアは最新です」と表示されるまで実行してください。

アップデートインストーラは、手動でダウンロードできます。これは、アップデートを一度だけダウンロードして複数のコンピュータをアップデートする場合に便利です。これらの単体インストーラは、Apple サポートのダウンロードページから入手できます。

関連情報

アップデートの内容

OS X Lion v10.7.3 アップデートには Safari 5.1.3 のほか、以下の機能が含まれています。

  • カタロニア語、クロアチア語、ギリシャ語、ヘブライ語、ルーマニア語、スロバキア語、タイ語、およびウクライナ語のサポートが追加されました。
  • スマートカードを使って OS X にログインする際の問題を解消しました。
  • Microsoft Windows とのファイル共有での互換性の問題を解消しました。
  • マークアップを使用している Microsoft Word 書類をプリントする際の問題を解消しました。
  • ATI グラフィックを使用している一部の旧モデルの iMac でスリープ後に発生するグラフィックパフォーマンスの問題を解消しました。
  • スリープ解除時の Wi-Fi 接続の問題を解消しました。
  • ワイヤレスネットワークに接続する前に Safari が開けないことがあるという問題を解消しました。
  • SMB DFS 共有に認証する際の潜在的な問題を解決しました。
  • RAW イメージに対する互換性が向上し、サポート対象のデジタルカメラが増えました。

    ディレクトリサービス
     
  • Active Directory の読み取り専用ドメインコントローラへのバインドを改善しました。
  • 「.local」で終わる名前の Active Directory ドメイン内で、Active Directory ユーザがバインドしてログインする速度を改善しました。
  • Active Directory クライアントによるダイナミック DNS (DDNS) アップデートの信頼性を改善しました。
  • スペースを含む Active Directory ユーザ名でのログインが可能です。
  • 「apple-user-homeDirectory」および「apple-user-homeurl」属性で拡張されている Active Directory スキーマとの互換性を改善しました。
  • モバイルアカウントを持つ Active Directory ユーザのホームディレクトリの Dock 項目を解決しました。
  • NIS ユーザが MD5 でハッシュ化されたパスワードでログインすることが可能です。

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、こちらの記事を参照してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: