Mac のディスクを消去する方法

ディスクユーティリティを使って、ハードディスク、SSD、フラッシュドライブ、その他のストレージデバイスを消去 (フォーマット) できます。

ディスクを消去する消去する理由は、ディスクを再フォーマットする、Mac を売却、譲渡、下取りに出すなどさまざまですが、そのほとんどの場合は、ディスク全体を消去した方が賢明です。

ディスク上のボリュームを消去するそれ以外に、ディスクに複数のボリューム (またはパーティション) があり、それら全部を消去したくはない場合などは、ディスク上の特定のボリュームを消去できます。

ディスクやボリュームを消去すると、そこに入っているファイルがすべて完全に削除されます。残しておきたいファイルがある場合は、この先に進む前に、バックアップを作成しておいてください。

ディスクを消去する方法

  1. macOS 復元で起動します。「ユーティリティ」ウインドウで「ディスクユーティリティ」を選択し、「続ける」をクリックします。
    消去の対象が Mac の起動元のディスクではない場合は、macOS 復元から起動する必要はありません。その場合は、「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダからディスクユーティリティを開いてください。 
    macOS 復元の「macOS ユーティリティ」ウインドウ
  2. ディスクユーティリティのメニューバーから「表示」>「すべてのデバイスを表示」を選択します。サイドバーに、ディスク (デバイス) と、その中にコンテナやボリュームがあればそれらも表示されます。Mac の起動元のディスクがリストの一番上に表示されます。この例では、Apple SSD が起動ディスクです。
    ディスクユーティリティでディスクを消去して方式を選択する
  3. 消去したいディスクを選択します。ディスクが表示されない場合は、こちらを参照してください。
  4. 「消去」をクリックし、以下のフィールドに必要事項を入力します。
    • 名前:ディスクの消去後の名前を入力します。
    • フォーマットAPFS または Mac OS 拡張 (ジャーナリング) を選択します。互換性のあるフォーマットがデフォルトで表示されます。
    • 方式:「GUID パーティションマップ」を選択します。
  5. 「消去」をクリックすると、消去が始まります。ディスクと、その中のコンテナやボリュームがすべて消去されます。Apple ID の入力を求められることがあります。Apple ID を忘れてしまった場合は、こちらの記事を参照してください。
  6. 終わったら、ディスクユーティリティを終了します。
  7. 消去したディスクから Mac を起動したい場合は、そのディスクに macOS を再インストールします。


ディスク上のボリュームを消去する方法

  1. macOS 復元で起動します。「ユーティリティ」ウインドウで「ディスクユーティリティ」を選択し、「続ける」をクリックします。
    消去の対象が Mac の起動元のボリュームではない場合は、macOS 復元から起動する必要はありません。その場合は、「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダからディスクユーティリティを開いてください。  macOS 復元の「macOS ユーティリティ」ウインドウ
  2. ディスクユーティリティのサイドバーで、消去したいボリュームを選択します。Mac の起動元のボリュームの名前は、特に変更していなければ「Macintosh HD」です。ボリュームが表示されない場合は、こちらを参照してください。
  3. 「消去」をクリックし、以下のフィールドに必要事項を入力します。
  4. 「ボリュームグループを消去」ボタンが表示される場合、選択されているボリュームはボリュームグループに属しています。その場合は、ボリュームグループを消去する必要があります。それ以外の場合は、「消去」をクリックして、選択されているボリュームだけを消去します。Apple ID の入力を求められることがあります。Apple ID を忘れてしまった場合は、こちらの記事を参照してください。
  5. 終わったら、ディスクユーティリティを終了します。
  6. 消去したボリュームから Mac を起動したい場合は、そのボリュームに macOS を再インストールします。


消去する理由

以下に該当する状況などで、いつでも消去できます。

  • Mac からすべてのコンテンツを完全に消去し、出荷時の設定に戻したいとき。Mac を売却または譲渡する場合や下取りに出す前の準備として必要な作業です。
  • ディスクのフォーマットを、たとえば Windows フォーマット (FAT、ExFAT、NTFS) から Mac フォーマット (APFS や Mac OS 拡張) に変更するとき。
  • ディスクをこのコンピュータから読み取れないというメッセージが表示された場合。
  • ディスクユーティリティでは修復できないディスクの問題の解決を試みているとき。
  • macOS のインストーラでディスクが認識されない、またはそのディスクにインストールできない場合。たとえば、ディスクが正しくフォーマットされていない、GUID パーティション方式を使っていない、それよりも新しいバージョンのオペレーティングシステムが入っている、コンピュータの起動には使えないといった内容のメッセージが表示される場合があります。
  • macOS のインストーラで、このボリュームは RAID の一部なので、このボリュームにはインストールできないというメッセージが表示される場合。


APFS および Mac OS 拡張について

macOS High Sierra 以降のディスクユーティリティでは、新しい APFS (Apple File System) フォーマットまたは古い Mac OS 拡張フォーマットのいずれかを使って消去でき、適切なフォーマットが自動的に選択されます。

APFS と Mac OS 拡張のどちらを選択するか

ディスクユーティリティはストレージの種類を検知し、適切なフォーマットを「フォーマット」メニューに表示してくれます。検知できなかった場合は、「Mac OS 拡張」が選択されます。これなら、すべてのバージョンの macOS で使えます。フォーマットを変更したい場合は、以下の点を確認してください。

  • フォーマットしようとしているディスクは、Mac の内蔵ディスクですか?
    内蔵ディスクがもともと APFS フォーマットだった場合、ディスクユーティリティは APFS を提示してきます。Mac OS 拡張に変更しないでください。
  • そのディスクに macOS High Sierra 以降をはじめてインストールしますか?
    ディスクを消去してから、そのディスクに High Sierra 以降をはじめてインストールする場合は、Mac OS 拡張 (ジャーナリング) を選択してください。インストール中に、macOS インストーラが APFS に自動変換すべきかどうかを判断してくれます。ファイルは消去されません。
  • Time Machine バックアップディスクや起動可能なインストーラを準備するつもりですか?
    Time Machine のバックアップディスク起動可能なインストーラとして使う予定のディスクには、Mac OS 拡張 (ジャーナリング) を選択してください。
  • そのディスクを別の Mac で使いますか?
    別の Mac で High Sierra 以降を使っていない場合は、Mac OS 拡張 (ジャーナリング) を選択してください。それ以前のバージョンの macOS では、APFS フォーマットのボリュームは機能しません。

使用中のフォーマットを調べる方法

現在使われているフォーマットは、以下のいずれかの方法で確認してください。

  • ディスクユーティリティのサイドバーでボリュームを選択し、右側に表示される情報を調べます。ディスクユーティリティのメニューバーから「ファイル」>「情報を見る」を選択すると、さらに詳しい情報が表示されます。
  • システム情報を開いて、サイドバーで「ストレージ」を選択します。右側の「ファイルシステム」に、各ボリュームのフォーマットが表示されます。
  • Finder でボリュームを選択し、メニューバーから「ファイル」>「情報を見る」を選択します。「情報を見る」ウインドウに、そのボリュームのフォーマットが表示されます。


ディスクやボリュームが表示されない場合や消去できない場合

  1. Mac をシステム終了し、必須ではないデバイスをすべて Mac から取り外します。
  2. 外付けのドライブが消去対象の場合は、動作確認済みのケーブルを使って、そのドライブを Mac に直接接続します。その上で、ドライブの電源を切り、入れ直してください。
  3. それでもディスクやボリュームがディスクユーティリティに表示されない場合や、ディスクユーティリティで消去に失敗したと表示される場合、ディスクまたは Mac の修理が必要だと考えられます。サポートをご希望の場合は、Apple サポートにお問い合わせください。


関連情報

  • macOS 復元から起動できない場合は、別の起動ディスクを使うことができます。
  • ディスクユーティリティの「消去」ウインドウに「セキュリティオプション」ボタンが表示される場合は、そのボタンをクリックして、速く消去するか (安全性は低い)、ゆっくり消去するか (安全性は高い) を選択できます。一部の古いバージョンのディスクユーティリティでは、代わりにゼロ消去の選択肢があります。こうした安全面に配慮した消去方法は、ソリッドステートドライブ (SSD) やフラッシュストレージでは不要のため、選択肢として提示されません。
  • iPhone、iPad、iPod touch を消去する方法については、こちらの記事を参照してください。
公開日: