iCloud を使ってすべてのデバイスで連絡先を最新の状態に同期する

iCloud を使えば、ポケットの中でも、デスクトップの上でも、連絡先情報をすぐ手元に置いておけます。連絡先を追加または更新すると、iCloud がすべてのデバイスに変更を反映してくれます。

Mac と iPhone に iCloud 連絡先が表示されているところ

iCloud を利用すれば、連絡先情報に iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Windows パソコン、または icloud.com からアクセスできるようになります。1 台のデバイスやコンピュータで連絡先を変更すると、ほかのデバイスにも自動的に反映されます。いつでもどこででも、必要なときに必要な場所で最新の連絡先情報が手に入るというわけです。

まずはじめに

iCloud 連絡先を設定する

iCloud 連絡先を有効にすると、各デバイスにそれぞれ保存されている情報がすべて iCloud にアップロードされます。iCloud 連絡先を無効に切り替えた場合、iCloud からデバイスに情報が自動的に戻るわけではありません。

iPhone、iPad、iPod touch の場合

  1. 「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」の順に選択します。iOS 10.2 以前をお使いの場合は、「設定」>「iCloud」の順に選択します。
  2. 「連絡先」をオンにします。
  3. 「結合」するか「キャンセル」するかを確認する画面では、「結合」をタップします。

連絡先 App に保存されている情報がすべて iCloud にアップロードされます。

Mac の場合

  1. コンピュータ画面の上部にあるナビゲーションメニューから、Apple メニュー () >「システム環境設定」の順に選択します。
  2. 「iCloud」をクリックします。
  3. 「連絡先」を選択します。結合するかどうかを確認するメッセージは表示されません。

連絡先 App に保存されている情報がすべて iCloud にアップロードされます。 

iCloud.com または Windows 用 iCloud の場合

iPhone、iPad、iPod touch、または Mac で iCloud 連絡先を有効にすると、連絡先情報が iCloud にアップロードされます。この連絡先情報を iCloud.comWindows 用 iCloud で表示し、編集できます。情報を変更すると、ほかのデバイスにも自動的に反映されます。

iPhone、iPad、iPod touch、または Mac で iCloud 連絡先を無効に切り替えた場合、iCloud から連絡先情報が削除されるわけではありませんが、その後は情報が自動的に更新されなくなり、情報を変更してもデバイス間で同期されなくなります。

iTunes を使って連絡先を同期する

連絡先情報を iCloud と結合したくない場合や、1 回だけ同期したい場合は、iTunes を使って連絡先を手動で同期できます。

iTunes で同期する場合、情報は各デバイスにそれぞれ別途保存されます。前回同期してから次回同期するまでに、いずれかのデバイスで情報を更新した場合、デバイス間で情報が違ってくることがあります。たとえば、iPhone、iPad、または iPod touch と同期した後でコンピュータから連絡先を削除した場合、次回コンピュータと同期する際に、該当する連絡先が iOS デバイスからも削除されます。

iCloud 連絡先に問題がある場合

  • iCloud 連絡先を設定した後で連絡先情報が重複した場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。
  • iCloud 連絡先の使い方についてお困りの場合は、こちらの記事を参照してください。
公開日: