iPhone が近くにない状態で Apple Watch を使う

iPhone を持ち歩いていない場合でも、Apple Watch 単独でできることを紹介します。

iPhone の電源が切れているときや、通信範囲外にあるときは、Apple Watch で Wi-Fi ネットワークを使ってデータを送受信できます。セルラーモデルの Apple Watch は、モバイルデータ通信のネットワークにも接続できます。また、家族用の Apple Watch を設定してある場合、その Apple Watch でモバイルデータ通信や Wi-Fi 接続を使えます。

Apple Watch が Wi-Fi に接続されている場合は、コントロールセンターに Wi-Fi アイコン が表示されます。モバイルデータ通信に接続されている場合は、モバイルデータ通信のアイコン が表示されます。

Apple Watch が低電力モードの場合

Apple Watch が低電力モードになると、一部の機能が使えなくなったり動作が変わったりするため、以下に挙げている App も一部影響を受ける場合があります。

  • iPhone が近くにない場合は、ネットワーク接続が必要な App を開いて使うときまで、Wi-Fi とモバイルデータ通信は使えない状態になります。
  • 着信通話は iPhone が近くになければ留守番電話に送られ、発信通話には時間がかかる場合があります。
  • 心拍数のバックグラウンド測定、血中に取り込まれた酸素のレベルのバックグラウンド測定、心拍数の通知はオフになります。

Apple Watch が Wi-Fi またはモバイルデータ通信に接続されている場合

Wi-Fi やモバイルデータ通信に接続されていれば、iPhone を持ち歩いていなくても、Apple Watch で以下の操作を実行できます。

電話をかける受ける1

Siri を使って、ルート案内をしてもらう、iMessage を送信する、その他の作業をこなす。
 

メールを送信する/読む

 

   

Apple Watch を Wi-Fi、モバイルデータ通信、iPhone に接続できない場合

Apple Watch が接続されていない場合、たとえば、Wi-Fi やモバイルデータ通信の信号が届かない場所でハイキングする場合や、iPhone の電源が切れている場合でも、以下の操作は実行できます。

時刻を確認し、アラームタイマーストップウォッチの各 App を使う。
 

同期しておいたフォトアルバムの写真を表示する。
 

Apple Watch に同期しておいた音楽、Podcast、オーディオブックを再生する。
 

Apple Pay で買い物する。 
 

考えやアイデアを記録する。

睡眠を記録する。

服薬を管理する。

 

Apple Watch のモデルによっては、利用できない機能もあります。また、国や地域によって利用できない機能もあります。

1. Wi-Fi に接続した状態で電話をかけたい場合は、Apple Watch での Wi-Fi 通話を有効にしておいてください。または、FaceTime 音声通話をお試しください。

2. 他社製 App からの SMS、MMS、プッシュ通知をセルラーモデルの Apple Watch で受信するには、ペアリングしてある iPhone の電源が入っていて、Wi-Fi またはモバイルデータ通信に接続されている必要がありますが、Apple Watch の近くになくてもかまいません。また、Apple Watch でメッセージ App を使うには、iPhone で iMessage にサインインしておく必要もあります。

3. ペアリングした iPhone を携帯せずに屋外でワークアウトする際の GPS の精度が上がるように、Apple Watch を調整しておくことができます。

公開日: