iPhone が近くにない状態で Apple Watch を使う

iPhone を持ち歩いていない場合でも、Apple Watch 単独でできることを紹介します。

Apple Watch が Wi-Fi またはモバイルデータ通信に接続されている場合

iPhone の電源が切れているときや、通信範囲外にあるときは、Apple Watch で Wi-Fi ネットワークを使ってデータを送受信できます。Apple Watch がモバイルデータ通信に対応している場合は、モバイルデータ通信のネットワークに接続できます。

Apple Watch が Wi-Fi に接続されている場合は、コントロールセンターに Wi-Fi アイコン が表示されます。モバイルデータ通信に接続されている場合は、モバイルデータ通信のアイコン が表示されます。モバイルデータ通信の設定方法については、こちらの記事を参照してください。

Wi-Fi またはモバイルデータ通信に接続されていれば、iPhone を持ち歩いていなくても、Apple Watch で以下の操作を実行できます。1

Siri を使って、ルート案内をしてもらう、iMessage を送信する、その他の作業をこなす。
 

電話 App

電話をかける受ける2
 

Wi-Fi、モバイルデータ通信、iPhone に接続できない場合

Apple Watch が接続されていない場合、たとえば、Wi-Fi やモバイルデータ通信の信号が届かない場所でハイキングする場合や、iPhone の電源が切れている場合でも、以下の操作は実行できます。

時計、アラーム、タイマー、ストップウォッチ App

時刻を確認し、アラームタイマーストップウォッチの各 App を使う。
 

写真 App

同期しておいたフォトアルバムの写真を表示する。
 

Apple Watch に同期しておいた音楽、Podcast、オーディオブックを再生する。
 

Wallet App

Apple Pay で買い物する。
 

考えやアイデアを記録する。

Apple Watch のモデルによっては、利用できない機能もあります。

1. 他社製 App からの SMS、MMS、プッシュ通知をセルラーモデルの Apple Watch で受信するには、ペアリングしてある iPhone の電源が入っていて、Wi-Fi またはモバイルデータ通信に接続されている必要がありますが、Apple Watch の近くになくてもかまいません。iPhone で iMessage にサインインしておく必要もあります。

2. Wi-Fi に接続した状態で電話をかけたい場合は、Apple Watch での Wi-Fi 通話を有効にしておいてください。または、FaceTime 音声通話をお試しください。

3. 音楽や Podcast のストリーミング機能は、Apple Watch Series 3 以降で利用できます。

4. 屋外でのウォーキング、ランニング、またはサイクリングの際は、GPS の精度が上がるよう、適切な種類のワークアウトを選択して、iPhone を携帯してください。GPS の精度を上げるために、Apple Watch を調整することができます。Apple Watch Series 2 以降は GPS を内蔵しているので、ペアリングした iPhone を携帯せずに屋外でワークアウトを行っても、距離や速度の正確な情報が記録されます。

5. コンパス App は Apple Watch Series 5 でのみ利用できます。

公開日: